千葉あそび

千葉市観光協会

投稿者:千葉市観光協会

2017年12月21日

無料誌「千葉あそび」(季刊)海、里、まちを満喫できるプランを紹介!

「千葉あそび2018早春号」を12月20日(水)より配布しています!

早春号バナー

ご予約はこちらのページから(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

※秋号プランもお申し込みを受付中です!詳細はこちらから

「千葉あそび」とは

千葉市・市原市・四街道市が発行する、市内の「海、里、まち」を満喫できる体験観光プランを紹介した季刊の無料誌です。千葉市・市原市・四街道市を舞台にした「楽しみ方」を提案し、皆さんに多くの体験参加の機会をご提供します。

(また、千葉市では、千葉あそびにプランの提供を希望する、市内の企業・団体様を募集しています。)

スマートフォンアプリ

冊子がなくても最新号の情報がお手元に届く「千葉あそび」のアプリ版が便利です!

 2018早春号掲載の13プラン(1月1日(月)~3月31日(土))

1. 関東初上陸!「ギアイースト」かつてない感動をあなたに!

プラン12017年に京都で6年目のロングラン公演を迎えた人気の“ノンバーバルエンターテイメント”「ギア イーストバージョン」が遂に関東初上陸! 千葉あそびでは、特別席での鑑賞と、出演キャストとの特別写真撮影やマイムパフォーマーとのパントマイム体験と特典盛りだくさんのプランをご用意。光と映像と圧巻のパフォーマンスをお楽しみください。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

2.ダイヤモンド富士×工場夜景×ハーバーグルメ@千葉みなと

プラン2ケーズハーバーの魅力を一度に体験できるプランの登場です。「日本十大工場夜景」でもある工場夜景に加え2月はダイヤモンド富士を船で海から観るチャンス。海で千葉の魅力を存分に感じながら、レストラン提供のクラムチャウダーを召し上がれ! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

3.畑でまるかじり!緑区高田町で小松菜ざんまい

プラン3クセの無い味わいでどのような料理にもマッチする小松菜。なかでも、緑区高田町一帯で採れる小松菜は、千葉市内の小中学校の給食で使われるほど、安心・安全&美味として定評があります。今回のプランでは、露地栽培とハウス栽培の小松菜の食べ比べや畑での丸かじり、“小松菜の”めはりずし作りと常夜鍋を若手生産者が直接レクチャー!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

4.お寝坊さんいらっしゃい!13時半からのイチゴ狩り

プラン4約300坪の広さを誇る2棟のハウスで減農薬のイチゴ栽培に取り組む「みつばちファーム」。香りの強さで人気の高い「かおり野」と、柔らかくジューシーな「とちおとめ」の食べ放題に加え、「チーバベリー」「紅ほっぺ」、「おいCベリー」、「ジャンボピュアベリーレッド」の4品種の食べ比べを楽しんでください! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

5.早春野菜のサラダブーケ&旨みギッシリ特製ランチ

プラン5人気のタンジョウ農場のプランが、冬と初春の“二つの季節”が楽しめる内容にバージョンアップ! 旬の野菜を収穫したあとは、一年で最も味わいが濃厚になるこの時期ならではの野菜を使った特製ランチをいただきます。食後は、参加者が収穫した野菜と予め用意した15種類程度の野菜を組み合わせて「サラダブーケ」を作ります!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

6.千葉市の野菜の魅力に出逢える甘酒&塩麹作り

プラン6千葉市などで収穫された朝採れの野菜を味わえる「AGREEN」では、地元の農業の魅力を発見する2本立ての企画を開催。甘酒の作り方を学んで、コールドプレスジュースを作り、甘酒を使った料理とともに味わうプランと、麹を作り、それによって野菜の旨みが引き出された料理をいただくプランをご用意しています。 ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

7.入場から技までを徹底解説!レスラーなりきり体験&特別試合

プラン7プロレスをテレビでは見たことがあってもナマでの観戦はまだ未経験、という方にぴったりのプラン! 所属レスラーによるプロレス講座に始まり、リングアナのコール付きで入場などを体験! しかも、“千葉あそびのためだけ”の特別試合を開催!その後特別席で全5試合をご覧いただきます。参加者には選手サイン入りポートレートをプレゼント! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

8.フクロウ&タヒチアンダンス&アイドル@千葉市中央区

プラン8地元を知り尽くした千葉っ子アイドルのガイドで“夜のまち歩き”はいかがですか? フクロウと触れあえるカフェでの記念撮影のあとに、南国の雰囲気満点のバーでタヒチアンダンスを観たら、千葉県唯一のアイドルカフェでアイドルのライブを観賞。ノリノリになって小腹が空いたら、学校の教室のような店内で懐かしの給食をみんなで食べましょう! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

9.歴史・触れ合い・味わい“海があったまち”稲毛の小さな旅

プラン9稲毛のかつての海の記憶を辿るまち歩きを開催! ガイドによる地域に伝わる伝説や建物の由緒、地形などの詳しい解説は、前回の参加者にもなど大好評。散策のあとは、アサリフライ付きの千葉あそび特製「稲毛膳」をいただきます。参加者全員にせんげん通り商店街で使える500円分のお買い物券がもらえるのも嬉しいポイント!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

10.県内唯一の「臥龍梅」と菜の花を訪ねる初春の散策

プラン103月上旬は千葉県内にもここだけにしかない、樹齢約500年の「臥龍梅」を鑑賞しながら、3月下旬は、小名木川のほとりに咲く菜の花を眺めながら、旧名主屋敷の長屋門などが今も残る鹿渡【しかわたし】本村地区を探訪します。花を愛でたあとはアンテナショップ「icoba四街道1丁目」で春の千葉あそび特製ランチをいただきます。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

11.ツリーハウスの森でクラフト作り&春の恵みが詰まった野菜スープ

プラン11農村の暮らしを体験できる森「Y・Y・NOWSON」で行われるプラン。里山で拾い集めた小枝や木の実を使ってネームプレートを作ります。工作のあとは、敷地内にそびえる大きな樫の木に架けられた地上4mのツリーハウスに登ります。ランチは地元の畑で採れた春野菜がたっぷり入ったスープをご用意。春の四街道でトム・ソーヤ気分を味わおう! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

12.小湊鐵道100周年記念企画“未来へのレール敷き”に参加!

プラン12小湊鐵道の創立100周年を記念して企画された今回のプランでは、廃線となった里見駅の構外側線(通称「砂利山線」)の一部を使っての「保線作業」を特別に体験。しかも、体験修了者には小湊鐵道が発行する「体験記念証明書」を差し上げます。さらに喜動房倶楽部オリジナルのレザークラフトをプレゼント! お昼ごはんには太巻き寿司をご用意。 ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

13.JFEスチール東日本製鉄所“大人の”工場見学会

プラン13東京ドームおよそ170個分(約760万㎡)の広さを誇る「JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)」で、製鉄過程を見学するプラン。転炉で精錬される鉄鋼や、その鉄鋼がオレンジ色に輝く板に薄く延ばされていく光景はまさにダイナミック。目、耳、肌で鉄の製造プロセスを体感してください! 敷地内に並ぶ独特な雰囲気の建造物も要注目です!! ⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

2017秋・冬号掲載の12プラン(10月1日(日)~12月31日(日))

1. 秋本番!幕張発のさつまいもカレーを堪能♪(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

plan01 さつまいも栽培を幕張から全国に広げ、今もなお「芋神様」の名で親しまれている“甘藷先生” 青木昆陽の足跡をガイド付きで巡ります。昆陽神社で芋神様を参拝し、甘藷試作地を訪問。そして、メイプルイン幕張に移動し“幕張の新名物“とすべく開発した「幕張芋神様カレー」をいただきます。今回は地元で収穫した、さつまいものお土産付! なお、11月9日(木)は青木昆陽の248回忌にあたります。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

2. 掘って作って秋の里山三昧(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

plam022種のプランをご用意!プランAでは、掘りたてのさつまいもで作る2種類の焼き芋の食べ比べとさつまいもをトッピングしたピザに舌鼓。プランBでは、子どもはもとより、大人は思わず童心に返る秘密基地を造ったり、木工・竹細工作りやスラックライン(=綱渡り)で汗を流します。ランチは、地元産のコシヒカリを使ったコロッケカレーと、自分で作るバウムクーヘンをいただきます!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

3. さつまいも掘り&ランタン作り(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln03スイートポテトを思わせる滑らかな食感と甘さが人気のさつまいも「シルクスイート」を収穫します。掘りたてのさつまいもは自家製の石窯で焼き芋に。その場で秋の味覚を召し上がれ。食後にはハロウィン気分満点なカボチャのランタン作りも。作品はシルクスイートと一緒にお土産にどうぞ。ハロウィンらしいベストショットを狙うなら、コスチューム持参での参加がおススメ!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

4. さつまいも&れんこんで野外料理(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln04千葉公園の目の前に位置する“街なかの秘密基地”椿森コムナで開催される親子向け野外料理教室。前半3回は、いまや千葉県の産出量が全国3位となったさつまいもを使い、焼き芋・おにぎり・サラダを、後半3回は千葉市の花オオガハスにちなんだ「レンコン」の入った豚汁とおにぎりを作ります。キッズ食育トレーナーによるレクチャーでお子様も楽しめます!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

5. さつまいも+落花生収穫&紅葉狩り(四街道市)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

pln05 2種のプランをご用意!プランAでは、終戦直後から食糧増産のために開拓された地「鹿放ケ丘(ろっぽうがおか)」で、先人の偉業に思いを馳せながらの収穫体験&ランチ。収穫した落花生とさつまいもは「印旛の名産品セット」と一緒にお持ち帰り! プランBでは、秋の特製御膳をいただいたあとで、四街道を知り尽くしたガイドの案内に耳を傾けながら市内の紅葉の名所を巡ります。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

 

6. 山寺でプチ修行&さとやまランチ(市原市)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln06座禅に読経、そして実は仏教と関わりの深い茶道まで、甲斐武田氏ゆかりの光福禅寺でまとめて体験できる特別プラン。座禅で心身を鎮めたら、住職のガイドで史跡巡り、境内カフェで地産食材を使った特製ランチを堪能したら住職からお守りと巾着のプレゼント! 境内の古墳、城址など盛りだくさんのプランです。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

7. 本物の縄文土器で拓本体験&縄文グルメin加曾利貝塚(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln07 平成29年6月に加曽利貝塚が貝塚としては “日本初”の特別史跡に指定されることが決定しました!そんな加曽利貝塚の博物館、貝層断面施設、竪穴住居跡群を見学した後は、実際に発掘された本物の土器の模様を写しとる拓本体験を楽しみます。完成した作品は記念にお持ち帰りOK! プランの最後は縄文人が愛したイボキサゴ貝を使ったオリジナルの縄文スープを召し上がれ!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

8. 幻の「千葉在来そば」の聖なる畑でそば打ち体験(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln08 一般向けの生産が限られていることなどから“幻のそば”とも呼ばれる「千葉在来」を五感で楽しむプラン。ソバガールによる解説・指導をうけて自分で打ったそばは、一面に広がるそばの花畑を眺めながらいただきます。平成18年に千葉で行われた食味テストで、コシ・のどごし・しなやかさの4項目で、全国でも評価の高い「常陸秋そば」を上回った「千葉在来」を存分に楽しもう!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

9. 新知見!紙芝居で千葉氏ストーリー&醤とマイブレスレット作り(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln09お寺で千葉氏の歴史を三人の案内人がお伝えするプランが登場!はじめに本堂で千葉氏ストーリーを紙芝居で楽しみます。紙芝居の後は、当時の調味料である醤(ひしお)を仕込みます。自分だけの醤作りの後は、パワーストーンを繋ぎマイブレスレットを作ります。完成したら醤とブレスレットに住職がありがたいお経でパワーを注入!最後は白米のおにぎりと季節の御新香に醤を添えていただきます。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

(外部サイトへリンク)

10. 眺望を楽しむ!千葉ポートタワー特別階へ特別招待(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln10千葉市のランドマーク「千葉ポートタワー」を、ふもとからてっぺんまで巡るこのプランでは、ポートパークツアーに始まり、続いて普段は入れないエリアでタワーの構造部を見学。その後はいよいよ、通常は開放しない地上125.2mの屋上に!千葉港から市街までを見渡す360度の大パノラマは夕景から夜景への変化も見どころ。“見下ろす”工場夜景も見ものです!⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

11. ダイヤモンド富士&クリスマスイルミ&船上ライブ&工場夜景クルーズ(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln11 東京湾に沈む夕日を眺めながら出航し、工場夜景を堪能する3つのクルージング。Aコースはダイヤモンド富士鑑賞。船で海上を移動して、テッペン富士の見える位置まで皆様をお連れいたします。Bコースはトワイライトタイムと京葉地帯の工場夜景を満喫したら、船上でスペシャルプチLive。Cコースでは千葉ポートタワーに映る巨大なクリスマスツリーを船上からご覧いただきます。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

12. 風情ある古民家で陶器作り&ティータイム(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

pln12古民家併設のアトリエで陶芸体験はいかがですか?茶碗、湯呑み、器などお好きな題材を選び、電動ロクロを使用した本格的な陶芸に挑戦します。世界にひとつだけのマイ陶器は「乾燥」「焼き」を経て、完成は2カ月後のお楽しみ。手元に届いたときの感動はひとしおです。芸術を楽しんだ後は、古民家の囲炉裏を囲み、ティータイムで和やかなひとときをお過ごしください。⇒さらに詳しく(プラン詳細・利用方法・申し込み)(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 

 


 

 

仕様 B5判カラー・16ページ

  1. 発行部数 25,000部
  2. 配布場所 千葉市観光情報センター(JR千葉駅・海浜幕張駅)、各区役所地域振興課、その他市内公共施設、市内セブン-イレブン各店舗、公共に設置のラックなど ※所定の部数がなくなり次第配布を終了します。 

スマートフォンアプリ(Android、iPhone対応)

「千葉あそび」の最新号の情報がすぐに皆様のお手元に届きます。

ダウンロード

 (スマホ専用のアプリです)

 

 

 

千葉あそびで集客してみませんか?

 『千葉あそび』では「千葉市ならではの楽しみ方かできる」魅力的な体験観光プランを発信したい企業・団体様を募集しています。奮ってご参加ください。

 

お問い合わせ先

お店のニュース

お店と施設の今日の情報に注目!

  • もっと見る…

    イベントカレンダー

    この日はココ!イベントへGo!

    2018年 2月
         1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28    
    « 1月   3月 »

    アクセスランキング

    いま注目の話題は要チェック!

    千葉市の天気予報

    今日
    2018-02-23
    曇のち晴
    9/
    明日
    2018-02-24
    晴れ
    12/3

    (c)JWA livedoorお天気情報

    トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 5BEACH観光PR大使ブログ

  • 千葉とっておき2017

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真