5BEACHエンジェルスブログ

エンジェルからのメッセージ!きっと新しい魅力が発見できます。

千葉みなと

秋もイベント盛りだくさん♪ 芸術もスポーツも! 千葉市で満喫☆≡。゚.

大原 直美

投稿者:大原 直美

2015年9月29日

皆様こんにちは♪

街中に金木犀の香りが漂う季節になりました\(^^)/

香りを楽しめるのは短い期間ですが、
私はこの時期が一年でいちばん好きです。

 

先日の十五夜(中秋の名月)は、
スーパームーンの前日でとても大きな月が
ひときわ明るく輝いていました。
皆様も見られましたでしょうか?

 

10月には、全国でも限られた場所でごく短期間しか見えない
ダイヤモンド富士を鑑賞できる機会もありますし、
秋も見所満載な千葉市の魅力をお伝えしていきたいと思います!

 

まずはイベントのご報告から♪

ちなみに、ブログ内の文字色が青に変わっている箇所
すべてにリンクが張ってありますので
お時間の許す方は、よろしければ合わせてご覧下さいませ(^^)

 

今回もとても長いブログになってしまったので、目次をつけます。

 

1、アイドルの近くでライブ満喫♪ 9/19(土)ちば☆まちなかステージ

2、世界最大級 旅の祭典『ツーリズムEXPOジャパン』 9/25(金)~27(日)

3、車椅子バスケットボール特集!「アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」に向けて♪

車椅子バスケ特集①:Jキャンプファンダメンタル千葉2015

車椅子バスケ特集②:千葉市内の車椅子製造メーカー「株式会社OXエンジニアリング」様を訪問

(帰り道にちょっと寄り道♡「房の駅」

車椅子バスケ特集③:「三菱電機2015 IWBF アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」開催

4、今回のおまけ♡

5、☆近日中のエンジェルス出没情報☆

 

……わっ、見出しだけでも長~い(笑)

すみませ~んm(_ _)m

 

アイドルの近くでライブ満喫♪ 9/19(土)ちば☆まちなかステージ

 

JR千葉駅前のそごう入口広場で
毎月開催されている「ちば・まちなかステージ」。

ご当地アイドルやストリートミュージシャンの
ライブステージを間近で楽しめる、観客の皆様に囲まれて、
毎回大盛り上がりのイベントステージです♪

 

DSC02353 (2)

オトメブレイヴの皆さんに囲まれて♡
とにかく元気で明るくて、本当にかわいい♪

メンバーは全員十代の女の子で、キラキラしていました!

 

DSC02350 (2)

△シンガーソングライターアイドルの、鈴音ひとみさん

キュートな外見に、
オリジナル曲すべての作詞・作曲を手がける実力派!

 

20150926170953

★photo by Tatsumi Sakai

△そして、我らがエンジェルスの音楽担当、
さおりんあこちゃんもシンガーとして登場!

それぞれの浜のPRソングを披露しました。

※リンク先動画で二人の歌が聴けます!
両方素敵なので、ぜひ聴いてみてください♡

 

DSC02362 (2)

△出演アーティストによるCDの販売などもあり、
こんなに近くでアイドルを見ることができる機会は滅多にありません。

今回は14~17時のステージで、計8組のアーティストが出演しました。

できれば全員をお載せしたいくらい皆さん魅力的でした!
またリポートします。

 

DSC02371 (2)

△「ちば・まちなかステージ」は、
毎月エンジェルスが司会を担当させていただいています。

5人フル出演は今回だけですが、
毎回フリートークやPRなどのMCもはさんで楽しく進めています。

次回は10月24日(土)開催予定です!
皆様ぜひお越し下さいませ(^^)/

 

世界最大級 旅の祭典『ツーリズムEXPOジャパン』 9/25(金)~27(日)

 

 

やって来ました! 東京ビックサイト~。

いつ来ても、なんだか圧倒されます(笑)

DSC02462

 

DSC02464

△去年に続いて今年もエンジェルスが参加させていただく、

ツーリズムEXPOジャパン。一般の方々にも大人気の展示会です。

私たちは、千葉ブース(千葉県・千葉市・成田市)に
メンバー日替わりで出演しました。

 

DSC02466

△イベント開始前に、千葉ブースの前で♪

私が手にしているのは、
会場でPRしていた「千葉あそび」のスマホアプリ

ダウンロードしてくださった方へのプレゼント、

千葉県特産品「しっとり味噌せんべい」。

こちらは、吉本興業主催の『よしもと47シュフラン』金賞受賞の品です。

 

 

DSC02474

△「近畿日本ツーリスト」様のブースで
千葉県のゆるキャラを交えたショーがあり、

私は千葉市のマスコットキャラクター「ちはなちゃん」の
介添えを務めさせていただきました。

ピンクでほわほわしている癒し系キャラのちはなちゃん、

歩いていると「かわいい~!」という声援をたくさんいただきました。

お写真を撮ってくださった皆様、ありがとうございました。

 

DSC02476

△写真いちばん左手の、成田市のゆるキャラ「うなりくん」も大人気!

みんなでステージにあがって楽しいかけあいが行われました。

 

DSC02504

△「落花生つかみどり」イベントが行われ、大盛況の千葉ブース。

茶目っ気たっぷりのチーバくんが現れるとものすごい人だかりが……!!

本当に愛されていて、嬉しくなります。

「グッズを売ってないですか?」という
お問い合わせを多くいただきましたが

あいにく会場では販売がなく☆

2013年に千葉駅にリニューアルオープンした

チーバくん物産館をおすすめしました♪

 

 

DSC02510

△私たちも、おなじみ「千葉あそび」のスマホアプリをPRさせていただきました!

 

DSC02488

△写真左手「ぽ~と太郎」さんも応援にかけつけてくださり、

持ち前の、突き抜けたサービス精神で皆さんを感動させていました(笑)

↑お客様のお声で、
「ゆるキャラ見てこんなに感動したの初めて!」

と言われました(^^)

皆様も会えることがありましたらぜひお声がけください。

 

DSC02519

△ツーリズムEXPOのグランドフィナーレ、

ご当地ゆるキャラ大集合のステージ(舞台裏)にて!

ぽ~と太郎さんの表情……(笑)

登壇直前になって、イベント係の方が

「(介添えの)『人間』の方は登壇せず、ゆるキャラだけお願いしま~す!」

と言ったところ

「オレ、大丈夫♪ 半妖(?)だから♡」と言って、

意気揚々と出て行かれました(笑)

 

DSC02515

△さいごに、チーバくん好きの皆様のための萌えショットを一枚♡

千葉ブースにお立ち寄りくださった皆様、
本当にありがとうございました!

 

車椅子バスケットボール特集! 「アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」に向けて♪

DSC02250 (2)

△10月10日から、千葉ポートアリーナで開催される、

三菱電機 2015 IWBF アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」。

ここからは、大会直前スペシャルとして、車椅子バスケに関するさまざまな

リポートをさせていただきたいと思います!

 

車椅子バスケ特集①:Jキャンプファンダメンタル千葉2015

 

DSC01821 (2)

△まずは、今大会の会場にもなっている千葉ポートアリーナで開催された

Jキャンプ ファンダメンタルin千葉2015」に潜入。

 

DSC01831

△キャンプは二泊三日で開催され、
全国から集まった若手選手たちと、海外からの特別コーチや

日本代表選手のモデルプレイヤー、
ボランティアの皆さんを加えて、総勢80名以上の大所帯!

朝から晩までのハードスケジュールで、
懸命ななかでも笑顔や掛け声のたえない練習風景。

 

△そして、前回予告でお約束しましたプレー動画です!

(画面左上の「ダウンロード」をクリックして頂くとすぐ見れます。

容量が重くて30秒が限界でした……ごめんなさい☆ 雰囲気だけでも(;_;))

 

選手の皆さん軽々とシュートを決めているように見えますが、
実際に座ったままシュートを放つなどということは、
ゴールに届かせるだけでもとんでもなく困難です。

車椅子バスケのコートの広さやゴールの高さは通常のバスケと同じなのです。

車椅子同士の激しいぶつかり合いに息をのみ、
時間がたつのを忘れました。

 

DSC01787 (2)

△私もぜひやってみたいと志願しまして、皆さんの休憩時間に

元パラリンピック日本代表の根木慎志選手から、

競技用車椅子の乗り方を少しだけレクチャーしていただきました!

 

DSC01786 (2)

△選手の皆さんはスイスイと車椅子を扱い軽やかにドリブルをしていましたが、

自分でやってみると本当に難しい……!
完全に「あんたがたどこさ」状態に(笑)

高校時代、漫画『スラムダンク』に憧れて少しバスケをかじったことがあるのに☆

相手方ゴールまでの距離が果てしなく遠く思われたこと、

車椅子から仰ぎ見るバスケットゴールの高さを痛感し、
選手の凄さを思い知りました!

 

DSC01789

△しつこくシュートの練習をしていると、

「どうしても入れたいんでしょ(^^)」と根木選手。

そ……そうなんです! やっていると熱中してしまい、
入らないのが悔しくて何回だってトライしてしまいます。

根木選手は私が何回失敗しても、
「筋がいいよ! 絶対入る!」と応援していて下さいました。

 

DSC01790

△こんなにできないのにすごく楽しいなんてちょっと不思議な感じが……?

だけど本当に、マシンの操作にも慣れてどんどん楽しくなってくるのです。

皆さんにも体験していただけたら! と、心底思いました。

健常でも大きな大会以外で車椅子バスケに参加することはでき、

以前から障害者スポーツに力を入れている千葉市では、
主要なイベントなどで体験の機会も多く設けていますので、
またご案内しますね♪

 

DSC01792 (2)

△モデルプレイヤーとして参加されていた日本代表チームのお二人と!

向かって左側が吉田絵里架選手、右側が網本麻里選手です。

アジアオセアニアチャンピオンシップにももちろん参戦されますので、

皆様ぜひ私といっしょに客席から応援しましょう~\(^^)/

 

三日間のキャンプ、私は初日と最終日に見学させていただきました。

印象に残ったのは、コーチの「どんな時でも楽しむことを忘れないで!」という言葉。

何回も繰り返しおっしゃっていました。

DSC01843

大会最後に優秀選手の表彰があったのですが、

選ばれた方はみんな、試合中にいつのまにかその人を目で追ってしまうような

特徴がありました。

それは、常に声を出してみんなを鼓舞していたことと、

転んでもすぐに自力で立ち上がろうとしていたことです。

(車椅子同士が激しくぶつかり合うので、転倒はしょっ中起きます)

皆さんの本気が伝わってきて、いろいろなことを学べたJキャンプリポートでした!

 

 車椅子バスケ特集②:千葉市内の車椅子製造メーカー「株式会社OXエンジニアリング」様を訪問

DSC02141 (2)

△本社と車椅子製造工場を千葉市若葉区の敷地内に併せ持つ

株式会社OXエンジニアリング」、広報室の櫻田様と

 

Jキャンプで競技用車椅子を試乗体験させていただき、試合を間近に観戦して

すっかり車椅子バスケに魅了された私。

車椅子バスケ漫画『リアル』も全巻揃え、アジアオセアニアチャンピオンシップまで

待ちきれないメラメラモード♪

 

DSC02263 (2)

△そこへエンジェルスの生みの親、

チェリー隊長こと桜井さん(写真向かって左手)が現れ、

「今度、僕が記事を担当してるオニオンマガジン(※リンク内P46掲載)

連載コーナー企画で、競技用車椅子の製造メーカーさんに行くんだよ~」

と仰るではないですか!

「いくいく! 私もぜひ連れてってくださ~い!」とお願いして、

(ほとんど無理やり)取材に同行させていただきました。

 

DSC02257

△こちらの格好良いマシンは、一体どのようにつくられているのか!?

興味津々で、さっそく工場に潜入です♪

 

DSC02125 (2)

△選手ひとりひとりの障害に合わせて、完全オーダーメードの競技用車椅子は

職人さんによる手作業の工程が多くなります。

 

DSC02150 (2)

△ひとつひとつ念入りに、そして丁寧に作業されていらっしゃいました

 

DSC02146 (2)

△各パーツが実寸で描かれた設計図。実物大のため、とても大きい設計図です

 

DSC02149

△幾つもの緻密な作業と細かい調整を経て、選手の命を預かる車椅子ができていきます

 

DSC02153 (2)

△工場内の壁には、車椅子テニスの世界王者国枝慎吾選手のラケットとお写真が

国枝選手(千葉県出身!)の競技用車椅子はずっと、この工場でつくられてきました。

職人さんたちにとっても、心を込めて仕上げたマシンで競技に挑み、

素晴らしい成果を残してくださったことはなによりの励みになると思いますし、

一緒に喜んだり、また誇りでもあるのだろうと感じました。

 

見学のあとはいよいよ、ぜひにとお願いしていた試乗へ。

DSC02220

△まずは、日常仕様の車椅子。

「あれ、こんなデザイン見たことない」って思いましたか?

こちらは、百貨店などで貸出すような介護用車椅子ではなく、

障害をお持ちの方が自分の力で操作し、

生活できるようにつくられた車椅子です。

色などを自分好みにカスタマイズすることができ、

おしゃれさと機能を併せ持った、

世界にただひとつの車椅子を作ることができます。

車椅子バスケ漫画『リアル』の勝田虎 (←大好き(^^)♪)のマシンのように、

トラ柄にすることだって可能!(ちゃんと聞いてみました(笑))

 

DSC02167

△チェリー隊長がはじめに試乗し、あまりの扱いやすさに驚きます。

「軽いし、操作しやすいですね~!」と、感動です。

 

DSC02194

△実際車椅子に乗ってひとりで街に出れば当然起こり得る、溝にはまる事態☆

こういうときはどうすればいいの……?

 

DSC02188

△「溝など段差があるところでは、重心を後ろに傾けて車輪を操作し、

前方を持ち上げて車体を浮かせるウィリーで乗り越えます」と、櫻田さん。

慣れないと危ないということで写真では支えていただいていますが、

バランス感覚をつかめば自分ひとりで段差を乗り越えられるように設計されています。

 

DSC02247

△そしてこちらが競技用バスケ車

通常の車椅子と違い、

車椅子後方の赤い矢印で示した部分に「リアキャスター」という

小さなタイヤがついていて、

よく見るとここだけ地面からすこし浮いています。

これが転倒防止用のタイヤで、

競技中はとても大事な役割を果たします。

しかし、これがあると前述のウィリーはできなくなるので、

通常仕様の車椅子にはついていません。

見えにくいですが、

青色の矢印で示した部分は「バンパー」といい、

競技中に選手がぶつかり合った際、

足が接触して怪我をしないよう守ってくれます。

 

DSC02252

△競技中の走行速度を上げ、安定性や旋回性を保つため

タイヤの取り付け角度が「ハの字」になっているのも特徴です。

 

DSC02240

△こちらのカッコイイのは陸上競技用です!

もちろん乗ってみたい……!

 

DSC02237

△しかぁ~し! 「ひぃ~☆ ハンドルがとんでもなく硬い~! 座席が狭い~!」

初心者には、とっても漕げたものではありません。 競技者の方の驚くべき体力に脱帽です。

 

DSC02238

△「(他のマシンと比べて)乗り心地が悪いような…(笑)?」(←無理やり乗せてもらったくせに失礼な人)

「そうですね~(笑)速く走ることのみを目的に作られたマシンなので、

正直乗り心地はあまりよくないですね(笑)」と櫻田さん。(←もっともな意見)

そう、これは本格的な競技用(レーシング)マシン。

最大速度を出すために設計されたもの。

日常生活用ではないのだから、

素人がすぐに乗りこなせる訳がなく

快適走行できないのも言われてみれば至極当たり前なのでした☆

 

あと最も重要なのが、基本的に「全車オーダーメイド」という点。

今回試乗させて頂いたマシンは、

男性選手が実際試使用しているのものを特別にお借りしたもの。

櫻田さんも仰っていたことですが、

単純に私の体とマシンのサイズが合っていないのです。

競技車がなぜすべてオーダーメイドなのか、

とてもよくわかりました。

 

でも、本来なら乗らせていただくことなんて叶わない競技用マシンに

こんなにたくさん乗せてもらって大満足なのでした\(^^)/♪

これって製造工場見学ならではのメリットですよね……ムフフ!

 

 

DSC02242

△さらに……OXエンジニアリング様では、

ウィルモグ」という愛犬用の車椅子も製造しています。

安定していておしゃれな「着る車椅子」。

事故や病気で歩けなくなってしまったワンちゃんたちが、

なるべく元通りの生活がきるよう

細部まで工夫されています。

 

DSC02243

△もともとは、OXエンジニアリングのマスコット犬「モグ」ちゃんの

ヘルニアがきっかけでつくられたもの。

モグちゃんは、試作品テストなどはできましたが、

完成を待たずに闘病の末、息をひきとります。

しかしこうして、いまはたくさんのワンちゃんたちを助ける

車椅子が完成しています。

大好きな一匹のため、何度も試行錯誤を繰り返して生まれたもの。

目の前の大切な誰かを助けたい、

自分にできることはないかという懸命な気持ちから

いつもなにかがはじまり、やがては多くのひとを助けるものに

繋がっていくのだと思いました。

モグちゃん(ぬいぐるみ)がとても嬉しそうに見えるのは気のせいかな……。

 

OXエンジニアリング様、工場見学や試乗を含めて長時間の取材にご対応いただき、

本当にありがとうございました!

 

(帰り道にちょっと寄り道……♡)

DSC02264

△こちら、千葉県産品を集めた「房の駅」さんです!

ここ、す・っっごいです!!←意味不明のコメント(笑)

なにがって、もうもう、千葉県内のありとあらゆる美味しい特産品が勢ぞろいしているんです~。

 

 

DSC02267

△「房の駅」は千葉県内に6店舗あり、私が今回チェリー隊長に連れて行って頂いたのは

加曽利にある「パン工房カフェ房の駅」です!

高速道路のインターチェンジのような横長の、

とても広いアンテナショップの隣に

ふっくら焼きたてのパンを、

品質からはとても考えられない安価で販売するカフェを併設しています。

 

DSC02272

△なかでもこの塩バターパンが絶品……!

 

DSC02271

△オリジナルドリンクの「甘酒ラテ」といっしょにいただきます♪

あったかくて甘~い酒粕の風味と、

良質なバターたっぷりのパンでまさに至福のひととき(^^)!!

 

DSC02266

△「房の駅」さんは、今回ツーリズムEXPOの千葉ブースで、

アンケートに答えてくださったお客様にお配りした豆落花せんべいの

豆らっか」をご提供くださいました!

お客様から、「あっ、これ知ってる! 好きなんだ~」というお声を

何件も頂戴いたしました。

皆様もぜひ一度訪れてみてくださいね♪

私もそうだったんですけど、あまりに豊富な品揃えに

「わ・わ! すごーい♪」って興奮してしまうと思います(笑)

 

車椅子バスケ特集③:「三菱電機2015 IWBF アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」開催

 

車椅子バスケの国際大会「三菱電機 2015 IWBF アジアオセアニアチャンピオンシップin千葉

が、まもなく10月10日~17日まで、

千葉ポートアリーナで開催されます。

入場無料ですので、ぜひ会場に足を運んで一緒に応援しましょう!

 

DSC01771

(△広くて見やすいポートアリーナの観客席からの眺め)

 

この大会のポイントは、

リオ2016パラリンピックへの出場権をかけた戦いであること。

世界で活躍するトップアスリートの迫力あるプレーを、

地元にいながら観戦できるのは滅多にない機会です。

特有のルールや選手の持ち点といった独自の決まりがあり、

それがこの競技の見所でもあります。

選手は障害の程度に応じて1.0~4.5点までの持ち点を与えられており、

各チーム5人の選手の合計点が14.0点以内で構成されていなければなりません。

選手のバランスを考えたチーム編成は、勝利に大きく影響します。

車椅子に座ったままの状態でシュートを放つ個々のプロ選手の技量、

マシンと呼んでも差し支えない競技用車椅子が思い切りぶつかり合う迫力に、

初めて見た人は圧倒されること間違いなしです!

この大会の様子は、次回のブログでもリポートしますね♪

また、車椅子バスケのすぐあと、10月29日(木)~11月1日(日)には

同じく千葉ポートアリーナで「ウィルチェアーラグビー」の大会もありますので

こちらも応援したいと思います!

 

大会開催に伴い、千葉都市モノレールが

車椅子バスケ漫画『リアル』とコラボしてラッピング車両を運行するとの

情報もあります! 色々お楽しみに~☆彡

 

今回のおまけ♡

青葉の森にある「千葉県立中央博物館」へ、再びやって来ました!

DSC02387

△ゆーなちゃんが、前回のブログで書いていた「河童ポスト」に投函した手紙……!

ちゃんと返事が来ていました\(^^)/ もちろん、私のも♪

 

そして、私が初回のブログで書いた、「千葉あそび」秋号掲載の俳句作り体験

DSC02391

△さおりんの句が、いいロケーションのところに飾られていましたよ♪

 

DSC02400

△私のは、ちょっと見つけづらいところにあったのですが、

森林ガイドの森田様に「栗の木のあるところ」を案内していただき

やっと見つけることができました。さおりんのも近くにあります。

 

DSC02445

青葉の森生態園を散策するついでに、こ~んなにたくさんドングリ拾っちゃいました!

キノコも栗もあって、ドングリもい~っぱい落ちていました♪

この、丸い「クヌギ」という種類のドングリを拾うのが子どもの頃からの

夢だったんですよねぇ……♡  ちゃ~んと台座もついてます!

遠くの田舎に行かなくても、千葉市内で秋の里山を満喫できるのは

本当に素敵だなと思います。

 

秋の行楽は、この、青葉の森生態園の散策&俳句作りほか「千葉あそび」掲載の

おいも掘り」「落花生収穫&ぼっちづくり」など

千葉市内で遊べる体験型観光プランをぜひお試しくださいませ♪

 

 

☆近日中のエンジェルス出没情報☆

10月は、10月18日の「千葉市民の日」があるのでイベントが集中しています。

みんなでがんばりま~す♪

 

10月4日(日)第23回美浜区民フェスティバル

10月17日(土)ちばモノレール祭り2015

10月17日(土)第5回 Eボート千葉大会

10月18日(日)第23回中央区ふるさとまつり

10月18日(日)ジェフ ホームタウン千葉市デー

10月24日(土)ちば・まちなかステージ

10月25日(日)JFEちばまつり

 

10月は私のブログ更新はありませんので、次回は11月3日(火)になります。

ではでは皆様、次回更新までどうぞお元気でお過ごし下さいませ(^^)

来週のゆーなちゃんのブログ、見てくださいね~!

 

DSC_0181 (3)

△ゆーなちゃんと、朝日新聞(地域面)の取材を受けたときの一枚。

ちょうど本日(9/29)発行のものに掲載予定です♪

 

 

大原 直美

大原 直美

新聞社のレポーターと美術モデル、ナレーターをしています。通信制の芸術大学4年に在籍中で、文芸と写真を学んでいます。文章や写真を通して千葉市の魅力を発信し、「ドラマの生まれる海辺」の創出にお力添えができればと思います。私の住んでいる街、そしてモノレールの駅でもあり、旅客船ターミナルとして春から新しく生まれ変わった千葉みなとにご期待下さい!

お店のニュースTwitter

イベントカレンダー

この日はココ!イベントへGo!

2019年 7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 6月   8月 »

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-07-20
曇り
29/
明日
2019-07-21
曇り
28/24

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真