イベント情報

企画展「江戸時代の妙見祭礼」@千葉市立郷土博物館<5/17(木)~10/21(日)>

現在の千葉神社の前身である北斗山妙見寺(戦国時代以前は北斗山金剛授寺)は天正18年(1590)の千葉氏滅亡により最大の庇護者を失いましたが、徳川家康から朱印地を与えられて存続しました。
平安時代後期に始まったとされる祭礼(妙見祭礼)も、近世を通じて継続されました。
今回の展示では江戸時代に記された「旧妙見寺文書」の中から祭礼に関する史料に注目し、当時の妙見祭礼の姿を紹介します。
※会期中展示替えを行います。

【前期展示資料】
「御尋之箇条(妙見堂由緒 霊宝目録)」(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)
「御祭礼大船舞之番附」(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)

※【写真パネル展「千葉市の海辺」】も同時開催中
かつての千葉の海辺は遠浅で、干潮時には広い干潟が出現しました。干潟でとれるアサリ・ハマグリの加工や打瀬船による底曳き漁、ノリ養殖が盛んにおこなわれいました。
さらに、都心から近距離であったことから、避暑や海水浴、潮干狩りなどを目的とした多くの観光客も訪れました。
このパネル展では、大きく変貌した千葉の海辺の様子を写真で振り返ります。(展示期間:平成30年9月末頃まで。期間は延長する場合もございます。)

開催日 平成30年5月17日(木)~10月21日(日)9:00~17:00(入館は16:30まで) ※休館日は備考欄をご覧ください。
開催場所 千葉市立郷土博物館 2階展示室展示ケース内
住所 千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通 ・JR千葉駅東口から7番バス利用「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分
・千葉モノレール「県庁前駅」下車、徒歩13分
・JR「本千葉駅」下車、徒歩15分
料金 入館無料
主催者 千葉市立郷土博物館
お問合せ 043‐222-8231
URL https://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/bunkazai/kyodo/tenji.html
備考 毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)/国民の祝日 他に臨時休館ありますので下記URLから「開館日カレンダー」をご覧ください。
大きな地図で見る

お店のニュースTwitter

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2018-12-17
雨のち曇
9/
明日
2018-12-18
晴時々曇
12/6

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 5BEACH観光PR大使ブログ

  • 千葉とっておき2018

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真