文字サイズ

イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
企画展「江戸時代の妙見祭礼」@千葉市立郷土博物館<5/17(木)~10/21(日)>
現在の千葉神社の前身である北斗山妙見寺(戦国時代以前は北斗山金剛授寺)は天正18年(1590)の千葉氏滅亡により最大の庇護者を失いましたが、徳川家康から朱印地を与えられて存続しました。
平安時代後期に始まったとされる祭礼(妙見祭礼)も、近世を通じて継続されました。
今回の展示では江戸時代に記された「旧妙見寺文書」の中から祭礼に関する史料に注目し、当時の妙見祭礼の姿を紹介します。
※会期中展示替えを行います。

【前期展示資料】
「御尋之箇条(妙見堂由緒 霊宝目録)」(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)
「御祭礼大船舞之番附」(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)

※【写真パネル展「千葉市の海辺」】も同時開催中
かつての千葉の海辺は遠浅で、干潮時には広い干潟が出現しました。干潟でとれるアサリ・ハマグリの加工や打瀬船による底曳き漁、ノリ養殖が盛んにおこなわれいました。
さらに、都心から近距離であったことから、避暑や海水浴、潮干狩りなどを目的とした多くの観光客も訪れました。
このパネル展では、大きく変貌した千葉の海辺の様子を写真で振り返ります。(展示期間:平成30年9月末頃まで。期間は延長する場合もございます。)

 

開催日平成30年5月17日(木)~10月21日(日)9:00~17:00(入館は16:30まで) ※休館日は備考欄をご覧ください。
開催場所千葉市立郷土博物館 2階展示室展示ケース内
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR千葉駅東口から7番バス利用「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」下車、徒歩13分 ・JR「本千葉駅」下車、徒歩15分
料金入館無料
主催者千葉市立郷土博物館
お問合せ043‐222-8231
SPARKーあの時君は若かったー展@ホキ美術館<5/24(木)~11/18(日)>
現在活躍している写実画家が若かった頃、どのような作品にインスピレーションを受けたのか、写実絵画へ進むきっかけとなった作品や、技術面、精神面で深めることが出来たなど、そのエポックメーキングな作品と現在の作品を展示いたします。また、作家毎にプロフィールを紹介し、作風の進化、深化をたどっていきます。

 

開催日平成30年5月24日(木)~11月18(日)10:00~17:30(入館は閉館の30分前まで)
開催場所ホキ美術館(ギャラリー1)
住所千葉市緑区あすみが丘東3-15
交通JR外房線「土気駅」下車 南口3番バス乗り場より 「あすみが丘ブランニューモール行き」で「あすみが丘東4丁目」下車すぐ(乗車5分) (東京より70分)
料金一般:1,800円/大・高校生・65歳以上:1,300円/中学生:900円/小学生以下は無料(但し、保護者1名につき小学生2人まで)
主催者ホキ美術館
お問合せTEL043-205-1500
プラネタリウム新番組「ポケットモンスター サン&ムーン プラネタリウム」@千葉市科学館<~7/15(月)>
ついに、あのポケモンがプラネタリウムに登場!!
千葉市科学館のプラネタリウムは、1000万個を超えるリアルな星空が宇宙への興味を喚起し、迫力ある映像世界が新たな魅力を創造します。この空間には、驚きと感動が凝縮されています。スクリーンいっぱいに広がる、‘‘星‘‘と‘‘映像‘‘が融合したハイブリットプラネタリウムでポケモンの世界をお楽しみください。

 

開催日2018年7月21日(土)~2019年7月15日(月) ※投影日時など詳しくは下記ホームページでご確認ください
開催場所千葉市科学館 プラネタリウム(きぼーる7階)
住所千葉市中央区中央4丁目5番1号
交通・京成千葉線「千葉中央駅」より徒歩6分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩5分 ・JR・京成・千葉モノレール「千葉駅」東口より徒歩15分 または バス乗車(7番乗り場)「中央三丁目」下車
料金大人510円、高校生300円、小中学生100円 ※詳しくはホームページをご覧ください
定員200名
主催者千葉市科学館
お問合せ043-308-0511
明治150年記念「『千葉街案内』にみる千葉」@千葉市立郷土博物館<8/26(日)~10/14(日)>
明治150年を記念して、明治44年に発行された千葉街のガイドブック『千葉街案内』の記述を中心に近代の千葉町を紹介します。
『千葉街案内』や絵はがきから千葉町の平地に洋風建築が次々と建てられた様子や、現在も面影が残る亥鼻台上の学校・病院などの様子がわかります。

 

開催日平成30年8月26日(日)~10月14日(日)9:00~17:00(入館は16:30まで) ※休館日は備考欄をご覧ください。
開催場所千葉市立郷土博物館 1階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号
交通・JR千葉駅東口から7番バス利用「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」下車、徒歩13分 ・JR「本千葉駅」下車、徒歩15分
料金入館無料
主催者千葉市立郷土博物館
お問合せ千葉市立郷土博物館 043-222-8231
ジャングル大帝・レオ 動物たちのヒミツを探せ!@千葉市動物公園<9/1(土)~1/31(木)>【期間延長】
手塚治虫生誕90周年記念
「ジャングル大帝×リアル謎解きゲーム×千葉市動物公園コラボイベント」
~レオと動物たちとの友情が、ここから始まる~

白ライオンのレオが千葉市動物公園の動物たちと仲良くなるため、謎解きに挑戦。
謎解きキットと園内にある手がかりをヒントに、謎を解いて、レオを助けてあげよう。
3時間以内にクリアするとプレゼントがもらえるよ!

※好評につき、11月末までの予定が、来年1月31日(木)まで、期間延長になりました。

 

開催日【受付】2018年9月1日(土)~2019年1月31日(木)10:00~16:30 ※水曜休園日 ※開催期間が延長になりました
開催場所千葉市動物公園
住所千葉市若葉区源町280
交通千葉モノレール「動物公園駅」下車
料金参加費800円 ※要入園料:大人(高校生以上)700円、中学生以下無料
対象年齢制限はございませんが、小学5年生~大人の方が楽しめる事を想定した内容です。
主催者千葉市動物公園
お問合せ043‐252-1111
申込方法動物公園内「正門売店」「西口売店」「北口売店」「展望デッキ売店」にて受付 ※各売店営業時間10:00~16:30 ※クリア想定時間2~3時間
1968年 激動の時代の芸術@千葉市美術館<9/19(水)~11/11(日)>
50年前の芸術はこんなにも熱く激しかった。

 世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の年でした。日本でも、全共闘運動やベトナム反戦運動などで社会が騒然とするなか、カウンターカルチャーやアングラのような過激でエキセントリックな動向が隆盛を極めました。近年、この時期に起こった文化現象が様々な分野で注目を集めており、「1968」は国内外で文化史のキーワードとして定着したと言えるでしょう。

 1968年前後は、日本の現代美術にとっても重要な時期になりました。多くの芸術家が日本万国博覧会(大阪万博)の準備に協力する一方で、万博に参加しなかった作家や評論家の多くが、この動きを批判しました。また現代美術のみならず、演劇・舞踏・映画・建築・デザイン・漫画などの周辺領域の作家たちも、既存のスタイルを打ち破るような先鋭的な試みを次々とおこない、またジャンルを越えて協力し合ったのです。

 さらにこの年には、「もの派」の嚆矢ともいうべき関根伸夫の《位相-大地》が発表され、写真同人誌『プロヴォーク』も創刊されるなど、新たな世代が一気に台頭しました。学生運動やヒッピームーヴメントに代表されるような、既成の価値や体制に異議申し立てをおこなう時代の空気は、芸術家のあいだでも共有されていたのです。

 本展は、1968年からちょうど半世紀が経過した2018年の視点から、この興味深い時代の芸術状況を、現代美術を中心に回顧しようとする試みです。この時代の芸術を輪切りにして展観することで、新たに見えてくるものがあるのではないでしょうか。磯崎新、赤瀬川原平、高松次郎、0次元、横尾忠則、宇野亜喜良、寺山修司、唐十郎、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、土方巽、林静一、森山大道、関根伸夫ら個性的な顔ぶれが縦横無尽に活躍した時代の熱い雰囲気を、この展覧会で感じ取っていただければと思います。

※期間中、公演や上映会等の関連イベントがございます。スケジュール等の詳細は下記ホームページをご覧ください。

 

開催日平成30年9月19日(水)~11月11日(日)10:00~18:00 <金、土曜日は20:00まで> ※最終入館は閉館の30分前まで ※10月1日(月)、11月5日(月)は休館
開催場所千葉市美術館 
住所千葉市中央区中央3-10-8
交通■ JR千葉駅東口より徒歩約15分 ■ 千葉モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車徒歩5分 ■ JR千葉駅東口京成バス(バスのりば⑦)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分 ■ 京成千葉中央駅東口より徒歩約10分
料金一般1,200円(960円)、大学生700円(560円) ※( )は前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金 ※小・中学生、高校生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は観覧無料  ※☆1968年割引については下記ホームページをご覧ください。
主催者千葉市美術館
お問合せ千葉市美術館 043-221-2311
プラネタリウム一般投影「北斗の剣(つるぎ)」@千葉市科学館<9/26(水)上映開始>
千葉の空に輝く北斗。天から、千葉の街を見守る。
七星剣とは?死兆星とは?
北斗に秘められた物語をご紹介しましょう。

千葉の街の礎を作った千葉氏は、妙見菩薩を信仰していました。妙見菩薩は、北極星と北斗七星として天にあり、あまねく人々を救う、と考えられていたのです。

妙見菩薩が持つ剣には、北斗七星が彫られているものがあります。これは「七星剣」とよばれ、古来、位の高い人々が持っていた宝剣。剣身に北斗七星が彫られた七星剣には、北斗七星の力が宿り、邪を追い払うとされました。
なぜ、北斗七星には力が宿ると考えられたのでしょうか?

七星剣、北斗の剣の秘密を探る、生解説番組です。

 

開催日平成30年9月26日(水)より上映開始 ※投影時間は下記URLをご覧下さい
開催場所千葉市科学館 プラネタリウム(きぼーる7階)
住所千葉市中央区中央4‐5‐1
交通・JR千葉駅東口から徒歩15分 ・JR千葉駅東口7番バス利用「中央三丁目」下車 または東口16番c-bus利用「きぼーる前」下車 ・千葉モノレール「葭川公園駅」から徒歩5分 ・京成「千葉中央駅」から徒歩6分
料金大人510円 高校生300円 小中学生100円
主催者千葉市科学館
お問合せ043-308-0511
千葉市・市原市の工場夜景写真展@千葉モノレール千葉駅改札内<9/29(土)~10/13(土)>
「第9回全国工場夜景サミットin千葉・市原」の開催を記念して、千葉市と市原市の工場夜景写真巡回展示を実施します。

 

開催日平成30年9月29日(土)~10月13日(土)
開催場所千葉モノレール千葉駅改札内「ステーションギャラリー」
住所千葉市中央区新千葉1-1-1
交通千葉モノレール「千葉駅」 ※JR千葉駅、京成千葉駅直結
料金観賞無料 ※駅構内への入場料がかかります。(入場料:200円 ※小児半額)
主催者全国工場夜景サミット in 千葉・市原実行委員会 (千葉市観光プロモーション課内)
お問合せ千葉市観光プロモーション課 TEL 043-245-5066 FAX 043-245-5334
月曜名画座「黄色いリボン」@千葉市生涯学習センター<10/1(月)>
もう一度見たい 懐かしいあの映画 !!
よみがえる思い出とともに、じっくりお楽しみください。どんな感動に出会えるでしょうか‥。

1949年 アメリカ カラー  
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェイン/ジョーン・ドルー

 

開催日平成30年10月1日(月) ①10:00~11:45 ②14:00~15:45 上映30分前から受付開始
開催場所千葉市生涯学習センター 2階ホール
住所千葉市中央区弁天3-7-7
交通JR千葉駅(千葉公園口)より徒歩8分 ※ご来場の際は公共機関をご利用下さい。
料金鑑賞無料
定員各回300名 当日先着順
主催者千葉市生涯学習センター講座企画担当
お問合せ℡043-207-5820 FAX 043-207-5822
10月1日「展望の日」記念行事@千葉ポートタワー<10/1(月)>
全日本タワー協議会では、「展望」の『展(てん)』を ten(テン)=10に、『望』を棒=1(棒に例えて)に 置き換え、平成18年以降、10月1日を「展望の日」と制定し今年で第13回目となります。

これを記念し「全国タワー協議会オリジナルノベルティ【オリジナルチケットフォルダー】」を入館者の先着101人に贈呈します。

 

開催日平成30年10月1日(月) 開館時間:9:00~19:00(最終入館は閉館30分前まで)
開催場所千葉ポートタワー
住所千葉市中央区中央港1
交通・千葉モノレール/JR京葉線「千葉みなと駅」より徒歩約12分 ・JR千葉駅西口26番バス利用「千葉ポートタワー」行で終点下車
料金(入館料)大人420円 小・中学生200円
対象入館者の先着101人(なくなり次第終了)
主催者千葉ポートタワー
お問合せ043-241-0125
2018年10月27日以降に開催予定のイベント
10月
27
市民感謝デー@千葉市地方卸売市場<10/13・27(土)>
毎月第2・4土曜日は千葉市地方卸売市場の「市民感謝デー」です。
新鮮な旬の味覚が豊富です。
市場ならではの雰囲気と活気の中でお買い物をお楽しみください。
みなさまのご来場をおまちしております。

 

開催日平成30年10月13日・27日(土) 8:00~12:00 ※水産は10:30まで
開催場所千葉市地方卸売市場
住所千葉市美浜区高浜2-2-1 
交通・JR総武線「稲毛駅」/京成線「京成稲毛駅」/JR京葉線「稲毛海岸駅」より 千葉海浜バス「高浜車庫」または「海浜公園入口」で下車、徒歩約7分 ・無料駐車場完備 AゲートまたはCゲートより入場し「臨時入場許可証」をお受け取りください
主催者千葉市地方卸売市場
お問合せ043-248-3200
秋の展示「房総丘陵はすごい―調べてびっくり、新発見の数々―」@県立中央博物館<10/27(土)~12/24(月・休)>
「房総丘陵はすごい ―調べてびっくり、新発見の数々―」

地学からは、世界最大のトドの化石、次々に発見されたシカやクジラ、アシカなどの化石を展示します。
生物では、房総丘陵から見つかった様々な新種を一挙公開します。
房総丘陵から見つかった約2800種もの昆虫の採集品の中からよりすぐりを畳5枚分の壁にして展示します。
虫採り網では採れない虫を捕らえる様々な仕掛けに加え、地学と植物・菌類の調査道具と調査の様子も紹介します。


【関連行事】
◆講演会「房総丘陵のここがすごい」(要入館料)
11月23日(金・祝)13:00~15:00 
◆ミュージアムトーク(要入館料)
会期中の毎週土曜と11/23(金・祝)、12/24(月・休)
①11:00~11:30②14:30~15:00

 

開催日平成30年10月27日(土)~12月24日(月・祝)9:00~16:30(入館は16:00まで) ※月曜日が休日の場合は開館し、次の平日が休館
開催場所千葉県立中央博物館
住所千葉市中央区青葉町955‐2(青葉の森公園内)
交通・JR千葉駅東口7番バス利用「中央博物館」下車、徒歩7分 ・JR蘇我駅東口2番バス利用「中央博物館」下車、徒歩7分 ・京成千原線「千葉寺駅」下車、徒歩約20分
料金一般300円 高校生・大学生150円 中学生以下・65歳以上無料 ※要学生証・生徒手帳・年齢のわかるもの提示
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043‐265-3111 FAX:043-266-2481
秋の夜長は「千葉みなと工場夜景クルーズ」へ!<10/25(木)・27(土)、11/2(金)・10(土)>
千葉港を中心に広がる京葉工業地帯の幻想的な工場夜景を、船から満喫する、約75分のクルーズです。
東京湾に沈む夕日を眺めた後、オレンジ色の灯りは日本一ともいわれるJFEスチール東日本製鉄所、三井造船、コスモ石油、キリンの愛称で知られるガントリークレーンなど、京葉工業地帯の灯の数々を船上から間近にのぞみます。

今年の6月から食品コンビナートにある千葉共同サイロ㈱のサイロ(貯蔵庫)にてライトアップ&レーザービルボードを上映しています✨
10月は「千葉の四季」、11月は「麦物語」です。
約5分間の音と光のレーザーショーをぜひお楽しみ下さい‼

※11月2日(金)は臨時便となり、50分の港めぐりコースとなります。

【出航時間】
10月25日(木)18:00出航(臨時便)
10月27日(土)17:00出航(定期便)
11月2日(金)18:15出航(臨時便。50分港めぐりコースです♪)
11月10日(土)17:00出航(この日が今年最終の定期便となります!)

 

開催日平成30年10月25日(木)・27日(土)、11月2日(金)・10日(土)
開催場所乗船場所:旅客船ターミナル複合施設 K’S HARBOR
住所千葉市中央区中央港1-20-1
交通JR京葉線/千葉モノレール「千葉みなと駅」より徒歩約6分
料金大人2,000円  小中学生1,000円
持ち物甲板は冷えますので上着をお持ち下さい
主催者千葉ポートサービス
お問合せ043-205-4333
申込方法【事前予約制】上記お電話にてご予約承ります。 (当日空きがあればご乗船可能です)
10月
28
【H30】第40回 JFEちばまつり@千葉市蘇我スポーツ公園<10/28(日)>
【平成30年の情報です。最新情報は下記URLをご覧ください】

秋の恒例行事となりました「JFEちばまつり」を、千葉市蘇我スポーツ公園周辺にて開催いたします。

当まつりは、昭和52年に“地域との共生”を目的としてスタートし、本年で節目の40回を迎えます。
近隣町内会の御神輿20基が練り歩く「みこし大会」をはじめ、90を超える出店やお子様も楽しめる「こども広場」、市内在住のジャズミュージシャン大原保人さんによる「JAZZコンサート」など、来場者の皆様に親しみを持っていただける催物を多数用意しております。
「スチール缶で造る大型モザイクアート」の制作コーナー設置や新規イベントを多数ご用意いたします。

秋の休日を、“地域のまつり”として定着した「JFEちばまつり」で是非お楽しみください。

*オープニングセレモニー(10:00よりJFEステージ前にて)
セレモニー終了後に先着2,000名様に花の植木鉢プレゼントをします。

 

開催日平成30年10月28日(日)9:00~16:00 ※8:30から入場開始
開催場所千葉市蘇我スポーツ公園周辺
住所千葉市中央区川崎町1-20 
交通・JR蘇我駅 徒歩10分 ・蘇我駅より催し物会場で無料シャトルバスを運行します。10~15分おき。
主催者JFEちばまつり実行委員会 他
お問合せJFEスチール㈱東日本製鉄所(千葉地区)総務部総務室 TEL 043-262-2026
10月
30
【H30情報】菊花展@千葉市都市緑化植物園<10/30(火)~11/11(日)>
【平成30年の情報です】
ボランティア団体「菊づくり市民の会」が育てた豪華な大輪菊や可憐な小菊、約80点を展示します。

大菊3本立て(盆養)、懸崖、木付け、だるま作り、福助づくりなどの菊をお楽しみいただけます。

ドーム菊や小菊等の鉢花や切花の販売もあります。


 

開催日平成30年10月30日(火)~11月11日(日)10:00~16:00 ※11月5日(月)は休園日
開催場所千葉市都市緑化植物園
住所千葉市中央区星久喜町278
交通・JR千葉駅東口12番バス利用「北星久喜」下車、徒歩5分 ・JR蘇我駅東口2番バス利用「緑化植物園入口」下車、徒歩5分 ※駐車場台数に限りがありますため、公共交通機関のご利用をおすすめします
料金入園無料
主催者千葉市都市緑化植物園
お問合せ043‐264‐9559
花の写真展@千葉市都市緑化植物園<10/30(火)~11/4(日)>
第38回『花の写真展』~四季折々の「花及び花風景」をとらえた写真展~

フォトサークル写童による、植物園や各地で撮影した四季折々の花や花風景の写真を展示します。

 

開催日平成30年10月30日(火)~11月4日(日)10:00~16:00 
開催場所千葉市都市緑化植物園
住所千葉市中央区星久喜町278
交通・JR千葉駅東口12番バス利用「北星久喜」下車、徒歩5分 ・JR蘇我駅東口2番バス利用「緑化植物園入口」下車、徒歩5分 ※お車でお越しの方は無料駐車場があります(普通車40台)
料金入園無料
主催者千葉市都市緑化植物園写真同好会 フォトサークル写童
お問合せ043‐264‐9559(千葉市都市緑化植物園)

お店のニュースTwitter

観光PR大使Instagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-12-15
晴れ
13/6
明日
2019-12-16
曇時々晴
/

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真