イベント情報

生態系へのジャックイン展@見浜園<7/24(土曜) ~8/8(日曜)>

思考実験とプロトタイピングを通して、ありうる都市の形を探求するリサーチチーム「METACITY(メタシティ)」が企画する初の展覧会。千葉市初の芸術祭「千の葉の芸術祭」の1部門として開催。
夜の日本庭園を舞台に、現代アートやメディアアート分野で注目を集める新進気鋭の若手アーティスト14組の作品を茶の湯のプロセスになぞらえて展示します。

「互いの認知世界を交換し、交感し、交歓しあう」

伝説的SF小説『ニューロマンサー』は千葉の空を見上げるシーンから始まりました。サイバースペースへとジャックインする主人公たちの姿はどことなく、都市計画とインターネットという二重のグリッドに囚われた今のわたしたちに似ています。そこは無限に広がっているようでどこか寂しい、人間だけの世界です。わたしたちはいかにして多様な生物/無生物がひしめく世界へと帰還できるのでしょうか?

かつて、地球規模で互いの思考が接続されることで人間は形而上学的な知識の生態系”Noösphere(ノウアスフィア|精神圏)”の中に住まうようになる、と言われました。生物ごとの多様な世界の捉え方が明らかになりつつある今、わたしたちは人間だけに留まらないあらたなNoösphereを描きだせるのではないでしょうか?

本展は日本庭園という、自然を人為的に再構成することで本来以上の意味を創造する拡張環境を舞台に、自然と技術とアートの結節点となる作品たちを茶の湯のプロセスになぞらえて配置します。そこは理想化された電脳空間でも素朴な自然世界でもない、様々な認知世界が響き合う場であり、同時に茶の湯が追い求めてきた幽玄の思想を継ぐものとなるはずです。

互いの認知世界を交換し、交感し、交歓しあう、あらたなる生態系へようこそ。

【イベント名】生態系へのジャックイン展(The Exhibition of Jack into the Noösphere)
【主催】千の葉の芸術祭実行委員会
【企画運営】METACITY
【作家】14組:石川 将也、ALTERNATIVE MACHINE、後藤 映則、齋藤 帆奈、The TEA-ROOM、関野 らん、滝戸 ドリタ、田中浩也研究室、多層都市「幕張市」、田中 堅大、Dead Channel JP、ノガミ カツキ、松田 将英、Ray Kunimoto ※50音順

※新型コロナウイルス感染症拡大状況によって、会場、時間および内容は予告なく変更となる場合がございます。ご来場前に必ず、公式サイトをご覧ください。

開催日 2021年7月24日(土曜)~8月8日(日曜) 18:00~21:00 (最終入場20:30)※8月2日(月曜) 休館日 (見浜園は通常営業)
開催場所 県立幕張海浜公園 日本庭園「見浜園」
住所 千葉市美浜区ひび野2-116
交通 JR京葉線「海浜幕張」駅南口から徒歩約10分
料金 無料(事前予約制)※下記URLから直接ご予約いただけます。
お問合せ 千の葉の芸術祭実行委員会 電話:043-245-5961
申込方法 事前予約制 ※下記URLから直接ご予約いただけます。
URL https://2021.metacity.jp/
備考 <お願い・注意事項>
・開催期間中は会場周辺で交通規制が行われる予定のため道路混雑が予想されます。お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
・風邪のような諸症状(発熱、咳、喉痛、腹痛など)のある方、または体調がすぐれない方は、参加をお控えください。
・常時マスクをご着用の上ご参加ください。
・ソーシャルディスタンス維持、入場時の消毒、その他対新型コロナウイルス感染拡大防止策へのご協力をお願いします。
・新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からスタッフの指示があった場合はご協力をお願いします。

・アルコールや危険物の持ち込み、酒気帯び状態でのご入場、園内での喫煙、他のお客様への迷惑行為、その他公序良俗に反した行動は禁止します。
・アルコール、刃物、スプレー類、火器、大型の三脚や撮影機器、スーツケース、その他大型で歩行や他の鑑賞者の妨げになるものの持ち込みは禁止です。
・手荷物検査を実施、持込み禁止品があれば一時預かりを行う可能性があります。
・入場制限を行う可能性があります。

周辺のおすすめスポット

大きな地図で見る