【全国第2位】産地だからできる!千葉市秋の落花生キャンペーン2016開催中!

千葉市観光協会

投稿者:千葉市観光協会

2016年9月14日

weloverakkasei1

 

千葉市は全国第2位の生産量を誇る落花生の産地ということをご存知でしょうか。

落花生そして「ゆで落花生」のことをもっと知ってもらい、味わってもらうために、産地である千葉でしか体験できない落花生の魅力がたくさん詰まったイベントを開催します!

合言葉はWE LOVE RAKKASEI!(ウィー・ラブ・ラッカセイ!)

 

※このページでは、落花生の体験イベントの他、落花生の豆知識「知る」や生落花生を「買える店」、ゆで落花生を「味わえるお店」もご紹介しています。

 

rakkaseikun

 

楽しむ

 【人気企画】下田農業ふれあい館「落花生の収穫&ぼっちづくり体験」

地元野菜食べ放題ランチ・お土産付

bocchi1

△こんなかわいい「ぼっち」を作ってみませんか?

 

昨年度も実施した落花生を存分に楽しめる人気企画です。落花生の収穫やかわいい「ぼっち作り」を農家さんに教わりながら体験でき、さらに地元野菜たっぷりのバイキングも楽しめます。もちろん「ゆで落花生」は食べ放題で、収穫した落花生(5株)のお土産もついています!

詳しいイベント内容はホームページ「落花生の収穫&ぼっち作り体験(地元野菜食べ放題ランチ・お土産付き)」をご覧ください。

 

【日時】平成28年9月24日(土)・25日(日)※荒天中止

各日9時00分~12時30分

【場所】収穫・・市内の畑(若葉区下田町)

昼食・・下田農業ふれあい館 ふるさと薬膳「澪」(若葉区下田町971)

【費用】大人(中学生以上)3,500円、小学生3,000円、4~6歳300円

【定員】各日15人(多数の場合は抽選)

【主催】下田農業ふれあい館 TEL043-237-8011(月曜休館)

【申込方法】代表者氏名・電話番号、希望日、参加者全員の氏名・年齢、返信用の宛先を明記して以下いずれかで申込。※9月17日(土)必着

 

***宛 先***

(1)往復はがきの場合

〒265-0076若葉区下田町971下田農業ふれあい館

(2)FAXの場合  043-237-8988

※集合場所など詳細についてはお申し込み後にお知らせいたします。

rakkaseikun

 

体験する

ジャンボ落花生「おおまさり」収穫体験

千葉県が平成19年に品種登録した従来の落花生の倍ほどの大きさになる特徴を持つ落花生「おおまさり」の収穫が体験できます。「おおまさり」は強い甘みをもち、ゆで落花生に適した品種です。自分で好きな分だけ収穫しちゃいましょう!詳しい内容は「千葉市秋の落花生キャンペーン2016」ホームページをご覧ください。

 

oomasari2_1  oomasari1_1

 

【日時】平成28年10月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・10日(月) ※荒天中止

午前の部:10時00分から(5分前集合) 午後の部:13時00分から(5分前集合)

【場所】市内の畑(緑区東山科町)

【費用】100gあたり150円

【定員】各回30組程度(多数の場合抽選)

【主催】千葉市園芸協会 TEL043-228-7111(月曜日定休)

【申込方法】イベント名、代表者氏名・電話番号、希望日、参加者全員の氏名・年齢、返信用の宛先を明記して以下のいずれかで申込。※9月17日(土)必着

 

***宛 先***

(1)往復はがき

〒265-0042若葉区古泉町537千葉市園芸協会

(2)FAX 043-228-5779

※集合場所など詳細についてはお申し込み後にお知らせいたします。

 

「落花生について学ぼう!」親子1日農家体験

oyako2  oyako3

 

落花生(おおまさり)の収穫や販売するための選別・袋詰め作業などを通じて、農家さんのお仕事や落花生について学習型の農業体験です。落花生の成長についてやどのようにみなさんの手元に届いているのかを体験を通じて、親子で学べます。

 

【日時】平成28年10月1日(土)・2日(日)※荒天中止

各日9時00分~12時00分

【場所】市内の畑(緑区平川町)

【対象】小学生までの子どもとその親(車で会場まで来られる方)

【定員】各日10組(1組4人まで)(多数の場合抽選)

【参加費】1組1,000円(保険代など)

【主催】市農政課 TEL043-245-5758

【申込方法】イベント名、代表者氏名・電話番号、希望日、参加者全員の氏名・年齢、返信用の宛先を明記して以下のいずれかで申込。※9月17日(土)必着

 

***宛 先***

(1)往復はがき

〒265-0042若葉区古泉町537千葉市園芸協会

(2)FAX 043-228-5779

※集合場所など詳細についてはお申し込み後にお知らせいたします。

rakkaseikun

この他にも落花生収穫体験ができますので、詳しくはホームページをご覧ください♪

 

 

味わう

「ゆで落花生」は、新鮮な掘りたての生落花生だからこそ味わえる千葉ならではの美味しい秋の味覚です。作り方は簡単!生落花生はもちが悪いので、手に入れたらすぐに茹でてくださいね。(生の落花生が手に入るのは、おおむね9月上旬から10月中旬です)

→ ゆで落花生の作り方はこちらをクリック☆

 

【注意】落花生にはアレルギー物質が含まれます。アレルギーのある方はご注意をお願いいたします。

 

生落花生を買えるお店

 

生落花生は、各直売所などで販売しています。

(販売時期は9月上旬~10月中旬。数量限定ですので、売り切れの場合はご了承ください。)

 

直売所のご紹介

しょいか~ご千葉店

住所:千葉県千葉市若葉区小倉町871番地(千葉東警察署並び)

電話:043-231-1831

 

しょいか~ご習志野店

住所:千葉県習志野市実籾本郷34-1

電話:047-472-1831

 

千葉市園芸協会直売所

住所:千葉県千葉市若葉区古泉町537

電話:043-228-7111

 

下田農業ふれあい館

住所:千葉県千葉市若葉区下田町971

電話:043-237-8011

 

ゆで落花生を味わえるお店

 

QVCマリンフィールド内売店「フードコートCHIBA」でゆで落花生販売!!

QVCマリーンフィールド内のフードコートCHIBAでは、千葉ロッテマリーンズの試合日に市内産落花生を使用したゆで落花生を販売します。試合観戦のお供にぜひどうぞ!(数量限定ですので、売り切れの場合はご了承ください。)

※QVCマリーンフィールド内のフードコートCHIBAでは、他にも千葉県産の食材にこだわった安くて美味しいメニューを豊富に展開しています!!

rakkaseikun

 

知る

〇千葉県は落花生の生産量が全国第1位!

そして千葉市は県内では八街市に次ぎ、生産量第2位を誇る名産地です。千葉県で落花生栽培がおこなわれるようになったのは明治時代から。その歴史について学びましょう。

なぜ千葉では落花生栽培がさかんなの?

 

〇落花生の実はどこになるか、知っていますか。

枝にぶら下がってできる?土の中に実がなる?落花生がどのように育つのか学びましょう!これを知れば、あなたも今日から落花生博士!

落花生ができるまで

rakkaseikun

 

 

詳しくは千葉市のホームページをご覧ください♪

 

 

お問合せ

経済農政局農政部農政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5757

ファックス:043-245-5884

nosei.EAA@city.chiba.lg.jp

お店のニュース

お店と施設の今日の情報に注目!

  • IMG_0273

  • IMG_0310

  • 384-01

  • もっと見る…

    イベントカレンダー

    この日はココ!イベントへGo!

    2017年 2月
    « 1月   3月 »
        1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28     

    アクセスランキング

    いま注目の話題は要チェック!

    千葉市の天気予報

    今日
    2017-02-28
    晴のち曇
    /
    明日
    2017-03-01
    晴のち曇
    13/2

    (c)JWA livedoorお天気情報

    トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACHエンジェルスとは

  • 5BEACHエンジェルスブログ

  • 幕張新都心コミュニティサイクル マックル

  • 千葉とっておき2016

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真

  • Topへ戻る