イベント情報

没後70年 北野恒富展@千葉市美術館<11/3(金・祝)~12/17(日)>

ー「画壇の悪魔派」と呼ばれた日本画家ー

北野恒富(1880–1947)は金沢の生まれ。高い技術と自由な発想をかねそなえ、また最初期は妖艶な女性像に挑んで「画壇の悪魔派」と呼ばれ、大正中期には《淀君》に代表される内面表現の深化を見せ、昭和に入るとモダンかつはんなりとした清澄な画風に到達するその多彩さも、他の画家にはない、独自の光を放ちます。
本展は北野恒富の没後70年を記念し、官展や院展で発表された名品に加え、門下の作品や関連資料も網羅する久々の大回顧展です。妖艶と清楚、聖と俗の交錯する、恒富の魅力に迫ります。

【関連イベント】
◆講演会「北野恒富のモダニズムと美人画ー本画、ポスター、挿絵を読み解くー」
講師:橋爪節也(大阪大学教授・総合学術博物館/大学院文学研究科兼任)
11/26(日)14:00~ 11階講堂にて/聴講無料
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

◆講演会「北野恒富岩と絵具の新表現」
講師:荒井経(日本画家・東京藝術大学大学院准教授)
12/3(日)14:00~ 11階講堂にて/聴講無料
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布) 

◆ギャラリートーク
・担当学芸員による ―11/8日(水)14:00~
・ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(11/8を除く)14:00~
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※会場の混雑状況により中止となる場合がございます。

開催日 平成29年11月3日(金・祝)~12月17日(日)10:00~18:00※金・土曜日は20:00まで(入場受付は閉館30分前まで) ※休館日11月6・27日、12月4日(月) 
開催場所 千葉市美術館
住所 千葉市中央区中央3‐10‐8
交通 ・JR千葉駅東口から徒歩約15分 または JR千葉駅東口7番バス利用「中央三丁目」下車、徒歩約3分 
・JR千葉駅東口16番C-bus利用「中央区役所・千葉市美術館前」下車
・千葉モノレール「葭川公園駅」下車、徒歩約5分
・京成「千葉中央駅」下車、徒歩約10分
料金 一般1,200円 大学生700円 小・中学生、高校生無料
主催者 千葉市美術館
お問合せ 043‐221-2311
URL http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/1103/1103.html
備考 会期中、一部展示替えがございます(前期11月3日~26日 後期11月28日~12月17日)
大きな地図で見る

お店のニュース

お店と施設の今日の情報に注目!

  • もっと見る…

    アクセスランキング

    いま注目の話題は要チェック!

    千葉市の天気予報

    今日
    2017-11-25
    晴のち曇
    16/
    明日
    2017-11-26
    曇時々晴
    17/7

    (c)JWA livedoorお天気情報

    トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 5BEACH観光PR大使ブログ

  • 千葉とっておき2017

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真