5BEACHエンジェルスブログ

エンジェルからのメッセージ!きっと新しい魅力が発見できます。

千葉みなと

みんな知りたい!『K’S HARBOR のすべて』& ポートタワーに美術館…今「千葉みなと」が熱い☆

大原 直美

投稿者:大原 直美

2016年5月24日

皆様こんにちは!

いま観光スポットとして大躍進の「千葉みなと」、今回は

旬の魅力をぜ~んぶお伝えするつもりでレポートいたします♪

DSC01608

千葉ポートタワーがリニューアル!

地上109メートルで味わうブッフェスタイルの食事は格別♪

夜にはもちろん日本夜景遺産を眺めながら…♡

(※ディナータイム営業は夏季営業時間の6/1からです)

 

下記の「目次」のタイトルもしくはバナー写真(左から目次1~5)を

クリックして頂きますと見たいところからご覧いただけます!

 

~目次~

1、HP内ランキング1位を更新中!K’S HARBOR(ケーズハーバー) 大特集☆彡

2、開館30周年記念♪ 千葉ポートタワーがリニューアルopen

3、千葉県立美術館~桟橋openコラボ企画~

4、お仕事もちゃんとしてますよ(笑)5BEACHツアー添乗員公務

5、エンジェルス出没情報

 

Chiba_20160520_0326 (2)写真②開館30周年を迎える千葉ポートタワー - コピーIMGP0795DSC01758IMG_3502

 

 

1、HP内ランキング1位を更新中!K’S HARBOR(ケーズハーバー) 大特集☆彡

まずは、早くも大人気のK’S HARBOR (ケーズハーバー)

レポート! どんなお店が入っているのでしょうか…♡

まだ専用ホームページが完備されていないので、今回ブログでは

すべてのお店のレポート&連絡先を掲載していきますね♪

営業時間がテナントごとに異なりますのでご注意を☆彡)

IMGP0497

△赤いタイルの道とウッドデッキはバリアフリーのフラットな造り。

デッキ部分は周囲より高くなっており、展望のために作られました。

左の建物が商業施設のケーズハーバーです。右は桟橋になります。

 

 

map

△JR京葉線・千葉都市モノレール線「千葉みなと」駅から

桟橋&ケーズハーバーまでは徒歩8分ほど。

(写真右)千葉みなと駅をロータリー側に出たら左斜め前方方向です。

 

地図で見るとわかりやすいですが、今回このブログで特集している

千葉みなと3大観光スポット

 

Chiba_20160520_0326 (2)新桟橋&K’S HARBOR (ケーズハーバー)

 

写真②開館30周年を迎える千葉ポートタワー - コピー千葉ポートタワー千葉ポートパーク&浜辺)

 

IMGP0795千葉県立美術館

 

は、近距離に密集しており、徒歩5分ほどで行き来できます

雨の日の観光もおまかせ♪ 1日ゆっくり千葉みなとを満喫してください\(^^)/

 

IMGP0486(1)

△千葉みなと駅から歩いてきて、オーシャンテーブルの脇から

入るとこのような眺めになります。

「千葉みなと駅前港湾緑地」の名のとおり、周りは芝生で囲まれて

います。赤い丸がケーズハーバー、青い丸のところが桟橋です。

 

DSC01864

△建物に入るとすぐ、レンガの壁一面が巨大水槽になっている

ことに気がつきます。

 

DSC01731

△色鮮やかな魚の泳ぐ水槽は、まるで水族館…

こんなに身近に癒し空間ができました。

 

DSC01834

△この、巨大水槽を眺めながら食事ができるのが

シーフードレストラン「PIER-01(ピアゼロワン)」さんです!

開放的な空間でお魚を見ながらシーフードを堪能できるなんて…

こんなところは滅多にないです。

 

DSC01412 (2)

△水槽だけではなく、店内にいけすを持っているので

新鮮な海の幸をご堪能いただけます♪

 

DSC01389

△一番人気の「海鮮丼」(税込1500円)

どんぶりから「幸」が溢れてます(^O^)

「釜揚げシラス重」もオススメですよ♪

 

 

DSC01838

△料理長オリジナル「シーフードカレー」(税込1000円)

マイルドでとっても美味しく、お子さまでも大丈夫な辛さ!

 

 

DSC01498

△三本のエビが豪華なエビフライ入りの「MIXフライ定食」(税込1300円)

お味噌汁に使われているアサリはいけすから取り出したばかり。

貝類特有の臭みがなくぷりっぷりでした!

 

DSC01399

△「えへへ…♡ いただきマース(*゚∀゚*)」

ランチメニューはまだまだありますよ♪ 「ペスカトーレ」や

「海老のチリソース定食」など、載せきれないほど(^O^)

(※メニューは変更になることがあります)

 

DSC01407

△ランチはすべてフリードリンク付きです。

あれ、なんかコップが大きい…? 外国サイズはご愛嬌(笑)

ランチメニューの定食はなんと16:30まで注文OKです。

お寝坊の私には嬉しいかぎり(笑)

 

 

 

IMGP0522

△全室オーシャン&大型水槽ビューの大小個室も

様々なタイプをご用意。(個室チャージ料金がかかります)

また、貸切やウェディングを行うこともできます。

 

DSC01885

△吹き抜けの2階部分はオペラハウスのバルコニーのように

なっており、すべて個室です。

 

DSC01882

△まるでリゾートレストランのような開放感。

幹事でこのお店を選べば、来場者に驚かれることうけあいです♪

PIRE-01(ピアゼロワン):043-243-5100(10:00~24:00)

 

 

DSC01499

△入口に大きなワインセラーを持ち、アルコール類も充実。

昼も夜も、『こだわりの本格的なものを気軽な雰囲気で楽しんでいただく』

というコンセプトなんです。なんと24時まで営業していますよ☆彡

 

DSC01843

△実は「ある企画」が進行中のこの水槽…

それは次回以降のブログのお楽しみです…フフフ(*≧∀≦*)

(ヒント:※独り言「なんかこの水槽、潜れそうじゃない?

…いやいや、まさかね! 気のせい気のせい☆

ここで潜ったりしたら皆に丸見えだもの」)

 

DSC01307

△「あれぇ、こんなところにタイミングよくダイビングショップが!

っていうことはもしかしてもしかすると…!?」… お楽しみに~(^^)/

ダイビングショップcoconut(ココナッツ):043-246-9981(11:00~20:00)

こちらのお店ではセグウェイの試乗も受け付けています(11:30~19:30)

 

DSC01505

△さてさて、シーフードランチを楽しんだあとは

やっぱりデザート…♪ ですよね(^O^)

 

DSC01341

△どうです、この生クリーム♡♡

ハワイアンパンケーキ「Puni(プニ)」さんの

ストロベリーパンケーキが大のお気に入りです。

生クリームはあっさりとした甘さで、この量でもペロリです。

 

DSC01335

△このセットは、桟橋から出る船に持ち込みできます

だからテイクアウト仕様なんですね。

コーヒーの後ろの「もち粉チキン&ポテト」、さくさくの

唐揚げなのですがとても美味しいですよ。

 

DSC01327

△ちなみに、メニューはこんなにありますので…\(^^)

当分楽しめそうです。赤・白が選べるクラムチャウダーや

アサイーボウルもトライしてみたいです。

ハワイアンパンケーキ「Puni(プニ)」:043-243-5104(10:00~20:00)

 

DSC01321

△「ケーズハーバーってグルメだけなのかしら…??」

いえいえ! そんなことはありません(笑)

リゾート感あふれるこの建物には、リラクゼーションサロンも

入っております。

 

DSC01314IMGP0542

リラクゼーションサロン「eona(エオナ)」さんと

マッサージサロンの「Relax Garden(リラックスガーデン)」さん。

全室オーシャンビューの個室で、アロマキャンドルやオイルを

使用したボディケア。贅沢な時間はいかがですか♪

 

DSC01701

△私は、こちらの美しい夕焼けを眺めながら

以前から気になっていた「水素BAR」を体験することに♪

(30分2700円+吸引チューブ代540円)

 

DSC_0576 (2)DSC01902 (2)

△水素は口から吸引するのではなく、鼻からです。

チューブは鼻の入口にあたっている感じなのでとくに違和感はなく

快適です。束の間の休息、おやすみなさい…☆彡

 

DSC01728DSC01729

△吸引が終わったら、出来たての水素水をいただきます。

水素水に関して私は1年ほど前から愛飲していまして、

水素Barも効果が感じられたので早くも通いつめています(笑)

アロマオイルのコロンを購入したり、とってもお気に入りのお店です。

「eona(エオナ)」:043-307-6015(11:00~22:00)

「Relax Garden(リラックスガーデン)」043-307-6013(11:00~22:00)

 

DSC01694 (2)

△そして、体の中からきれいになれる場所はまだあります!

こちら、千葉初上陸のコールドプレスジュース専門店

「blue PADDLE(ブルーパドル)」さん。

エンジェルスメンバーも皆、オープンを楽しみにしていました。

 

DSC01913DSC01692 (2)

△ジュースクレンズなども話題ですが、果物や野菜を圧縮して

生きた酵素を取り入れることができるコールドプレスジュース

特殊なミキサーでプレスして作られ、素材の水分のみでできたジュースは

デトックスなどが期待できます。美容に関心の高い女子には

すでに周知の商品♡ 美味しく飲んで体内をクレンジング(^O^)

 

DSC01916 (2)

△10種類のメニューの中から、体調や気分に合わせてチョイスができます。

最初の写真緑色の「sui」はメロン・パイン・ケール・パセリ・きゅうりなど

9種類、上の写真紫色の「hatoba」はビーツ・生姜・グレープフルーツなど

5種類の野菜と果物が使われています。(ジュース各1000~1200円※税込)

どのジュースもサラサラしていて本当に飲みやすく、苦手な野菜が

入っていてもほとんど気になりません。

 

DSC01690 (5)

△オーナーの兼川様と。こちらのお店のロゴが「パドル」であることには

とっても素敵なストーリー(由来)があります。

ある場所で十何年も前に出会った4人の仲間が、皆それぞれ自分の夢に向かって

漕ぎだした…その未来が今に繋がり、このお店が誕生しました。

皆様も、人生のパドルは心の声に素直に漕いでいますか…(^^)

「blue PADDLE(ブルーパドル)」:043-445-8899(10:30~19:30)

 

IMGP0533

△一階には「Landscape(ランドスケープ)」さんというお洒落な

お花屋さんがあります。こちらの店舗では観葉植物をメインに

扱っていて、私はいつもこちらの一角に来るとなにか

空気がきれいになったような、呼吸がしやすいような気がするのです(笑)

気のせいではないと思うのですが(^^)

「Landscape(ランドスケープ)」043-268-5171(11:00~19:00)

 

DSC01858

△K’S HARBOR (ケーズハーバー)には、お土産屋さんも

もちろんあります! 入口を入ってすぐのかわいらしい小屋で

千葉県産品の食品のほか、貝のオブジェやアクセサリーを扱っています。

開店時間は11時~16時(日によって多少前後します)

 

DSC01900DSC01876

△写真左、店長さんのイチオシは、ちばエコ農産物認証の

千葉県鴨川産レモン使用「海と太陽のレモンダグワーズ」

私が今回購入したのは千葉市産、自慢の青混ぜ海苔(324円税込)、

先述のレモンシリーズのラスク(380円税込)、そして

ラッキーチャームのイルカのしっぽがついたビーチにぴったりの

ブレスレット(440円税込)です。とくに、この「青混ぜ海苔」は、

ご飯を包んで口に入れた瞬間「あ! 全然違う!」とわかります。

 

DSC01892 (2)

△子ども向けにお菓子やおもちゃの詰め放題があったり、

上の県産品のように、商品が実は結構粒ぞろい。

それもそのはず、こちらのお店は海浜幕張のイオンモールにある

子どもお仕事体験テーマパーク「カンドゥーショップ」

が運営しているのです。(目次4でご紹介しています)

日替わりで催事のお店が入っていることもありますので

ぜひのぞいてみてくださいね♪

 

DSC01903

△こちらが、お店紹介の最後になります!

焼肉屋「玖苑(くえん)」さん。

 

DSC01906DSC01904

△全室オーシャンビューの個室とカウンター席あり。

良質の神戸牛焼肉、ランチも営業しています♪

「玖苑(くえん)」043-306-9969

 

IMGP0580

△さてさて、ご紹介したいことは尽きませんが

今回はこの辺にしておきますね!

夜も美しいK’S HARBOR (ケーズハーバー)、散歩コースにする方が多く

はやくも新しい観光地として大人気です。

まだ訪れていらっしゃらない方、ぜひ来てくださいね!

 

☆.。.:*・最後に桟橋情報をちょっとだけ…☆.。.:*・

 

DSC01377DSC01428

△桟橋オープン~ゴールデンウィーク期間中にこちらに来られた方は、

大きな海賊船と遭遇したのでは? 私も乗りましたよー♪

 

IMGP0704IMGP0707

△海賊船運行はイベント開催時のみの期間限定でしたので、

次回は「幕張ビーチ花火フェスタ2016」開催日を予定しています。

お楽しみに!

問い合わせ:海賊船クルーズ03-6770-1110

 

 

 2、開館30周年記念♪ 千葉ポートタワーがリニューアルopen

千葉県民500万人突破を記念して建てられた千葉ポートタワー

今年6月に開館30周年を迎えます!

写真②開館30周年を迎える千葉ポートタワー - コピー

△4月27日に館内を大幅リニューアル。(写真提供:千葉ポートタワー

さて、どう変わったのでしょうか…?

まずは1階から行ってみましょう(・∀・)ノ

 

DSC01599

△館内入ってすぐのところにコンビニエンスストアが

入りました♪ 近くに浜辺や緑地帯の公園、千葉ポートパークがあるため

そちらを利用する方々からも「とっても便利になった」とのお声多数。

 

DSC01596DSC01595

△(写真左)私のオススメ、ソフトクリームスタンドは、

コンビニのなかに移りましたが健在です。

千葉県産生乳100%使用(税込260円)でコクのある味わい♪

(写真右)県産品土産ショップもコンビニ内に移っています。

 

 

次は2階「恋人の聖地」です。

2階といっても、1階から100メートル以上も上なので

エレベーターに乗ってはるか上空の2階です(笑)

IMGP0771

△おなじみ「恋人の聖地」サンセットプロムナードですが、おみくじや社は

なくなり、現在装飾を構想中です♪ 愛の南京錠以外、いまは何もない状態なので

以前を知っていて行かれた方はびっくりしてしまうかも(笑)

 

そして3階、こちらが今回大幅リニューアルとなった

ブッフェスタイルのレストラン「SEAGULL KITCHEN(シーガルキッチン)」

がオープン!

IMGP0783 (2)

△千葉県産の食材や自家製ハーブを使用した創作料理・ドリンクやデザートなど

50品のメニューが揃っています。なかでも、千葉県香取産の「恋する豚」を

使用したローストポークが人気。ディナーでも料金が同じなのは嬉しい!

※料金【90分食べ放題】大人1700円、子ども(4~12歳)は1100円(税別)

券売機で購入したタワーの入館券があれば大人100円引き・子ども50円引き

 

DSC01562IMGP0777

△写真左、ヘルシーなサラダバーはフライドオニオンなどトッピング充実。

右、タイに滞在経験のあるシェフが作るグリーンカレーは本格的。

IMGP0772DSC01565

△写真左、パッタイ(タイ風焼きそば)やスープも。

右、フローズンフルーツのトッピングできるアイスバーは

お子様にも人気。他にデザートはミニケーキやゼリーもあります。

 

DSC01568

△特筆すべきはやっぱりお席!

地上109mの眺望、夜になれば日本夜景遺産を楽しみながらの

ディナーですので、デートにピッタリですね。

さすが『ロマンチックビーチ千葉みなと』♥←キャッチフレーズ(^^)

(※ディナータイムの営業はタワーが夏季営業期間となる6月1日からです)

ヘルシーでバラエティ豊かな料理、そしてここにしかない眺望。

ぜひ一度利用されてみてくださいね♪

 

取材に行った日に、偶然ポートクイーンさんと遭遇!

わーい♡ ラッキー\(^^)/

IMGP0792 (2)

△写真中央は館長の斉藤様。大賀ハスのことや植物に大変お詳しい

方です。写真左、「ポートクイーン千葉2015」の鶴田雅子さん。

鶴田さんはイベントでよくご一緒しており、仲良しです♡

 

DSC01616 (2)DSC01600

△ポートクイーンさんの任期は1年ということで、7/9にこちらで

「2016ポートクイーン千葉」のオーディションを行うとのこと。

5/25~6/24(必着)で応募を受け付けているそうです。

ご興味のある方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか♪

 

DSC01588DSC01558

△館内の見所はまだあります。

写真左、全国の「タワー」の写真とパンフ レットを展示(1階)

写真右、4階展望スペースは変わっていません。

あ、でも眺めは変わりました(笑)

私が手で示しているところがケーズハーバーです。

 

 

DSC01589

△皆さん、新しくなった千葉ポートタワーにぜひ来てください♪

今年も千葉県民の日(6/15)はタワーの入館料が半額

(大人420円→210円、子ども200円→100円)となるほか、

入館者先着1000名にタワー特製ミネラルウォーターが配布されますよ(^^)

※ここまでの一部写真提供:「幕張カレンダー」カメラマン酒井龍実 様

 

 

 3、千葉県立美術館~桟橋openコラボ企画~

昨年12月のブログでも特集いたしましたが、

千葉ポートタワーK’S HARBOR(ケーズハーバー)から

ともに徒歩5分以内の立地にある千葉県立美術館。

DSC01682

△桟橋・ポートタワーから歩いてすぐ。雨天で予定変更の観光にもぜひ♪

9:00~16:30開館(入館は16:00まで。平日の月曜日は休館)

 

IMGP0797DSC01617

△4/23~7/3まで、新桟橋とのコラボ企画

「ボン・ボヤージュ!~千葉みなと旅客桟橋完成記念展~」

を開催中!

船や千葉みなとに関わる作品をたくさん展示しています。

取材用に特別に写真撮影許可をいただいております。

すべての写真につき、転載厳禁となりますm(_ _)m

 

IMGP0825

△今回人気を集めているのがこの模型たち!

こちらは、以前、検見川の浜初代担当飯田さんのブログ

でも詳しく紹介されました千葉市海洋公民館「こじま」(旧日本海軍の海防艦「志賀」)の模型です。

 

 

DSC01654

△なかでも注目すべきは模型船作家、宮内晴美(みやうちはるみ)の

貴重な作品29点。

 

 

IMGP0808

宮内晴美は、精巧な手作りの模型で作家や俳優にもそのコレクションを

愛された作家(写真右)でしたが、2011年の東日本大震災のとき

千葉県旭市を襲った津波で命を落としてしまいました。

 

IMGP0803 (2)IMGP0799
△かろうじて津波によるは破損を免れた、貴重なコレクションを

今回一挙公開しており、模型愛好者の方々の垂涎の的になっています。

宮内さんがこの世に遺した素晴らしい仕事、手作りの実物を見て

被災の悲しいお話とともに胸に迫るものがありました。

 

IMGP0809IMGP0820

△絵画のコーナーでは、美術館ならではの

「名画で巡るクルーズ」をお楽しみください。

 

DSC01618

△私はいま芸大4年に在籍していますが、芸術のどの領域でも

先生方全員が口を揃えて言うことがあります。それは

「図録でなく、できるだけ実物を見に行きなさい」

ということ。なぜだかおわかりになるでしょうか?

「そりゃあ、コピーより本物がいいよね」という単純なことではなく…

 

DSC01635

△大切なのは、美術品の実物は

「アーティスト自身が意図したサイズそのままであること」です。

絵でも写真でも、その作品に最も相応しい大きさというものがあり

作者はそこまで考えて美術品を製作しています。

ピカソの壁画であるゲルニカも、ポストカードでは

その凄みを伝えきれているとは到底言えないと私は思います。

 

DSC01634DSC01632 (2)

△…語ってしまいましたけど、つまるところ

「だからぜひ来てね」という話なんですけれど(笑)

私がとても気に入った日本画家、若木山(わかきたかし)の

絵の前で。「様々な緑色」が印象的で、私のワンピースも…?

 

DSC01651

△「千葉みなとの歴史」コーナーもありました。

「ふう~ん。。。昔はなんにもなかったんだ…。

でも、なんだかいい雰囲気!」

 

IMGP0816IMGP0817

△稲毛に住んでいた時期のある、風刺画家ジョルジュ・ビゴー

浅間神社のそばにあったアトリエを描いた作品(写真右)も。

稲毛で生まれ育った私としては、親近感がわきます♪

彼が稲毛にいたのは明治時代ですから、被ってないですけれどね(笑)

 

DSC01667DSC01658

△「ああ…なんだかたくさん絵を見て歩いたらお腹が

すいちゃった…」そんなときにはやっぱりカフェが恋しい♡

なになに…いまなら限定10食スペシャルメニューが(写真右)!

 

DSC01661 (2)

△敷地内の彫刻をのぞめる日当たりのいいカフェ。

私は『美術館のカフェ』がとても好きなので、

どこかミュージアムに行った時には必ず寄ります。

どうしても引き寄せられてしまうんです(^^)

芸術鑑賞のあと、珈琲を飲みながらホッと一息。至福です。

 

 

DSC01675IMGP0795

△ミュージアムショップ(写真左)も忘れずに覗いて、と。

皆さんもぜひ、気軽に訪れてみてくださいね!

私たちの人生を変える1つの作品、1人のアーティストとの出会い。

芸術の扉は案外身近にあります。

 

★近日中のイベント(※カラー枠内:県立美術館HPより転載)

ギャラリートーク ギャラリートーク

 

千葉県立美術館

【入場料】一般:300円(高・大学生150円、中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と介護者一名は無料)

※アートコレクション「ボン・ボヤージュ!~千葉みなと旅客桟橋完成記念展~」は、入場料のみで観ることができます。

 

 4、お仕事もちゃんとしてますよ(笑)5BEACHツアー添乗員公務

エンジェルスになってから、女の子が一度はやりたいお仕事を

ほとんど経験させていただいた…と思っておりますが

(テレビ・ラジオ・モデル・舞台・歌唱・司会…などなど!)

ここにきてまさかのバスガイドさん的案件が\(^^)/

DSC01824

△千葉市の5つの浜辺の旬な観光スポットを巡る丸1日観光ツアー!

残念ながら今回は事業者向けです、ごめんなさい★

今思いましたが、一般の方向けの企画もあればいいですね。

 

DSC01775

△38名の大所帯、貸切バスにてしゅっぱ~つ!

「どこ? この観光地」いえいえ、我らが美浜大橋ですよ♪

 

DSC01769

△そう、こんなに身近にある素敵なリゾート地、

千葉市の5BEACHにある観光スポットを、旅行会社様やマスコミの

方々、そして近隣の市職員の方々にぜひぜひご紹介したい

というツアーですっ!

 

DSC01740

△初めに訪れたのは海浜幕張。昨年度末にできたばかりの

レンタルコート(サッカー・フットサル・テニス・ゴルフ)

&貸し会議室の「ZOZOPARK   HONDA  FOOTBALL  AREA

(ゾゾパークホンダフットボールエリア)」

写真左、マネージャーの山本様と。

 

DSC01741DSC01743

△もちろん、その名のとおりサッカー日本代表の本田圭佑選手と

関係があります。

本田選手の所属事務所「ホンダ エスティーロ」が運営していること、

そしてZOZOTOWNを運営する(株)スタートトゥデイが命名権を

持っている施設です。

 

DSC01738

△人工芝の恵まれた環境でのびのびとスポーツを楽しめます。

7月のイベント「熊本復興支援 SOLTILO CUP」では、

本田選手も参加することになっているそうですよ~!

テレビで、試合やドキュメンタリーなどを見ていて

私の尊敬している選手なので、会いたいなー(≧∇≦)

 

DSC01744

△続いて一行が向かったのは、検見川浜にある

ゲストハウスウエディング&レストランの

「THE SURF OCEAN TERRACE (ザ・サーフオーシャンテラス)」

検見川の浜初代担当の飯田さんがレポートしていました。

 

DSC01749DSC01757

△日本に6店舗しかない、フランスのベーカリー

「ブリオッシュドーレ」が入店。サクサク・ふんわり食感の

特製クロワッサン食パンが食べられるレストランが大ヒット!

試食させていただきましたが、すごく美味しかったです♡

完全に「後引きパン」です。何切れでもいけそう☆

 

DSC01753

△この日も、平日にも関わらず開店時間である11:00の前から

すでに行列が。(写真右の方々は、ツアーにご参加の方々です♪)

 

 

DSC01760 (2)DSC01758

△まだ、今年3月にオープンしたばかりですが

海を真正面に捉えたチャペルは予約が殺到。

良い日取りの日はすでに1年先までいっぱいで、

マネージャーさんは嬉しい悲鳴とのことでした。

 

DSC01761DSC01767

△ゲストスペース(写真左)や披露宴会場(写真右)など

確かにどこもかしこもすご~く素敵♡ 今度ぜひ、

検見川の浜担当の小清水さんとランチに来たいです♪

 

DSC01778

△お次は再び海浜幕張に戻り、イオンモールにある

子どもお仕事体験テーマパーク「カンドゥーショップ」へ。

15歳までの子どもが様々な職業体験をすることが

できるテーマパークです。

 

DSC01799DSC01787

△本来であればここは、子どもと一緒でないと入れない

夢の街。今日は特別に入れてもらいました…♡

 

DSC01798DSC01802

△子どもたちは本物そっくりな職業体験施設で働きます。

給料として得た専用通貨を使って、実際にテーマパークのなかで

お買い物をすることだってできるのです。

 

DSC01796DSC01788

△どんな仕事があるの?…って、それはもう山ほど!

やってみたいお仕事になんでも挑戦できます\(^^)/

障害のあるお子様もご参加いただけるものがたくさんあります。

 

DSC01801DSC01795

JAXAで宇宙船を飛ばしたり(写真左)、

モノレールの運転士にもなれちゃう(写真右)!

30種類以上の職業があるので、一日じゃ足りません(笑)

 

DSC01809

カンドゥー創始者のルイスさんと。

幕張だからこそゆっくり体験ができるテーマパーク。

お子様がいる方はぜひ訪れてみてくださいね♪

※利用料金はシーズンにより異なります。

(子ども3200円~3900円、大人2500円、シニア1000円。

詳しくはこちらのサイトでご確認ください)

 

Chiba_20160520_0252

△さて、午前中のツアーはまもなく終了です。

昼食をとるため、バスは私のホーム「千葉みなと」にある

ケーズハーバーを目指します。

今回私が仕事らしいことをした唯一のシーンがこちら(笑)

道中で、私たち千葉シティ5BEACHエンジェルスの活動紹介を

させていただきました♪

 

DSC01847

△本日の昼食は、いけすから取り出したばかりの

まだ動いているオマール海老さんを、豪快に手づかみで

いただきま~す!!……というのはももちろん冗談ですが(笑)

目次1で紹介させて頂いた、「PIER-01(ピアゼロワン)」さん

にてランチメニューをいただきました(^^)

 

DSC01851

△昼食のあと、皆さんは新桟橋から「あるめりあ」に乗って

港めぐり観光に行かれました。

少し風が強い日でしたが、無事出航できて本当によかった!

 

Chiba_20160520_0326 (2)

△「行ってらっしゃ~い\(^^)」

私とはここでお別れです。皆さまはこのあと

千葉ポートタワー蘇我のJFEスチール工場を見学され、

17:50解散となりました。お疲れ様でした!!

※ここまでの一部写真提供(株)フューチャーリンクネットワーク 元盛様

 

DSC01754

△私は今回完全に一参加者と化していましたが(笑)、

幕張・検見川のどの施設も初めて訪れた場所でしたので

千葉市の新たな魅力に感激しました。

 

上の写真は検見川の浜ですが、

「千葉市の海ってこんなにきれいなんだよー!ヽ(´∀`)ノ」と

自慢したい気持ちです。このツアー、商品化希望です。

「5BEACHエンジェルスと行く、5BEACH巡り」なんてね♪

そしたらぜひ、またガイドやりたいです(笑)

 

 

5、エンジェルス出没情報

5月26日(木)J:COM 千葉セントラル『デイリーニュース』(J:COMチャンネル 地デジ11ch)

6月4・5日(土・日)レッドブル エアレース(幕張海浜公園)

6月18日(土)千葉そごう ファッションショー&トークショー

8月6日(土)幕張ビーチ花火フェスタ2016

出演情報は5/24(火)現在のものです予告なく変更になる場合が

ございますので、予めご了承くださいませ。

DSC01822IMG_3502

△「千葉あそび」夏号配布開始されました!



△(写真上)プランNo、5「お寺で夏夜の怪談&お守り作り体験」

なんていう、一風変わったプランもありますよ~《゚Д゚》

(写真下)プランNo、2「6月が最旬!ブルーベリー摘み」も人気!

個性豊かな全15プラン、ぜひ

千葉あそびHPもチェックしてみてくださいね。

 

VS4D0793IMG_0687(6) (2)

☆photo by Tatsumi Sakai & Masako Tsuruta – Thanks!

△ではではまた来月お会いしましょう♡

過去いちばんの大・長編ブログにお付き合いくださり

誠にありがとうございました!!❂❂\(^^)/

 

 

 

 

 

大原 直美

大原 直美

新聞社のレポーターと美術モデル、ナレーターをしています。通信制の芸術大学4年に在籍中で、文芸と写真を学んでいます。文章や写真を通して千葉市の魅力を発信し、「ドラマの生まれる海辺」の創出にお力添えができればと思います。私の住んでいる街、そしてモノレールの駅でもあり、旅客船ターミナルとして春から新しく生まれ変わった千葉みなとにご期待下さい!

お店のニュースTwitter

イベントカレンダー

この日はココ!イベントへGo!

2018年 11月
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
« 10月   12月 »

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2018-11-21
晴のち曇
17/
明日
2018-11-22
曇時々雨
14/10

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 5BEACH観光PR大使ブログ

  • 千葉とっておき2018

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真