イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
プラネタリウム新番組「ポケットモンスター サン&ムーン プラネタリウム」@千葉市科学館<~7/15(月)>
ついに、あのポケモンがプラネタリウムに登場!!
千葉市科学館のプラネタリウムは、1000万個を超えるリアルな星空が宇宙への興味を喚起し、迫力ある映像世界が新たな魅力を創造します。この空間には、驚きと感動が凝縮されています。スクリーンいっぱいに広がる、‘‘星‘‘と‘‘映像‘‘が融合したハイブリットプラネタリウムでポケモンの世界をお楽しみください。

 

開催日2018年7月21日(土)~2019年7月15日(月) ※投影日時など詳しくは下記ホームページでご確認ください
開催場所千葉市科学館 プラネタリウム(きぼーる7階)
住所千葉市中央区中央4丁目5番1号
交通・京成千葉線「千葉中央駅」より徒歩6分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩5分 ・JR・京成・千葉モノレール「千葉駅」東口より徒歩15分 または バス乗車(7番乗り場)「中央三丁目」下車
料金大人510円、高校生300円、小中学生100円 ※詳しくはホームページをご覧ください
定員200名
主催者千葉市科学館
お問合せ043-308-0511
企画展「あれもE これもE-加曽利E式土器(千葉市内編)」@加曽利貝塚博物館<10/20(土)~3/3(日)>
遺跡から見つかる縄文土器には、地域や年代、文様や形の特徴ごとに「○○式」と名前が付けられています。
「加曽利E式土器」の名称は、加曽利貝塚のE地点で初めて発見されたことから名付けられました。関東地方の縄文時代中期を代表する土器の名称であり、学術的にも縄文時代研究に欠かすことのできない指標の一つとなっています。
今回の展示では、千葉市内から出土した「加曽利E式土器」を集め、加曽利E式の文様や形の移り変わりを紹介します。

【関連行事】

 

開催日【前半】2018年10月20日(土)~12月24日(月・祝)【後半】2018年12月26日(水)~2019年3月3日(日)9:00~17:00(最終入館16:30)
開催場所加曽利貝塚博物館 企画展示スペース
住所千葉市若葉区桜木8-33-1
交通・JR「千葉駅」東口から9番バス利用、「桜木町」下車、徒歩約15分 ・千葉モノレール「桜木駅」下車、徒歩15分 ・車の場合(無料駐車場あり) 京葉道路 貝塚IC(下り出口)から約7分、京葉道路 松ヶ丘IC(上り出口)から約12分
料金入館無料
主催者加曽利貝塚博物館
お問合せ043‐231‐0129
人.ひと.人~人って面白い~@ホキ美術館<11/23(金・祝)~5/12(日)>
いま話題を呼んでいる写実的な人物画の傑作が終結!
『人.ひと.人』~人って面白い~
People, Somehow people are Fascinating

現在活躍している写実画家たちの人物画作品が展示されます。
展示作品のひとつに、野田弘志が「崇高なるもの」シリーズの新たな試みとして、イスラエルのバイオリニスト、イヴリー・ギトリス(1922年~)を今回は椅子に腰かけたポーズで描いています(2m×1.5m)。初公開。

画像は作品:三重野慶《ひかりのはなし》2018年 ホキ美術館

 

開催日平成30年11月23日(金・祝)~平成31年5月12日(日)10:00~17:30(入館は閉館の30分前まで)
開催場所ホキ美術館
住所千葉市緑区あすみが丘東3-15
交通JR外房線「土気駅」下車 南口3番バス乗り場より 「あすみが丘ブランニューモール行き」で「あすみが丘東4丁目」下車すぐ(乗車5分) (東京より70分)
料金一般:1,800円/大・高校生・65歳以上:1,300円/中学生:900円/小学生以下は無料(但し、保護者1名につき小学生2人まで)/障がい者手帳をご提示いただいた方は入館料が半額になります。
主催者ホキ美術館
お問合せTEL043-205-1500
ルミラージュちば2018@中央公園他<11/30(金)~2/3(日)>
千葉市の中心市街地で、千葉都心イルミネーションが今年も開催されます。
中央公園プロムナードから中央公園まで、ちばの街を暖かなライトで照らします。
中央公園のオブジェおよび樹木はLEDの電飾だけでなくライトアップ等の演出により、動きを持たせたイルミネーションを実施。今年も楽しい演出・イベントを企画中!年末年始はルミラージュちばへ、ご家族・ご友人・恋人と一 緒に、ぜひお出かけください☆彡

【ルミラージュちば2018マップ配布中!】
千葉市観光情報センター(千葉駅前広場内)他にて、中心市街地のイルミネーション情報や会場周辺の「店舗サービス一覧」が掲載されたマップを配布中です!!

【点灯式セレモニー】
11月30日(金) 17:00~20:00
★カウントダウンセレモニー
★院内小学校音楽クラブコンサート
★千葉市消防音楽コンサート
★プロモーションコーナー
★アマチュアグループによるコンサート
★ケータリングカーによるフードコート(16:00~21:00)

※先着200名に【ガーデンシクラメン】プレゼント!
17:00から整理券を配布します。引換時間は整理券に記載します。

◆通町公園提灯点灯 17:00~23:00 (12月31日(月)は翌は3:00まで)
約180個の月星提灯が通町公園を明るく照らします。
ぜひお立ち寄りください!

 

開催日2018年11月30日(金) ~2019年2月3日(日)
開催場所千葉駅前大通り、千葉中央公園、きぼーる、通町公園
住所千葉市中央区中央1-12(千葉中央公園)
交通中央公園へのアクセス ・JR「千葉駅東口」より徒歩約8分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」下車、徒歩約3分 ・京成「千葉中央駅」より徒歩約5分
主催者千葉都心イルミネーション実行委員会
お問合せ千葉都心イルミネーション実行委員会事務局(千葉商工会議所内) ℡ 043-227-4103
K館長のねこつぶ写真展@フェスティバルウォーク蘇我<12/29(土)~2/11(月・祝)>
フェスティバルウォーク蘇我公式Twitterで、K館長の猫のつぶやき【略して『#ねこつぶ』】でご紹介した、猫様たちの写真を展示します。
ぜひ愛くるしい猫たちの様々な表情を見にご来場ください!

開催中アンケートに答えると、【ねこつぶフォトカード】のプレゼントも。
※【ねこつぶフォトカード】は毎週変わります。
※それぞれの【ねこつぶフォトカード】は無くなり次第終了となります。

 

開催日2018年12月29日(土)~2019年2月11日(月・祝)10:00~18:00
開催場所フェスティバルウォーク蘇我2階、ロッテリア横イベントスペース
住所千葉市中央区川崎町51-1
交通・JR「蘇我」駅西口から無料シャトルバス利用「フェスティバルウォーク前」下車(平日・土曜15分に1本、日曜・祝日10分に1本の間隔で無料にて運行。 蘇我駅始発 午前9:00) ・JR「蘇我」駅西口から徒歩15分 車の場合(駐車料金無料) ・東京方面から、京葉道路「松ヶ丘IC」から5分、国道357号線沿い。東関東自動車道「湾岸習志野IC」から30分、国道357号線沿い。 ・木更津方面から、京葉道路「蘇我IC」から5分、国道357線沿い。一般道路16号線を千葉方面に直進、稲荷交差点近く。
料金入場無料
主催者フェスティバルウォーク蘇我
お問合せフェスティバルウォーク蘇我 TEL:043-209-3355
冬のミニ企画展「月のふしぎ」@千葉市科学館<1/2(水)~2/11(月・祝)>
月周回衛星「かぐや」の美しい映像とともに、知られざる月の姿や最新の研究をご紹介します。

【関連イベント】
〇「クイズラリー 月博士になろう!」(無料)
7階からスタートし常設展示フロア内にあるクイズに挑戦して月のポストカードをもらおう!

〇月のミニトークショー(無料)
15分で月の不思議をわかりやすく紹介します。※不定期開催

〇ワークショップ「月の満ち欠けカード」(無料)
日時:10:00~12:00(毎日)/13:00~15:00(月~土)※所要時間15分程度
定員:各日先着100名 どなたでも(未就学児は保護者同伴)

〇ドームストラップ~月の模様をみてみよう~
日時:企画展期間中毎週日曜日開催13:00~15:00※所要時間15分程度
定員:各日先着60名 ※どなたでも(未就学児は保護者同伴)
料金:100円(材料費)

〇冬のミニ企画展「月のふしぎ」連動プラネタリウム番組「星空散歩~月のふしぎ~」
期間:1月10日(木)~27日(日)投影時間はプラネタリウムスケジュールでご確認ください。
料金:大人510円 高校生300円 小・中学生100円

 

開催日2019年1月2日(水)~2月11日(月・祝)10:00~16:00
開催場所千葉市科学館10階、探究実験室
住所千葉市中央区中央4-5-1
交通・JR「千葉駅」東口から徒歩15分 ・JR「千葉駅東口」7番バス利用「中央三丁目」または16番バス利用(C-bus)「きぼーる前」下車 ・千葉モノレール「葭川公園駅」から徒歩5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」から徒歩6分
料金大人510円、高校生300円、小中学生100円 ※未就学児無料(保護者同伴)
主催者千葉市科学館
お問合せ043‐308-0511
ブラティスラヴァ世界絵本原画展@千葉市美術館<1/20(日)~3/3(日)>
ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)はスロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクールで、芸術性が高い作品、実験的でユニークな作品が集まることで知られています。
26回目を迎えた2017年秋のコンクールには世界各国の国内審査を経て49か国から373組による2,657 点の原画が集まり、日本からは荒井真紀が《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞しました。この度の日本巡回展では「BIB で出会う絵本のいま」をテーマに受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の4か国として中国、イラン、イスラエル、韓国をとりあげ、絵本原画約200点と絵本および関連資料をご紹介いたします。表現、手法、そして作り手の多様化が進む絵本づくりの、まさに今を体現する日本からのノミネート作品については、取材メモや下絵などによって制作の過程を辿りながら、それぞれの魅力に迫ります。

【作者・作品名】荒井真紀《たんぽぽ》 BIB2017金のりんご賞  作家蔵

★出品作家によるトークイベントや、ファミリーワークショップなど、関連イベントも目白押しです!詳細は下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年1月20日(日)~3月3日(日)10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場受付は閉館30分前まで 休館日=2月4日(月)
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口から徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口7番バス利用「中央三丁目」下車、徒歩約3分 または16番C-bus利用「中央区役所・千葉市美術館前」下車 ・千葉モノレール「葭川公園駅」から徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」から徒歩約10分
料金観覧料:一般1,000円 大学生700円 ※小・中学生、高校生、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。※団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の人の観覧料は、一般 800円 、大学生 560円 となります。
主催者千葉市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問合せ043‐221-2311
申込方法※前売券はミュージアムショップ(1月14日まで)、ローソンチケット(Lコード:33229)、セブンイレブン[セブンチケット]および、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて1月19日まで販売(1月20日以降は当日券販売)。
冬のアートコレクション@千葉県立美術館<1/29(火)~4/14(日)>
千葉県立美術館は“Art Collection”(アート・コレクション)として収蔵作品を季節ごとに様々なテーマで紹介しています。

平成28(2016)年度より、県内在住の若手作家に焦点をあてた展覧会を開催しています。
3年目となる今年度に紹介するのは具象彫刻作家・宮坂慎司の作品です。
◆アート・コレクション+「具象彫刻の今 -彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち-」
右画像:©宮坂慎司《遺標-踊》

◆冬のアートコレクション「具象彫刻展 -具象彫刻の先駆者たち-」

【関連イベント】
芸術文化講演会「貝象彫刻の世界」
講師:神戸峰男氏
日時:3月16日(土)14:00~15:30※13:30開場
場所:講堂
定員:当日先着200人※開場時に受付
参加費:無料

【同時開催】
◆近代洋画の先駆者 浅井忠9-浅井忠の京都時代-
◆北詰コレクション メタルアートの世界3-彫金の魅力-
◆コレクション名品展-バルビゾン派の画家たちを中心に-

 

開催日2019年1月29日(火)~4月14日(日)9:00~16:30
開催場所千葉県立美術館 第1・2・3・7・8展示室
住所千葉市中央区中央港1-10-1
交通・JR京葉線/千葉モノレール「千葉みなと駅」から徒歩約10分 ・JR千葉駅西口26番バス利用(千葉みなとループバス”タワーコース”利用)「県立美術館入口」下車、徒歩約3分
料金一般300円 高校生・大学生150円 ※アート・コレクション+(第7展示室)のみの入場は無料
主催者千葉県立美術館
お問合せ043-242-8311
チバフリ2019(チバリアフリーアートプロジェクトvol.3)@イオンモール幕張新都心<1/31(木)~2/3(日)>
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた千葉市の文化芸術の取り組みとして、障害者も健常者も一緒になって表現するファッションショーとダンスパフォーマンス、アート展示などのイベントを、東京2020公認文化オリンピアードとして開催します。

司会:BEYOND GILRS
司会アシスタント:大塚茉衣子(5BEACH観光大使)
手話通訳:水野冬馬

※会場は、すべてイオンモール幕張新都心内です。

【アート展示「純粋なアートの魅力-紡がれる自由。繋がる自由。-」】
日時:1月31日(木)~2月3日(日)10:00~17:00
会場:グランドモール3階 イオンホール

【ステージイベント】
日時:2月3日(日)1部13:00~13:45 2部15:00~15:45
会場:グランドモール1階 グランドコート
※出演者等の情報は、下記URL内よりチラシをダウンロードしてください。

【ボッチャ体験・ちぎり絵体験】
日時:2月3日(日)10:00~12:30/13:45~14:30/15:45~17:00
会場:グランドモール1階 グランドコート

【音楽ライブ 出演:CHILDHOOD】
日時:2月3日(日)14:00~14:30
会場:グランドモール3階 イオンホール

 

開催日2019年1月31日(木)~2月3日(日)
開催場所イオンモール幕張新都心 グランドモール 
住所千葉市美浜区豊砂1-1
交通・JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩約17分 または北口3番バス利用「豊砂公園」/「イオンスタイル入口」/「蔦屋書店前」下車 ・JR総武線/京成線「幕張本郷駅」から5番バス利用「豊砂公園」/「イオンスタイル入口」/「蔦屋書店前」下車
料金入場無料
主催者チバリアフリーアートプロジェクト実行委員会
お問合せ千葉市文化振興課 TEL:043-245-5961
天皇陛下御在位三十年記念2019ジャパンパラゴールボール競技大会@千葉ポートアリーナ<2/1(金)~3(日)>
静寂な中の熱い戦い
音を頼りにボールをストップ
点を獲り合うエキサイティングな試合を会場で!

今年度大会はリオパラリンピック覇者にして、2018年世界選手権でも銀メダルを獲得し、2018年11月現在の世界ランキング1位のトルコ、同じく世界選手権で銀メダルを獲得し、世界ランキング3位のブラジル、リオパラリンピックで3位を獲得した、世界ランキング6位のアメリカを招き、2018年のアジアパラ競技大会を制した世界ランキング4位の日本を加えた四カ国で大会を開催します。
(※12月31日現在世界ランキング 1位ブラジル、2位トルコ)

連日ゴールボールの体験会が予定されているほか、その他のパラスポーツの体験会もあわせて実施予定となっています。

ゴールボールは東京2020パラリンピック競技大会で千葉市開催競技となっています。

【参加国】
日本、ブラジル、トルコ、アメリカ

【日程】詳しいスケジュールは下記URLをご覧ください
2月1日(金)開会式、予選リーグ
2月2日(土)予選リーグ
2月3日(日)決勝トーナメント・表彰式・閉会式

※写真提供 X-1

 

開催日2019年2月1日(金)~3日(日)
開催場所千葉ポートアリーナ
住所千葉市中央区問屋町1-20
交通・JR「千葉駅」東口11番バス/西口26番バス(ループバス・まちなかコース)利用「ポートアリーナ」下車 ・千葉都市モノレール「市役所前」から徒歩8分 ・JR京葉線/千葉都市モノレール「千葉みなと駅」から徒歩15分 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」から徒歩12分
料金入場無料
主催者公益財団法人日本障がい者スポーツ協会
お問合せ千葉市総合政策局オリンピック・パラリンピック推進部 TEL:043-245-5048
地村洋平個展 ≠世界@千葉市文化センター<2/1(金)~3日(日)>
第16回千葉市芸術文化新人賞・奨励賞を受賞された地村洋平さんによる、熱をテーマにしたインスタレーション(空間全体を芸術とした表現)作品を展示します。

◆ギャラリートーク
2月3日(日)13:30~
対談:地村洋平×矢田滋(美術批評家)
司会:岡本政博(GALLERYAN ASUKAYAMA)

 

開催日2019年2月1日(金)~3日(日)10:00~17:00(初日は11:00~)
開催場所千葉市文化センター5階 市民サロン
住所千葉市中央区中央2-5-1
交通【電車】JR「千葉駅」、京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩10分、千葉都市モノレール「葭川公園駅」下車徒歩3分 【バス】JR「千葉駅」から8番、9番のりばより乗車、「千葉銀行中央支店」下車徒歩1分
料金無料
お問合せ公益財団法人千葉市文化振興財団 TEL:043-221-2411(平日9:00~17:00)
バレンタインフェア2019@千葉ポートタワー<2/1(金)~14(木)>
~「恋人の聖地」に認定 夜景を見ながら愛を誓おう~
千葉ポートタワーの2階の展望フロアは、2011年4月に「恋人の聖地」に選定されました。
眼下には東京湾から千葉の市街を臨む360°の絶景が広がり、カップルのデートに最適です。
日が沈むと、日中とは全く違う表情を見せる夜景がキラキラと輝き、二人の距離は自然と近づくはず…
地上105mにあるポートタワー2階「サンセットプロムナード」には、二人の愛を誓う南京錠をロックするフェンスのほか「恋人の聖地」認定を記念したモニュメントがあります。
二人の愛が永遠でありますように…。大好きな人と一緒に楽しいデートをお過ごし下さい。

♡ピンクライトアップ♡
期間中の平日17:30~18:30 土日祝17:30~19:30

♡サンセットライブ♡
日時:2月9日(土)16:30開演
出演:おっと♪もっと(アコースティックユニット)
場所:2階展望室
費用:無料、ただし別途入館料が必要

♡バレンタインコンサート♡
日時:2月10日(日)14:00開演
出演:イダセイコ(シンガーソングライター)
費用:無料
場所:1階イベントスペース

 

開催日2019年2月1日(金)~14日(木)開館時間:9:00~19:00※最終入館18:30
開催場所千葉ポートタワー
住所千葉市中央区中央港1
交通【電車・バスで】 千葉都市モノレール・JR「千葉みなと駅」から 徒歩約12分 JR「千葉駅」西口26番のりばから、小湊バス「千葉みなとループバス」で終点下車 【車で】 東京方面から:東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分、または京葉道路「幕張IC」より約20分 成田方面から:東関東自動車道「湾岸千葉IC」より約15分 房総方面から:京葉道路「松ヶ丘IC」より約15分、または東金道路「千葉東IC」より約15分 ※千葉ポートパークに無料駐車場(約240台収容)あり
料金入館料:大人420円、小中学生200円
主催者千葉ポートタワー
お問合せTEL:043‐241-0125
2019年02月11日以降に開催予定のイベント
2月
11
一噌幸弘 能舞台縦横無尽ライブ@青葉の森公園芸術文化ホール<2/11(月・祝)>
日本の古典音楽から現代の名曲まで! 個性的な演奏者たちがジャンルや時空を超越し縦横無尽に音の世界を創造します。

【出演】
一噌幸弘(笛)
山田路子(笛)
辻本好美(尺八)
高木潤一(フラメンコギター)

【演奏予定曲】
猩々乱(しょうじょうみだれ)(能楽古典)、下り葉(尺八古典本曲)、荒城の月、また君に恋してる、地上の星、グリーン・スリーヴス、超高速悪魔の狂喜、ほか

 

開催日2019年2月11日(月・祝)14:00開演(13:30開場)
開催場所青葉の森公園芸術文化ホール
住所千葉市中央区青葉町977-1
交通【電車・バスで】 ・京成千原線「千葉寺駅」より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口より2番のりば「誉田駅」行き、「大宮団地」行き、「鎌取駅」行き、「リハビリセンター」行き、「ハーモニープラザ」下車、徒歩8分 ・JR「蘇我駅」東口より2番のりば「大学病院」行き、「芸術文化ホール前」下車、徒歩5分 【車で】 京葉道路「松ヶ丘IC」より約10分 千葉東金有料道路「千葉東IC」より約10分 ※ホールには駐車場がないので、公共の交通機関の利用をおすすめします。
料金前売2,500円 当日3,000円※全席自由
対象 ※4歳未満の入場不可
主催者青葉の森公園芸術文化ホール
お問合せTEL:043-266-3511 FAX:043-266-1660 (9:00~17:00、月曜休館)
申込方法下記URLをご覧ください。
本格能舞台で楽しむ伝統芸能週間@青葉の森公園芸術文化ホール<2/10(日)~17(日)>
青葉の森公園芸術文化ホール(千葉市中央区)は、千葉県内唯一、ホールに本格的組み立て式能舞台を有する施設です。

2019年2月を「伝統芸能週間」として、能公演のほか、コンサート、寄席、無料の体験教室など、能舞台で様々なイベントを行います。
また2階展示室では、面、扇、写真など展示・解説した「能楽ギャラリー」をおこないます。

◆2月10日(日)
プロムナードコンサートVol.32 11:00開演
青葉寄席 14:00開演

◆2月11日(月・祝)
一噌幸弘能舞台縦横無尽ライブ 14:00開演

◆2月13日(水)
囃子体験会~小鼓・大太鼓~ 10:30~11:30
能を鑑賞する会~能『融』~ 13:30開演

◆2月14日(木)
大野利可 横笛演奏会「篠のひびき」 14:00開演

◆2月15日(金)
能楽解説と体験会 13:00~14:00
※同日開催 千葉宝生流謡曲大会 見学自由 

◆2月16日(土)
能楽体験教室 10:30~12:00
あおば謡曲仕舞とお囃子を楽しむ会 見学自由

◆2月17日(日)
第38回青葉能 14:00開演

◆2月10日~2月17日
能楽ギャラリー 10:00~16:00 
※期間中時間変更の場合あり

 

開催日2019年2月10日(日)・11日(月)・13日(水)・14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)
開催場所青葉の森公園芸術文化ホール
住所千葉市中央区青葉町977-1
交通【電車・バスで】 ・京成千原線「千葉寺駅」より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口より2番のりば「誉田駅」行き、「大宮団地」行き、「鎌取駅」行き、「リハビリセンター」行き、「ハーモニープラザ」下車、徒歩8分 ・JR「蘇我駅」東口より2番のりば「大学病院」行き、「芸術文化ホール前」下車、徒歩5分 【車で】 京葉道路「松ヶ丘IC」より約10分 千葉東金有料道路「千葉東IC」より約10分 ※ホールには駐車場がないので、公共の交通機関の利用をおすすめします。
主催者青葉の森公園芸術文化ホール
お問合せTEL:043-266-3511(青葉の森公園芸術文化ホール9:00~17:00 月曜休館)
申込方法※詳しくは下記URLをご覧ください。
2月
16
早春のお花見会 ~ウメ鑑賞会~@青葉の森公園<2/16(土)>
青葉の森公園では、緑の教室、工作教室、ウォーキング教室などの他、ピラティスや樹木の解説を聞きながらの園内散策などのフィールド教室を開催しています。

今回は【ウメ鑑賞会】のご案内です。
講師の本田恵子氏(上総更級公園緑の相談員)とともに、園内を散策します。
公園内には、33品種、約400本の紅梅・白梅が植えられています。ウメの開花状況は下記URLの「開花情報(左列、「おすすめ情報」の真下)から確認できます。

 

開催日2019年2月16日(土)13:00~14:30※雨天決行
開催場所千葉県立青葉の森公園 集合場所:梅園
住所千葉市中央区青葉町977-1
料金参加費200円
定員先着30名
主催者千葉県立青葉の森公園
お問合せ青葉の森公園管理事務所 TEL:043-208-1500(9:00~17:00)
申込方法上記事務所まで電話・窓口で申込
園内ガイドツアー @千葉市都市緑化植物園<2/16(土)>
2月のテーマ「今月のみどころ」

市民ボランティアグループ「みどりの協力隊リーブス」のみなさんによるガイドツアーです。
現在の園の見どころや植物のおもしろさを伝えるツアーです。
毎回新しい発見がありますよ!
旬の魅力的な話題がいっぱいの1時間です。

(次回の予定)
3月16日(土)「今月のみどころ」

 

開催日2019年2月16日(土) 13:30~14:30
開催場所千葉市都市緑化植物園 (集合場所 : みどりの相談所前)
住所千葉市中央区星久喜町278
交通JR「千葉駅」東口12番のりば千葉中央バス・小湊バス「矢作経由蘇我駅東口」行き乗車(約15分)、「北星久喜」バス停下車徒歩5分 JR「蘇我駅」東口2番のりば千葉中央バス・小湊バス「矢作経由JR千葉駅」行き乗車(約15分)、「緑化植物園入口」バス停下車徒歩5分
料金参加費 : 無料
定員なし
主催者千葉市都市緑化植物園
お問合せTEL : 043-264-9559 FAX : 043-265-6088
申込方法予約不要。直接みどりの相談所前へお越しください。
千葉おもてなしひな祭り@千葉市中心市街地商店街<2/16(土)~3/3(日)>
「ひな祭り」をお祝いするとともに、千葉市にお越しのみなさまに春の訪れを感じてほしい、という思いから始まった「千葉おもてなしひな祭り」。勝浦市の協力のもと、行われます。ほっこりする、つるし雛飾りも楽しめます。
県都の中心市街地として、勝浦市の「勝浦ビックひな祭り」のPRも合わせて行います。

【飾り付け場所】
千葉市中心市街地商店街他の核店舗等(千葉銀座、中央銀座、栄町通り、富士見、千葉中央一番街、千葉ショッピングセンター等)
※詳しくはチラシのマップをご覧ください。

 

開催日2019年2月16日(土)~3月3日(日)
開催場所千葉市中心市街地商店街他の各店舗
主催者千葉おもてなしひな祭り実行委員会
お問合せ千葉市商工会議所(担当 飯島) TEL:043-227-4103 実行i委員会会長 高梨TEL:090-3097-2525
HIRUKO 水の祀り@千葉市美術館さや堂ホール<2/16(土)>
千葉市美術館1階「さや堂ホール」にて、映像作家 飯田将茂 × 舞踏家 最上和子による、映像と舞踏が融合・共鳴するライブパフォーマンスイベントを開催します。

飯田 将茂 Masashige Iida
映像作家。玉川大学芸術学部非常勤講師。国内外のプラネタリウムで身体性をテーマとした独自のアプローチによってドーム映像作品の発表を続ける。国外の主要なドーム映像祭にて、日本人初の最優秀賞を受賞。

最上 和子 Kazuko Mogami
原初舞踏家。バルハラ稽古場主催。原初舞踏を提唱し『身体』の探求と模索を行い続ける舞踏家。公演・ワークショップ・東京巡礼などの活動をする一方で実践家の立場からの身体論を構築。執筆も手掛ける。

◆映像と舞踏が誘う 美しくも妖しい水の世界
水の祀りは仮想のまつり。
どこにもない、でもどこかにありそうな、そんな世界で水をまつる儀礼。
飯田将茂によるドーム映像作品HIRUKOから切り出された映像空間と、最上和子率いる舞踏家たちによる儀礼の舞が、まつりの始まりを告げることでしょう。
会場に一歩踏み込めば、別世界へと迷い込んでしまった旅人のような気分を味わえるかもしれません。今まで体感したことのない、荘厳で妖しい空間でのひと時をお楽しみください。

◆まつりの締めくくりは参加&体験型のアート空間で
水の祀りの締めくくりには、その場にいる誰もが参加できます。仮想の儀礼として行われるこのまつりの神聖な空間を、舞踏の舞手だけでなく、そこにいる全ての人が担い手となって作りあげます。
舞踏とは、それ自体が世界と繋がり自分自身と繋がる儀式。滅多に体験する機会の無い舞踏の世界を少しだけ体感しながら、まつりのフィナーレを一緒に彩りましょう。

◆美術館ならではの建築×アート×マルシェ
アートとマルシェが合わさったこの空間では、美味しいものを食べたり飲んだりしながら、新しい形のパフォーマンス表現をゆっくりと楽しむことができます。ネオルネサンス様式の建築空間に呼応した、ここでしか出会えない表現は必見です。

【マルシェ参加店舗】
○WiCAN × 豆NAKANO(コーヒー)
WiCANのカフェ屋台×豆NAKANOのパイ&コーヒーなコーヒースタンド。幕間のコーヒーブレイクはアートな屋台でごゆっくりどうぞ。

○HELLO GARDEN(ドリンク)
西千葉の空き地で新しい暮らし方を見つける実験広場「HELLO GARDEN」のドリンクスタンドです!

○Thymons Lab.(フード)
西千葉に新しくオープンした、季節に寄り添った料理とお酒のお店です。
美味しいお酒とお料理、そしてお料理教室やケータリングなど、多岐にわたり活動中。

○菓子工房のあ(お菓子)
北海道産小麦や良質な卵、キビ糖等の材料の素材にこだわり1人1人の大好きに出来る限りお答えできたらとバースデーケーキ・アイシングクッキー等心を込めてお作りしています。

○boulangerie dodo(パン)
京成みどり台駅の近く、住宅街の中にひっそりと佇む人気のパン屋さん。長時間発酵作られた生地を用い、それぞれのパンの持ち味が十分に引き出せるよう、こだわり抜いて作られています。

○wine stand pedro(ワイン)
西千葉のカウンター9席のお店です。畑での仕事から醸造まで余計なものを一切足さない、引かない丁寧な造り方で出来上がる美味しい自然派ワインをご提案させて頂いています。またそれにあった料理もちょっとしたおつまみからしっかりとお食事としても召し上がって頂けます。お一人様一杯だけでもお気軽にどうぞ!

○齊藤ぶどう園(ワイン)
1930年より千葉県横芝光町で生食用とワイン用のぶどうを栽培し、ぶどう酒を造っています。土作りにこだわり、低農薬・有機肥料使用で育てた甘熟ぶどう。(甘く完熟させたデラウェアや巨峰類、山ぶどうetc.)この自家栽培のふどうを原料として、醸造された本格地ワインです。自家醸造ワインならではの味をお楽しみください。

○千葉陶芸工房(陶芸、ジュエリー、ガラス教室)
千葉市中央区にある工芸工房。90分からの体験講座や、継続して制作のできる会員教室を開催しています。様々な工芸技法を用いて、自分だけの作品を制作できます。美術大学や専門学校で技術を習得し、作家として活動するスタッフが丁寧に指導いたします。

●ワークショップ「ガラスジュエリー講座」  費用:2,000円、講師:浜田敬史
ミルフィオリ(千の花)とよばれる模様入りのガラスパーツを並べて、オリジナルのアクセサリーを作ります(所要時間約15分)。
作品を一度お預りし、工房の窯で焼きあげて、当日お選びいただいたアクセサリーパーツをつけて約1か月後にお渡しいたします。

 

開催日2019年2月16日(土)開場16:30~ ライブパフォーマンス18:00~
開催場所千葉市美術館1階さや堂ホール
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口から徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口から7番バス利用「中央三丁目」下車、徒歩約3分、または16番「C-bus」利用「千葉市美術館前」下車 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」から徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」から徒歩約10分
料金大人1500円、大学生1000円、高校生以下500円 ※「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」観覧チケット[有料]をお持ちの方は200円割引
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
2月
17
第38回青葉能@青葉の森公園芸術文化ホール<2/17(日)>
青葉の森公園芸術文化ホールでは、ホール内に本格能舞台を設置する千葉県唯一の施設で「青葉能」を毎年開催しております。
今年度は、「宝生流」による公演です。重厚な芸風で、その謡の魅力から≪謡宝生≫とも呼ばれています。
出演は、伝統芸能「能楽」を受け継ぐ若き宗家、宝生和英(シテ方宝生流二十代宗家)のほか、野村万作(人間国宝/狂言方和泉流)です。
演目は小倉百人一首で盲人で琵琶の名手と語られている伝説的人物『蝉丸(せみまる)』。狂言はいかにも狂言らしいおかしみのある作品『咲嘩(さっか)』をお届けします。

また、青葉能のチケットご持参で同日開催する事前セミナー「能に学ぶ人生観~蝉丸、逆境の生き方~」 に無料で参加いただけます。(お持ちでない方は 1,000 円)

■事前セミナー 「能に学ぶ人生観~蝉丸、逆境の生き方~」
日時/2019年2月17日(日)11時~12時30分(10時30分開場)
料金/「第 38 回青葉能」チケットお持ちの方は無料。お持ちでない方は 1,000 円。 ※全席自由席

 

開催日2019年2月17日(日)14:00開演(13:30開場)
開催場所青葉の森公園芸術文化ホール
住所千葉市中央区青葉町977-1
交通・京成千原線「千葉寺駅」より徒歩約15分 ・JR千葉駅東口よりバス利用(2番のりば)「ハーモニープラザ」下車、徒歩8分 ・JR蘇我駅東口よりバス利用(2番のりば)「芸術文化ホール前」下車、徒歩5分
料金全席指定 SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円 ※18歳以下全席2,000円引き ※就学前のお子様のご入場はご遠慮下さい
主催者青葉の森公園芸術文化ホール
お問合せ043-266-3511(青葉の森公園芸術文化ホール:9時~17時、月曜休館)
申込方法★チケット取扱所★ 【窓口】 青葉の森公園芸術文化ホール 043-266-3511 10時~17時 月曜休館 千葉市文化センター  043-224-8211   千葉市民会館  043-224-2431  千葉市若葉文化ホール 043-237-1911 千葉市男女共同参画センター 043-209-8771     千葉市美浜文化ホール 043-270-5619 【電話】 青葉の森公園芸術文化ホール  043-266-3511 10時~17時 月曜休館 【インターネット】 青葉の森公園芸術文化ホール http://www.aobageibun.com ※詳しくは下記ホームページをご覧ください。
フリーマーケット@千葉ポートパーク<1/20(日)・2/17(日)・3/17(日)>
毎月第3日曜日にポートパーク前広場で大々的に開催されている「千葉deフリマ」は、千葉県内外から多くのお客さんと出店者が詰めかけ、毎月大にぎわいです。

不要になったものを捨てるのではなく、必要と思っていただけるお客さんに譲ることで、楽しみながらエコに協力できる環境活動しての一面も持っています。
寒い時期ではありますが、朝早くから足を運べば掘り出し物も見つかるかもしれませんよ♪
どうぞ暖かい服装でお越しください。

 

開催日2019年1月20日(日)・2月17日(日)・3月17日(日)9:00~15:00
開催場所千葉ポートパーク(千葉ポートタワー前広場)
住所千葉市中央区中央港1
交通【電車・バスで】 千葉都市モノレール・JR「千葉みなと駅」から 徒歩約12分 JR「千葉駅」西口26番のりばから、小湊バス「千葉みなとループバス」で終点下車 【車で】 東京方面から:東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分、または京葉道路「幕張IC」より約20分 成田方面から:東関東自動車道「湾岸千葉IC」より約15分 房総方面から:京葉道路「松ヶ丘IC」より約15分、または東金道路「千葉東IC」より約15分 ※千葉ポートパークに無料駐車場(約240台収容)あり
主催者千葉ポートタワー
お問合せ043‐241‐0125
サル山でたき火&焼き芋タイム!@千葉市動物公園<2/10(日)・17(日)・24(日)>
千葉市動物公園では、サル山の中でたき火を行い、その中で焼いたアツアツの焼き芋をサルに提供する「サル山でたき火&焼き芋タイム!」を開催します。
飼育担当者の解説を聞きながら、サルたちがたき火を見てどのような反応を示すのか、また、アツアツの焼き芋をどのようにして食べるのかなどの様子をご覧ください。

また今年は、サル山付近で来園者向けの焼き芋販売も行います!
1個400円~ 無くなり次第終了

★現在30頭のニホンザル(ホンドザル)を飼育しており、冬の寒い季節は暖を取るために数頭で身を寄せ合って過ごしています。

※画像は千葉市動物公園より許可を得て掲載しています。

 

開催日2019年2月10日(日)・17(日)・24(日) 各日10:30~12:00 ※雨天、強風等の場合は中止となります。
開催場所千葉市動物公園内 モンキーゾーン ニホンザル展示場 サル山
住所千葉市若葉区源町280
交通千葉モノレール「動物公園駅」下車
料金入園料:大人(高校生以上)700円 中学生以下無料
主催者千葉市動物公園
お問合せ043-252-1111
2月
19
花のひな祭り@三陽メディアフラワーミュージアム<2/19(火)~3/3(日)>
春を告げる花々が芽吹き始め、心弾む季節がもうすぐそこに。
”花のおひなさま”が皆様をお出迎えする館内では、窓から差し込む柔らかな光を浴び、チューリップやスイセン、プリムラなど春の花々がいっぱい、一足早い、春まっさかりです。
3月3日(日)はひな祭りにちなみ、女性限定先着100人にプチプレゼント!

 

開催日2019年2月19日(火)~3月3日(日) 休館日:月曜(月曜が休日の場合は翌日)
開催場所三陽メディアフラワーミュージアム
住所千葉市美浜区高浜7-2-4
交通・JR「稲毛駅」西口2番線バスのりばより、海浜交通バス「海浜公園プール行」で「花の美術館」下車、または「高浜車庫行」で終点下車徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口2番線バスのりばより、海浜交通バス「海浜公園入口行」で終点下車徒歩5分 ・京成電鉄「京成稲毛駅」より徒歩10分の「京成稲毛駅入口」バス停から、海浜交通バス「海浜公園プール行き」で「花の美術館」下車、または「高浜車庫行き」で終点下車徒歩5分
料金入館料:大人300円 小・中学生150円 ※65歳以上は入館料無料(入館時に生年月日が確認できる公的機関発行の証明書をご提示ください)
主催者三陽メディアフラワーミュージアム
お問合せTEL:043-277‐8776
2月
21
木曜名画座「いとこ同志」@千葉市生涯学習センター<2/21(木)>
もう一度見たい 懐かしいあの映画 !!
よみがえる思い出とともに、じっくりお楽しみください。

等身大で、剥き出しの、青春の光と影。
1959 年、フランス、モノクロ

【監督】クロード・シャブロル
【出演】ジェラール・ブラン、ジャン=クロード・ブリアリ

 

開催日2019年2月21日(木)①10:00~11:50 ②14:00~15:50
開催場所千葉市生涯学習センター 2階ホール
住所千葉市中央区弁天町3‐7‐7
交通JR「千葉駅」より徒歩約8分
料金鑑賞無料
定員先着300人
主催者千葉市生涯学習センター
お問合せTEL:043-207-5820
2月
22
早春の盆栽作風展@千葉市都市緑化植物園<2/22(金)~24(日)>
今年も早春の盆栽作風展を開催します。
松柏など約25席の盆栽を展示します。苗の販売や盆栽相談も行います。
この機会にぜひ春を感じにいらっしゃいませんか。


※入園無料、駐車場無料ですが、展示会中は駐車場の混雑が予想されますので、公共の交通機関をご利用ください。

 

開催日2019年2月22日(金)~24日(日)10:00~15:00 
開催場所千葉市都市緑化植物園
住所千葉市中央区星久喜町278
交通・JR「千葉駅」より12番バスのりば「矢作経由 蘇我駅東口」行き、「北星久喜」下車、徒歩5分 ・JR「蘇我駅」より2番バスのりば「矢作経由千葉駅」行き、「緑化植物園入口」下車、徒歩5分
料金入園無料
主催者千葉市盆栽同好会
お問合せ千葉市都市緑化植物園 TEL:043-264-9559 FAX:043-265-6088
2月
23
春の展示 明治150年記念事業 千葉の鉄道物語ー線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」ー@県立中央博物館<2/23(土)~6/2(日)>
明治27年(1894)に千葉県に初めて鉄道が通りました。首都と線路でつながった千葉県は、気軽に訪れることのできる観光地として、あるいはベッドタウンとして、人々の活力を養ってきました。また、平成30年度は、明治150年という節目にあたります。本展示ではわが国の社会・産業・文化の近代化を支えた鉄道に焦点をあてます。実物資料・書籍・絵葉書・古写真・模型などを用いて、鉄道の発達とそれに伴う千葉県の社会・世相の変化について紹介します。

【関連行事】
◆記念講演会
講師:山本志乃 (旅の文化研究所 研究主幹) 
テーマ:「鉄道と行商ー消えゆく「カンカン部隊」を追ってー」
日時:2019年3月17日(日) 13:30~
会場:中央博物館1階講堂
定員:150名、当日先着順
参加費:無料

◆講演会(千葉県立中央図書館と共同開催)
講師:野村典彦(千葉大学非常勤講師)
テーマ:「千葉の伝承と鉄道」
日時:2019年3月10日(日) 13:30~
会場:中央博物館1階講堂
定員:150名 当日先着順
参加費:無料

◆チーバくんと鉄道クイズ
日時:2019年3月24日(日) 15:00~
会場:中央博物館1階講堂

◆ミュージアム・トーク
日時:2019年2月24日(日)、3月3日(日)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、21日(木・祝)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)各日とも11:00〜、14:30〜の2回開催 
会場:中央博物館2階 ホール集合 

 

開催日2019年2月23日(土)〜6月2日(日)9:00〜16:30(入館16:00まで) ※月曜休館(ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)開館、5月7日(火)は休館)
開催場所千葉県立中央博物館 本館第1企画展
住所千葉市中央区青葉町 955-2
交通・JR「千葉駅」東口から7番バス利用「中央博物館」で下車、徒歩約7分 ・JR「蘇我駅」東口から2番バス利用「中央博物館」で下車、徒歩約7分 ・京成電鉄「京成千葉寺」駅から徒歩約15分、または、1番バス利用「中央博物館」で下車、徒歩約7分 ・車をご利用の場合「青葉の森公園北口駐車場」(有料)が便利です
料金一般300円(240円)、高校生・大学生150円(120円)、中学生以下・65歳以上・障害者手帳等をお持ちの方は無料  ※( )内は20名以上の団体料金
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043‐265‐3111
ダイヤモンド富士&工場夜景撮影会・写真教室@千葉ポートタワー<2/23(土)~25(月)>
~富士山頂に太陽が重なる、自然が起こす神秘の絶景、そして千葉市が誇る「琥珀色の夜景」~

太陽が富士山頂付近から昇る、または沈む瞬間に、太陽の光がまるでダイヤモンドのような輝きをみせる自然の光景を「ダイヤモンド富士」といいます。
人工海浜の長さが日本一の千葉市では、毎日少しずつ移動すれば、ダイヤモンド富士を「海越しの富士山(東京湾をはさんで見える富士山)」として、毎年10月と2月の約10日間、観賞することができます。

千葉市の臨海部には、日本有数の貨物取扱量を誇る千葉港に沿って工場や食品コンビナートなどの集積があり、夜になると、京葉工業地域の工場夜景を楽しむことができます。
千葉市は「全国工場夜景都市協議会」に加盟しており、「日本10大工場夜景」に名を連ねています。

この2月、千葉みなとエリアでダイヤモンド富士を観賞できるベストなタイミングで、プロ写真家・早坂卓氏を講師に迎え千葉ポートタワーで写真教室&撮影会を開催!
屋上の展望デッキをこのプランのために特別開放します。

【2月23日(土)】夕日&工場夜景、
【2月24日(日)・25日(月)】ダイヤモンド富士&工場夜景

 

開催日2019年2月23日(土)~25日(月)15:00~17:30 ※雨天中止(曇天実施)
開催場所千葉ポートタワー
住所千葉市中央区中央港1
交通・JR京葉線/千葉都市モノレール「千葉みなと駅」から徒歩12分 ・JR「千葉駅」西口26番バス利用(千葉みなとループバス”タワーコース”)終点下車
料金3500円(ワンドリンク付き、タワー入館料は別途必要※入館料:大人420円 小中学生200円)
定員各10人(申込順)※最少催行人数1人
持ち物一眼レフカメラ、200mm以上の望遠レンズ、三脚、レリーズ(又はリモコン)
主催者千葉ポートタワー
お問合せTEL:043-241-0125(9:00~18:00)
申込方法電話またはメール:info@chiba-porttower.com  受付は開催日の前日18:00まで
消防音楽隊 バレンタインコンサート@千葉市文化センター<2/23(土)>
普段は、消防隊・救急隊・火災予防などの仕事をしている44名の消防士が、音楽隊の制服に着替え市民と消防の「音の架け橋」として消防広報及び演奏活動を実施しています。今回は「バレンタインコンサート」を開催します!性別の制限などはないため、どなたでも楽しめるコンサートです!Let it go(アナと雪の女王)、ユーミン・ポートレートなど皆さんに親しみのある曲も演奏予定です。ぜひお楽しみに♪

 

開催日2019年2月23日(土)10:30~11:30
開催場所千葉市文化センター
住所千葉市中央区中央2-5-1
交通・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩約3分 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」より徒歩約7分 ・JR「千葉駅」より徒歩約10分
料金無料
定員先着493人
主催者千葉市消防局
申込方法メール・電話・FAXにより受付 千葉市役所コールセンター ・E-mail:event@callcenter-chibacity.jp ・TEL:043-245-4894 ・FAX:043-248-4894 ※件名に「消防音楽隊バレンタインコンサート」、本文に「代表者名」「人数」を記載して下さい。
ワークショップ祭@千葉市科学館<2/23(土)・24(日)>
さまざまな実験や工作が体験できるお祭りを開催!

【2/23(土)開催ブース】
■7F
サイエンスアート広場
 ブース1 ちば生きもの科学クラブブース
 ① カメのこうらパズルにチャレンジ!
 ブース2 
 ② ビーズ de ピクセル
■8F
ワークショップターミナル
 ③ マジックスクリーン
コマ撮りカウンター
 ④おたのしみブース
■9F
ワークショップターミナル
 ⑤ぱたぱたカード
シルバーカウンター
 ⑥吹きごま
ものづくり工房
 海の学びミュージアムサポート
 ⑦モバイル顕微鏡で生きもの観察
■10F
ワークショップカウンター
 ⑧手のりブーメラン

【2/24(日)開催ブース】
■7F
サイエンスアート広場
 ブース1 ちば生きもの科学クラブブース
 ① カメのこうらパズルにチャレンジ
 ブース2 
 ⑨ 折り染め
■8F
ワークショップターミナル
 ③ マジックスクリーン
コマ撮りカウンター
 ④おたのしみブース
■9F
ワークショップターミナル
 ⑩蓄光タグ
シルバーカウンター
 ⑪クランクカード
ものづくり工房
 海の学びミュージアムサポート
 ⑦モバイル顕微鏡で生きもの観察
■10F
ワークショップカウンター
 ⑫簡単マイルーペ

※定員など詳しい内容は下記URLをご覧ください。 

 

開催日2019年2月23日(土)・24日(日)10:00~16:00※最終受付15:30
開催場所千葉市科学館 7~10階各所(きぼーる内)
住所千葉市中央区中央4‐5‐1 きぼーる
交通・JR「千葉駅」東口から徒歩15分 ・JR「千葉駅」東口から7番バス利用「中央三丁目」下車、または16番c-busバス利用「きぼーる前」下車 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」から徒歩6分 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」から徒歩5分
料金参加費100円(4回分) ※要入館料(常設展示:大人510円、高校生300円、小・中学生100円)
定員材料がなくなり次第終了
対象どなたでも
主催者千葉市科学館
お問合せTEL:043‐308-0511
申込方法・未就学児は保護者同伴でご参加ください ・当日、7階特設受付にて参加費100円をお支払いいただき、コイン(参加当日限り有効)をお受け取りください※未使用のコインの払い戻しは致しません ・常設展チケット、メンバーズカード、常設フリーパスのいずれかををご提示で1回無料で体験できます※メンバーズカードのポイント付与対象外です
市民感謝デー@千葉市地方卸売市場<2/9・23(土)>
2月のお客様感謝デーは2/9・23(土)です。

★ポケットカレンダー(名刺サイズ)差し上げています★
市場水産棟の休市記載のカレンダーです!
便利~って好評なのでなくなり次第終了になります。
仲卸店で「ポケットカレンダーくださーい」っといってくださいね!

毎月第2・4土曜日<休市日を除く>は千葉市地方卸売市場 の「市民感謝デー」 です。
新鮮な旬の味覚が豊富です。
市場ならではの雰囲気と活気の中でお買い物をお楽しみください。
暖かい服装と滑りにくい靴などでお越しくださいね。
みなさまのご来場をおまちしております。

 

開催日2019年2月9日・23日(土)8:00~12:00 ※水産は10:30まで
開催場所千葉市地方卸売市場
住所千葉市美浜区高浜2-2-1 
交通・JR総武線「稲毛駅」/京成線「京成稲毛駅」/JR京葉線「稲毛海岸駅」より千葉海浜バス「高浜車庫」または「海浜公園入口」で下車、徒歩約7分 ・無料駐車場完備 AゲートまたはCゲートより入場し「臨時入場許可証」をお受け取りください
主催者千葉市地方卸売市場
お問合せ043-248-3200
第48回千葉市民芸術文化祭<2/23(土)~3/31(日)>
春の訪れと共に始まる「千葉市民芸術祭」。
千葉市民芸術祭は、芸術・文化の振興と普及のため、毎年開催されている芸術の祭典です。
茶道華道・音楽・文芸・伝統芸能・演劇・美術の6分野で、文化連盟加盟団体による15行事が行われます。また、今年は協賛事業として「ちば映画祭」も開催されます。

【開幕式典】
芸術祭のすべてのイベントを、映像を交えて紹介。中学生・高校生が参加する活気あふれる記念公演を行います。
・日時 2月23日(土)13:30開式
・会場 千葉市生涯学習センター ホール

【第50回記念千葉市民美術展覧会(市展)】
市美術協会会員および公募入選作品約1000点を7部門に分けて展示します。
・日時 3月9日(土)~29日(金)10:00~18:00※(金)(土)は20:00まで、29日(金)は17:00まで
・会場 千葉市美術館1・8・9・11階

【第10回ちば映画祭】
県内初上映の注目の若手監督の作品を上映します。
・日時 前夜祭3月29日(金)13:00開演 本祭3月30日(土)~31日(日)11:00開演
・会場 千葉市生涯学習センター
・料金 前夜祭は一部無料 本祭は有料※高校生以下は入場無料(要学生証提示)

ここでは一部のイベントをご紹介しました。
その他のイベントは、下記URLから詳細をご覧ください。
   

 

開催日2019年2月23日(土)~3月31日(日)
開催場所イベントにより異なる(下記URLからご確認ください)
料金料金や申込方法の記載がないものは、入場自由・無料
主催者千葉市文化連盟事務局(千葉市文化振興財団内)
お問合せTEL:043-221-2411
2月
24
第25回ちば県民合唱団定期演奏会 モーツァルト 「大ミサ曲」@千葉県文化会館<2/24(日)>
◆第25回ちば県民合唱団定期演奏会モーツァルト「大ミサ曲」◆


♪演奏曲目♪
モーツァルト作曲/交響曲第41番「ジュピター」・「大ミサ曲」KV427

<指揮>現田茂夫
<ソリスト>小玉友里花(ソプラノ1)・石田滉(ソプラノ2)・持齋寛匡(テノール)・河野陽介(バス)
<管弦楽>千葉交響楽団
<合唱>ちば県民合唱団
<合唱指揮>大津康平(千葉県合唱連盟理事)
<練習ピアニスト>柳井和泉・塩澤景子

 

開催日2019年2月24日(日) 開演時間14:00開演(13:30開場) 
開催場所千葉県文化会館 大ホール
住所千葉市中央区市場町11-2
交通・JR・京成電鉄「千葉駅」前バスターミナル7番のりばから、京成バス「千葉大学病院」行きまたは「南矢作」行き(千03、千03-1、千04)で「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩2分 ・千葉都市モノレール「県庁前駅」より徒歩7分 ・JR「本千葉駅」より徒歩10分
料金全席自由 3,000円(税込)
主催者公益財団法人 千葉県文化振興財団
お問合せ千葉県文化会館 TEL:043-222-0201
申込方法・千葉県文化会館 TEL:043-222-0201 ・千葉県東総文化会館 TEL:0479-64-2001 ・インターネット予約http://www.cbs.or.jp/
2月
26
第360回アトリウムコンサート@幕張テクノガーデン<2/26(火)>
ツインタワーの中心に位置し、幾何学なトラスがひときわ印象深いアトリウム。ここは、充実した開放感あふれるインナーガーデンです。

そこで定期的に行われる「アトリウムコンサート」。
今回は「NOBU-ZEMI DIPLÔMÉ 」さんによる演奏です。

午後のひととき、美しいメロディーと共にお過ごしください。

【演奏者】「NOBU-ZEMI DIPLÔMÉ 」
西村 麻衣 [サクソフォーン]
竹下 文子 [ピアノ]
【曲目】
♪ビゼー作曲 ボルヌ編曲 : カルメン幻想曲
♪モーリス作曲 : プロヴァンスの風景
♪ドビュッシー作曲 : ベルガマスク組曲より 前奏曲、パスピエ

 

開催日2019年2月26日(火)12:10~12:50
開催場所幕張テクノガーデンアトリウム、2階喫茶コーナー
住所千葉市美浜区中瀬1‐3
交通JR「海浜幕張駅」北口から徒歩約3分
料金観賞無料
主催者幕張テクノガーデン
お問合せTEL:043‐296‐8111
体操&ハーブで 冬のボディケア教室@幕張海浜公園<2/26(火)・27(水)>
「ゆる健康体操」と「やさしいヨガ」
2種類の体操教室であたたかボディケア♪

ハーブティーやハーブグッズのプレゼントもあり、リラックス&リフレッシュ間違いなし!
運動不足や冬の寒さにお悩みの方に おすすめの講座です(*^_^*)

◆ 講座紹介 2種類の体操教室から講座をお選び頂けます♪(1回完結の単発講座)

「ゆる健康体操」2/26(火)14:00~15:30
体への負担が少なくらく~に体をゆるめほぐす体操
講師:尾井はるみ(鍼灸師、ゆる健康体操インストラクター)

「やさしいヨガ」2/27(水)10:00~11:30または13:30~15:00
心と体のリラックス♪ 初心者向けのヨガ教室
講師:高橋奈穂(スポーツメガロスヨーガインストラクタープロ養成)

上記のスケジュールからご希望の講座をお選び下さい。
(※お申込みはお電話にて受付中)

★ 参加者特典 ★
(1) 公園の自然素材を使ったハーブグッズプレゼント!
  (フットバスハーブ または ハーブ石けん)
(2) レッスン後はハーブティーでリラックスタイム ♪
  (先生へのご質問もお気軽にどうぞ!)

 

開催日2019年2月26日(火)14:00~15:30・27日(水)10:00~11:30または13:30~15:00  
開催場所幕張海浜公園パークセンター
住所千葉市美浜区ひび野2-116
交通JR「海浜幕張駅」南口より徒歩約10分
料金参加費:1,500円/1講座(消費税込み)  まとめてお得:ゆる健康体操・やさしいヨガ合わせて2,500円 ※お休みされた場合の返金はございません。
定員15人(先着順・要事前申込)
持ち物タオル、飲物 ※動きやすい服装でお越しください。
主催者県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ(パークセンター)
お問合せお申込み:県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ(パークセンター)TEL:043-296-0126
申込方法事前にお電話にてお申し込みください。
2月
28
子安神社「湯立ての神事」<2/28(木)>
湯立ての神事は室町時代を起源とする祭りで、大釜に熊笹を浸した湯を参拝者に振り掛け、一年の無病息災を願います。
湯に浸した笹は、家内安全御守護になりますので神棚におまつりして下さい。

15:00~湯立ての神事

 

開催日2019年2月28日(木) 15:00~
開催場所子安神社 
住所千葉県千葉市花見川区畑町2093
交通検見川駅出口から徒歩約26分 新検見川駅西口出口から徒歩約26分 幕張駅北口出口から徒歩約30分
主催者子安神社
お問合せ043-271-7652

お店のニュースTwitter

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-10-16
曇り
20/16
明日
2019-10-17
曇り
/

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真