文字サイズ

イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
スペインの現代写実絵画ーMEAM@ホキ美術館<5/17(金)~9/1(日)>
日本初公開!
ホキ美術館では、このたび5月17日(金)より、初めて海外の美術館の作品59点を紹介する企画展「スペインの現代写実絵画」を開催いたします。本展はバルセロナに2011年に開館以来、積極的に現代の具象作品(フィギュアティブ・アート)の展示を行っているヨーロッパ近代美術館(MEAM)のコレクションを紹介するものです。MEAMは国際的な作品を扱っていますが、今回は30代から70代までの現在活躍するスペイン作家の作品をご紹介します。また展覧会に併せ6、7名の作家が来日いたします。この機会に、ぜひスペインの現代の写実絵画をご高覧ください。

 

開催日2019年5月17日(金)~9月1日(日)10:00~17:30(入館は閉館の30分前まで)
開催場所ホキ美術館
住所千葉市緑区あすみが丘東3-15
交通JR外房線「土気駅」下車 南口3番バスのりばより「あすみが丘ブランニューモール行き」で「あすみが丘東4丁目」下車すぐ(乗車5分) ※東京より70分
料金一般:1,800円/大・高校生・65歳以上:1,300円/中学生:900円/小学生以下は無料(ただし、保護者1人につき小学生2人まで)
主催者ホキ美術館
お問合せTEL:043-205-1500
没後60年 北大路魯山人 古典復興ー現代陶芸をひらくー@千葉市美術館<7/2(火)~8/25(日)>
京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動していました。
1915(大正4)年に初めて作陶を体験し、30代終わりの22年、生来の食に対する関心から「料理の着物」としてのやきものの制作に向かいます。それは単なる食器づくりではありませんでした。彼は中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とするわが国の伝統に触れ、一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となりました。その活動はまさに「『美』を食す人」と形容できるものです。かつて中国大陸や朝鮮半島からもたらされ日本人によって守り伝えられたやきもの、日本で生み出された素朴なやきものからあざやかな色絵まで、長い年月をかけてこの国に積み重ねられたやきもののさまざまな美をすくい上げた魯山人の制作はともすれば生前から好悪さまざまな評価にさらされましたが、絶えず同時代の陶芸家たちを触発しました。彼が生涯にわたって世に送り出したやきものは膨大な点数にのぼります。

本展覧会では北大路魯山人ゆかりの名料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、川喜田半泥子(1878-1963)、石黒宗麿(1893-1968)、荒川豊蔵(1894-1985)から八木一夫(1918-1979)にいたる同時代の陶芸家たちの作品に加え、彼らが学んだ中国大陸、朝鮮半島そして日本の古陶磁もあわせて展示し、昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を見つめます。              

※会期中一部展示替えを行います

■講演会「私と古陶磁」事前申込制
【講師】十四代今泉今右衛門(陶芸作家、重要無形文化財「色絵磁器」保持者)
7月21日(日)14:00~(13:30開場予定) /11階講堂にて
定員150名/聴講無料
申込締切:7月10日(水)必着

■講演会「近代のアウトサイダーたち−川喜田半泥子、北大路魯山人、青山二郎」
【講師】森孝一(美術評論家)
8月3日(土)14:00~(13:30 開場予定) /11階講堂にて
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴請無料

■ワークショップ 「魯山人にならう~金継ぎでアクセサリーづくり~」事前申込制
【講師】柳澤綾佳(グラフィックデザイナー)
8月4日(日)13:30より / 11 階講堂にて
定員20名(対象:中学生以上)/参加費1,000円(材料代込み)
申込締切:7月24日(水)必着

※講演会、ワークショップにつきましては下記URLよりお申込みください。

 

開催日2019年7月2日(火)~8月25日(日)10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場受付は閉館30分前まで。8月5日休館 
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般1,200円(960円)、大学生700円(560円)、小・中学生、高校生無料、および障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料、( )内は前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
主催者千葉市美術館、日本経済新聞社
お問合せTEL:043‐221-2311
申込方法※前売券はローソンチケット(Lコード:33202)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月1日まで販売(7月2日以降は当日券販売)
粋な大人のバー・ラウンジめぐり2019@幕張新都心周辺ホテル・幕張ブルワリー<7/12(金)~8/10(土)>
幕張新都心6ホテルとブルワリーで粋な大人時間を過ごしていただく夏企画

粋な大人のバー・ラウンジめぐり限定の”オリジナルドリンクや厳選フード”を堪能しながら暑い夏を涼しく粋に過ごしませんか?

バー・ラウンジやブルワリーをめぐってスタンプラリーのスタンプを貯めたら、幕張メッセで8/9(金)・8/10(土)に開催される「マクハリ的粋祭り2019」へお越しください。スタンプの数に応じて美味しい特典をご用意しております。

※各ホテルのバー・ラウンジ&幕張ブルワリーの「スペシャルメニュー」や「特別価格」等の詳細は、下記URLのWEBサイト又は千葉市観光情報センター(海浜幕張駅構内・千葉駅前)に設置のチラシをご覧ください

 

開催日2019年7月12日(金)~8月10日(土) 一部除外日あり
開催場所幕張新都心周辺ホテル・幕張ブルーワリー
交通JR京葉線「海浜幕張」駅下車
料金店舗により異なる
主催者幕張新都心ホテル協議会/株式会社幕張メッセ/公益財団法人ちば国際コンベンションビューロー 後援:千葉市
お問合せ info@m-enquete.com
申込方法1. 実施店舗にて参加券(スタンプラリーカード)を入手  入店時に「粋な大人のバー・ラウンジめぐり」参加の旨、お伝えください。  ※参加券はホームページからもダウンロード可 2. お食事やドリンクをお楽しみいただき、会計時にスタンプを押印 (1つのホテルごとにスタンプ1個) 3. スタンプ3個以上集めて、幕張メッセで開催される「マクハリ的粋祭り2019」にご来場 4. 参加券と引き換えに美味しい特典をプレゼント ■開催期間中プレミアムフライデー(7/26・金)にスタンプラリーに参加した方には、   追加でスタンプを1個プレゼント(1店舗のみに限ります)
あつまれ!夏の子どもたち@三陽メディアフラワーミュージアム<7/13(土)~9/1(日)>
~あつまれ!夏の子どもたち~
夏は子どもたちの季節。大人だって子どもと一緒にワイワイドキドキ。遊びと冒険がいっぱいの思い出をつくろう!

●夏休み体験教室:工作バイキング
7/24(水)~7/27(土)、8/21(水)~8/24(土)11:00~15:00
料金:300円 定員:各日先着20人
●子どもアドベンチャーゲーム
7/13(土)~9/1(日)  料金:100円
●植物企画
「つる植物展」7/13(土)~9/8(日)
「食虫植物展」7/30(土)~8/4(日)

☆アトリウムフラワーガーデン☆
「たんけん宝島」~不思議な島に漂着!何が待ち受けているか?さあ、探検の始まりだ!~

 

開催日2019年7月13日(土)~9月1日(日)  
開催場所三陽メディアフラワーミュージアム 開館時間9:30~17:00
住所千葉市美浜区高浜7-2-4
交通・JR「稲毛駅」西口より海浜交通バス、2番のりば「海浜公園プール」行き、「花の美術館」下車、または「高浜車庫」行きで終点下車徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口より海浜交通バス、2番のりば「海浜公園入口」行き、終点下車徒歩5分
料金【入館料】大人300円、小・中学生150円(団体割引あり)※体験教室は別途それぞれ料金がかかります。
主催者三陽メディアフラワーミュージアム
お問合せ三陽メディアフラワーミュージアム TEL:043-277-8776 ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
申込方法■企画展示■ ・花とリボンのときめきビューティフルタイム 7/2(火)~7/7(日) ・押し花展「花・満開」 7/9(火)~7/15(月) ・写真展「明峰富士に魅せられて」 7/17(水)~7/21(日) ・写真展「花と風景」 7/23(火)~7/28(日)
千葉県立中央博物館 開館30周年 企画展「ほにゅうるい」<7/13(土)~9/23(月・祝)>
令和元年度の企画展のテーマは「ほにゅうるい」。 身近な動物たち、動物園の人気者、ちょっと変わった珍獣まで、世界・日本・千葉県に生息する 多様なほ乳類のはく製やホネを展示して、ほ乳類のかたちのふしぎや暮らし方を紹介します。

◆「ほにゅうるい」大集合!
・ 世界の珍獣、動物園の人気者、身近な種が、第1企画展示室に大集合!
◆千葉にきた幻の「ツノシマクジラ」
・幻のツノシマクジラを公開  
◆くらべてみよう「ほにゅうるい」
・第2企画展示室では、さわれるものを展示します。
◆ほ乳類研究の最前線
・クジラの仲間はカバ?
・イッカクの全身骨格を展示
◆どうなっているの? 千葉県のほ乳類  
・千葉県のほ乳類の外来種、絶滅危惧種を紹介します
◆星野道夫さんミニ写真展
・動物写真家の星野道夫さんが撮影した北アメリカの自然に暮らすほ乳類の姿を、写真を通して伝えます。

★番外編★ 博物館の舞台裏
博物館の舞台裏を各所で紹介します

※この他にも、講演会やイベントなどが数多く開催されます。詳細は下記URLでご確認ください。

 

開催日2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
開催場所千葉県立中央博物館
住所千葉市中央区青葉町955-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分
料金一般500円(400円)、高校生・大学生250円(200円)、中学生以下・65歳以上の方・障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043-265-3111
申込方法特別講演会、関連イベントへの参加方法や参加費など、詳細は下記URLでご確認ください。
千葉の新進作家 vol.1 志村信裕 − 残照 −@千葉県立美術館<7/13(土)~9/23(月・祝)>
~千葉からはばたく新世代アート~
映像インスタレーションを国内外で多数発表している現代美術家・志村信裕の作品展示。
木漏れ日、花火、川の水面を漂う光など、光や色彩の感覚を全身で感じることのできる作品を紹介します。
日用品や動物など、誰にとっても親しみやすいものをモチーフにした作品を体感してみませんか。

 

開催日2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
開催場所千葉県立美術館 第1・2・8展示室
住所千葉市中央区中央港1‐10‐1
交通・JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約10分 ・JR総武線「千葉駅」西口よりバス、26番のりば「千葉みなとループバス タワーコース、千葉ポートタワー」行きで、「県立美術館入口(千葉みなとリハビリ病院)」下車、徒歩3分
料金<志村信裕展・夏のアート・コレクション共通>一般300円、高・大生150円、65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
主催者千葉県立美術館
お問合せ千葉県立美術館 普及課 TEL:043‐242-8311
多彩なアトラクション!稲毛海浜公園プール<7/13(土)~9/1(日)>
毎年、夏になると県内外から大勢の人々で賑わう、千葉市の「稲毛海浜公園プール」が、今年は7月13日(土)にオープンします!

稲毛海浜公園プールには、バラエティ豊かなプールとスライダーがあり、小さなお子さまから大人まで、夏の一日を満喫することができます。日除けのパラソル付きのテーブルとベンチがある「プライベートスペース」や流水プールでのゴムボート貸出もあります(有料・先着順受付)。

今年もビル4階相当の高さがあるジャイアントスライダー”THE絶叫”などのアトラクションがあります。
売店のメニューも一新!

【運営者からのお知らせ】
ウォータースライダーおよび三連式スライダーは、設備の老朽化により安全な利用に支障をきたす恐れがあることから、今期は使用できません。また、いなげの浜海水浴場全面改修に伴い、浜との行き来が行えません。利用者の方々には、ご迷惑をおかけし 申し訳ございません。

 

開催日2019年7月13日(土)〜9月1日(日)9:00~17:00 ※入園は16:00まで ※屋内プールは老朽化に伴い休止
開催場所稲毛海浜公園プール
住所千葉市美浜区高浜7-1-1
交通・JR「稲毛駅」西口2番バスのりばより、海浜交通バス「海浜公園プール行き」で終点下車、または「高浜車庫行き」で終点下車、徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口2番バスのりばより、海浜交通バス「海浜公園入口行き」で終点下車、徒歩5分 (開園中の土・日・祝日および8月14日、15日は「海浜公園プール行き」臨時急行便を運行) ・京成電鉄「京成稲毛駅」より徒歩10分の「京成稲毛駅入口」バス停から、海浜交通バス「海浜公園プール行き」で終点下車、または「高浜車庫行き」で終点下車、徒歩5分 ※バス時刻表:千葉海浜交通株式会社 http://www.kaihin-bus.co.jp/p010100.php 【プール駐車場の混雑について】 プール開園期間中(特に土日祝、お盆時期)は駐車場が大変混み合い、入場まで長時間お待ちいただくことがあります。そのため、この時期は公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。
料金プール入場料:一般1,100円(990円)、高校生800円(720円)、小・中学生400円(360円)、4歳以上200円(180円)※高校生・中学生は生徒手帳(学生証)を必ずお持ちください※カッコ内は早割券の料金(早割券販売期間8月9日まで)
主催者(株)ワールドパーク
お問合せTEL:043-247-2771
申込方法<プール> 前売券について ・早割券販売   期間:6月1日(土)~8月9日(金)まで  上記料金欄のカッコ内の料金でご購入できます。 ・通常前売券   期間:8月10日(土)~8月30日(金)  通常料金での購入となります。 ※コンビニ各店で購入できます。
豊福亮「パラチバ」@千葉市美術館<7/13(土)~8/25(日)>
道を作り、夢の家やお城を建てて、パラレル・チバタウンを作りだそう!

パラチバは、様々なもので作られていく街です。住民の人形がいて、プラレールの線路がのび、道路にはおもちゃの車が走って…どんどん成長していきます。

千葉市美術館リニューアルの新施設「つくりかけラボ」のプレ企画として、1階プロジェクトルームにおいて、豊福亮(とよふく りょう)による「パラチバ」プロジェクトを開催します。今回のプロジェクトでは、地域の方々と共に、美術館の中にパラレル・チバタウンを作り出します。道路や線路が伸び、不思議な乗り物がかけめぐる街。お城や夢の家には、どんな人が住んでいるでしょうか。どんどん成長していくパラチバの完成形は、誰にも予想できません。

豊福 亮 (とよふく りょう)
1976年生まれ、千葉県在住。美術に関わる人材の育成に取り組む一方、芸術祭を中心として自身の作品を展開。自身の作品を発展させたものや、その地域の自然と触れ合い、交流を深めながら制作を行うものなど、様々な内容を展開している。

◆公開制作◆
7月13日(土)、7月14日(日)、7月15日(月・祝)
作家滞在時間:各日10:00~12:00、14:00~16:00 ※滞在時間は変更する場合があります
本展出品作家の豊福亮による、パラチバ制作の現場をご覧いただけます
(進行状況により、制作にもご参加いただけます)。

◆オープンワークショプ◆
会期中、「パラチバ」づくりに参加できるオープンワークショップを開催します(事前申込不要)。様々なイメージが展示空間に付け加えられることで、「パラチバ」の風景は、実際の街のように少しずつ変化していきます。

◇ワークショップ①「パラチバもりあげ隊☆」
日時:7月16日(火)以降、会期中いつでも
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
パラチバに住まわせたいモノやつけ加えたいモノをみんなで持ち寄って、 街をどんどんもり上げていこう。
※危険物やなまものなど、展示素材として相応しくないものはご遠慮ください。お持ちいただいたものは返却できませんので、予めご了承ください。

◇ワークショップ②「あったらいいな設計図」
日時:7月16日(火)以降、会期中いつでも
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
「パラチバにこんな建物やあんなイベントがあったらいいな。」想像を広げながら、設計図を描いてみよう。きみの設計図が誰かの手によって現実になるかも!?

◇ワークショップ③「つくるのはおまかせあれ!」
7月21日(日)、7月28日(日)、8月10日(土)、8月11日(日)
開催時間:10:30~15:00(受付は14:00まで)
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
誰かが描いた設計図からアイデアを受け取り、地域から集められた様々な素材(木片、古布、人形、etc…)を使って、パラチバの街にすてきな建物や面白いイベントをつくり出そう!
※素材として使いたいものがあればお持ちください。

◆アーティストトーク◆
7月15日(月・祝)、8月24日(土)
各日14:00~
「パラチバ」の風景がどのように始まり、変化してきたか、出品作家の豊福亮がお話します。

◆高校生プログラム◆
先着順・事前申込制
美術館活動とアーティストの制作の現場に触れ、アートへの興味・関心を深めてもらうためのプログラムです。
豊福亮による来場者参加型展示プロジェクト「パラチバ」公開制作にあたり、制作スタッフとして関わってみたい方を募集します。

お申し込みについては下記HPよりお申込みください。

 

開催日2019年7月13日(土)~8月25日(日)10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場受付は閉館30分前まで。8月5日休館 
開催場所千葉市美術館1階プロジェクトルーム
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
夏の特別展「入門!きぼーる忍者道場~科学の力で修業の巻~」@千葉市科学館<7/13(土)~9/1(日)>
忍者の技や知恵には、科学の秘密がいっぱい!隠れ身の術、忍び足の術、天気を読む技、時を知る技など、今の私たちにも役立つものばかりです。きぼーる忍者道場で修行に励み、技と知識を身につけて、現代の忍者を目指そう!

《七方出(しちほうで)で逃げ切ろう》
・その場に合わせて変装してうまく逃げ切ろう
《忍者道具が登場》
・どんな道具を使っていたのか学ぼう
《木の葉隠れの術》
・科学の力で身を隠せ
《感覚をきたえよ》
・みる力、きく力を試す修行に挑戦

【クイズラリー】
館内をめぐってミッションに挑戦しよう!
※7階サイエンスアート広場からスタート

【関連イベント】
★秘密の文字『あぶり出し』実験
7/20(土)、21(日)、8/11(日)、12(月・祝) 11:00~12:00と14:00~15:00
忍者が使っていたといわれる「あぶり出し」に挑戦しよう!

★オリジナル三尺手ぬぐいを作ろう
8/18(日)、28(水)11:00~12:00と14:00~15:00
忍者の必須アイテム「三尺手ぬぐい」を飾りつけしよう。


※詳細は下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年7月13日(土)~9月1日(日)9:00~17:00
開催場所千葉市科学館、7階企画展示室
住所千葉市中央区中央4-5-1
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「きぼーる前」下車 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」より徒歩6分 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩5分
料金大人700円、高校生450円、小・中学生250円 ※未就学児(保護者同伴)無料
主催者千葉市科学館
お問合せ043-308-0511
申込方法下記の関連イベントは事前電話予約が必要です。 ★秘密の文字『あぶり出し』実験 7月1日(月)9:00~ ★オリジナル三尺手ぬぐいを作ろう 7月9日(火)9:00~ TEL:043-308-0517 ※先着順で受付、要特別展チケット
夏休みフェスタ2019@千葉ポートタワー<7/13(土)~8/25(日)>
ポートパークにそびえ立つ千葉の街と東京湾を一望するタワー。
デートスポットや撮影スポットとして、展望タワーならではの素敵な景色を楽しむことができます。

夏休みの期間、ポートタワーでは大人も子どもも楽しめるイベントが盛りだくさん!

◎主なイベントのご紹介◎
【ポートクイーン千葉オーディション2019】
7月13日(土)13:00~16:30

【千葉ポートタワーと観光船の共通パスの販売】
期間中の土曜・日曜・祝日 出航時間①11:30②13:30③14:30
大人1,000円 小・中学生500円 各便先着100人

【屋上オープンデッキ開放】
期間中の土曜・日曜・祝日15:00~19:00 ※荒天中止
要入館料

【千葉みなとフラダンスショー】
7月14日(日)13:00~ ケーズハーバー前

【子ども昆虫講座】
7月15日(月)10:00~11:30
1,000円(カブトムシ2匹付) 先着30組

【子ども縁日】
8月13日(火)~16日(金)11:00~15:00

その他のイベントは下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年7月13日(土)~8月25日(日)開館時間:9:00~21:00(最終入館20:30)
開催場所千葉ポートタワー
住所千葉市中央区中央港1
交通【電車・バスで】 ・JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約12分 ・JR総武線「千葉駅」西口よりバス、26番のりば「千葉みなとループバス タワーコース、千葉ポートタワー」行きで、終点下車 【車で】 東京方面から:東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分、または京葉道路「幕張IC」より約20分 成田方面から:東関東自動車道「湾岸千葉IC」より約15分 房総方面から:京葉道路「松ヶ丘IC」より約15分、または東金道路「千葉東IC」より約15分 ※千葉ポートパークに無料駐車場(約240台収容)あり
料金入館料:大人420円、小・中学生200円、小学生未満無料
主催者千葉ポートタワー
お問合せ043‐241-0125
8つの迷路王国@幕張メッセ<7/20(土)~9/1(日)>
日本最大級の迷路イベント!
この夏、「8つの迷路王国」を家族みんなで攻略しよう。

★マジックミラー迷路
イギリスの天才迷路デザイナーAdrian Fisher(エイドリアン・フィッシャー)がデザインした幻想的な迷路。
★レーザー迷路
全米で大人気!
★忍者迷路
様々な仕掛けが用意されているよ。
★チーバくん迷路
地元千葉県の地理が分かる。
★からだ迷路
迷路を体験することで、からだの仕組みがわかる!夏休みの子どもたちが、楽しみながら学習できるよ。
★恐竜迷路
★「不思議の国のアリス」迷路
★ふわふわ迷路

子どもから大人まで楽しめる、様々な8つの迷路が待っているよ~!

 

開催日2019年7月20日(土)~9月1日(日)9:30~16:30 ※最終入場16:00
開催場所幕張メッセ国際展示場、展示ホール11
住所千葉市美浜区中瀬2-1
交通【電車・バスで】 ・JR京葉線・武蔵野線「海浜幕張駅」南口より徒歩5分(東京駅から快速利用で約30分、蘇我駅から約12分) ・JR総武線・京成電鉄「幕張本郷駅」南口よりバス、1番のりば(京成バス)から「海浜幕張駅行き」で「海浜幕張駅」下車(約15分)、徒歩5分 または、「ZOZOマリンスタジアム/医療センター行き」で「タウンセンター」下車(約17分)、徒歩3分 または、「幕張メッセ中央行き」 で「幕張メッセ中央」下車(約17分)、徒歩1分 【車で】 東関東自動車道「湾岸習志野IC」(下り)、「湾岸千葉IC」(上り)、または、京葉道路「幕張IC」から約5分 ※幕張メッセ駐車場:1日1回1,000円、8:00~23:00(入庫は21:00まで)
料金大人(中学生以上)1,800円(前売1,500円)、小学生1,000円(前売800円)、幼児(3歳以上の未就学児)600円(前売500円)※2歳以下無料。障がい者手帳をお持ちの方とその同伴者1名は無料。  
主催者8つの迷路王国実行委員会(幕張メッセ、ドリームスタジオ、ベイエフエム)
お問合せ8つの迷路王国事務局 TEL:043-297-8270 (平日9:00~17:00)
申込方法各コンビニエンスストア店頭、対象の鉄道会社の窓口、各種プレイガイドで販売しています。※前売券は7月19日(金)まで販売 詳しくは下記URLをご確認ください。
夏季限定「水の広場」@青葉の森公園<7/20(土)~9/1(日)>
シャワーのように空から水が降ってきたり、岩から水が噴き出したり、小川のような流れがあったり、水がきれいで水深20㎝くらいと小さな子ども達におすすめです。
※近くに水道はありますが、シャワーや更衣室はありません。

詳細は下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年7月20日(土)~9月1日(日)10:00~16:00※月曜(8/12は除く)・8/13(火)・荒天日はお休み。7月13日~7月15日の期間も開催。
開催場所千葉県立青葉の森公園 つくしんぼの家付近
住所千葉市中央区青葉町977‐1
交通【電車・バスで】 ・京成千原線「千葉寺駅」より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、2番のりば「鎌取駅」行き、「大宮団地」行き、「千葉リハビリセンター」行きで、「公園前」下車 ・JR「蘇我駅」東口よりバス、2番のりば「千葉駅」行きで、「松ヶ丘十字路」下車、徒歩10分 【車で】 京葉道路「松ヶ丘IC」より約10分 千葉東金有料道路「千葉東IC」より約10分 ※南口駐車場が便利です(有料)
料金無料
主催者千葉県立青葉の森公園
お問合せTEL:043‐208-1500
千葉ロッテ vs オリックス@ZOZOマリンスタジアム<7/30(火)~8/1(木)>
☆7月30日(火) ~8月1日(木) 18:15試合開始

<イベントのご案内>
【ロッテ爽バニラアイスプレゼント、球場外周特設テントにて】
○7月30日(火) 先着10,000名
○7月31日(水) 先着 5,000名
※来場者に先着順で配布、無くなり次第終了となります。
※お一人様1個、当日の観戦チケットをお持ちの方に限ります。
※荒天の場合は配布を中止する場合があります。
※配布個数は予告なく変動する場合もありますので、ご了承ください。

【ALL for CHIBA 2019】
○8月1日(木)
サンライズレッドのCHIBAユニフォームで地元千葉県のために戦う日。
当日は、柏市のロゴを付けて試合に挑みます!!

【花火打ち上げ 】
○3日間連日
5回裏終了後、ZOZOマリンの夜空を彩る花火打ち上げを行います!!

【マーくんふわふわドーム】
〇シーズン毎試合
ZOZOマリンスタジアム正面には毎試合「マーくんふわふわドーム」が登場!! みんな大好きマリーンズのマスコットキャラクター「マーくん」がデザインされたエアドームです。子どもたちは中に入って遊べるよ!!
参加対象:3歳~小学生以下のお子様(無料)
稼働時間:開場30分前~試合開始まで

★「臨場感あふれるプレーをより間近で観戦できるシートに!」
オープン戦より、「ZOZOマリンスタジアム」の観戦シートがリニューアルされました。
新シートの3種・計746席は、これまで踏み入れることのできなかったグラウンドレベルに隣接。
選手の白熱プレーを間近でダイナミックにお楽しみください!

★子どもたちが遊べる「マリンひろば」
スタジアムと同じ人工芝が敷き詰められた850㎡のスペース。試合の開催日に併せて開放され、子どもたちがキャッチボールなどをして遊ぶことができます。(入園料無料)

※追加イベント情報・更新情報は決定次第、公式サイトでお知らせします。

※千葉ロッテマリーンズの「イベント」や「グッズ・グルメ情報」等を紹介しているリーフレット「2019 MARINES NAVI」を千葉市観光情報センター(海浜幕張駅構内・千葉駅前広場内)にて配布しております。

 

開催日2019年7月30日(火)~8月1日(木) 18:15 試合開始
開催場所ZOZOマリンスタジアム
住所千葉市美浜区美浜1
交通・JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分、またはプレナ幕張マリーンズストア海浜幕張店前よりバス「ZOZOマリンスタジアム」行きで終点下車 ・JR総武線・京成電鉄「幕張本郷駅」より1番のりば「ZOZOマリンスタジアム」行きで終点下車 ※詳しくは下記URLをご覧ください。
主催者千葉ロッテマリーンズ
お問合せTEL:03-5682-6341
夏休みわくわくコーナー@千葉市都市緑化植物園<8/1(木)~18(日)>
さあ、夏休み!

令和最初の夏休みは千葉市都市緑化植物園へ!
植物や虫を題材に遊べるコーナーが登場、体験教室も開催します。
親子で、大人同士でもどうぞお楽しみください。

【昆虫おもしろ教室】
8/3(土)10:00~12:00 当日先着30名、無料 
講師:鈴木康博(蝶研究家)
    
【体験教室】 いずれも10:00~先着順
・8/2(金)、8/17(土)『竹の風車作り』300円、各日先着10名
・8/6(火)、8/11(日)『ひまわりのタネで作るハリネズミ』100円、各日先着10名
・8/8(木)、8/18(日)『お豆で作るタオルハンガー』200円、各日先着10名

その他にも無料で遊べるコーナーや展示などがあります。

 

開催日2019年8月1日(木)~18日(日)10:00~16:00※5日・13日(月)は休園
開催場所千葉市都市緑化植物園みどりの相談所内講習室、ホール
住所千葉市中央区星久喜町278
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、12番のりば「矢作経由、蘇我駅東口」行きで、「北星久喜」下車、徒歩5分 ・JR「蘇我駅」東口よりバス、2番のりば「矢作経由、千葉駅」行きで、「緑化植物園入口」下車、徒歩5分 ※無料駐車場あり(普通車40台)、ただし混雑が予想されるので、公共の交通機関の利用をおすすめします。
料金入園料:無料
主催者千葉市都市緑化植物園
お問合せTEL:043-264-9559
申込方法【昆虫おもしろ教室】【体験教室】は当日先着順で申し込み
検見川神社 例祭神幸祭・ほおづき市@検見川神社<8/1(木)~3(土)>
〇例祭神幸祭
8月1日~3日、3日間に亘って恒例の神社例祭が執り行われます。
主祭神スサノヲノミコトをお祀りする祭典で検見川神社年中行事の中でも最大の行事であると共に、この3日間は検見川町内の夏祭りとして古くから親しまれており、例年大勢の参拝者で賑わいます。

8月1日午前10時大祭式に則った祭典が斎行され、夕刻、御神霊をお遷しした神輿が町内に繰り出し神輿渡御がはじまります。若い男性に担がれた神輿のもみ上げは勇壮そのもので、町内は一気にお祭りムードとなります。 神輿は3日午前まで仮殿に入御しますが、町内には数多くの出店が所狭しと立ち並び、夜遅くまで賑わいます。
特に、3日夜の境内での神輿もみ上げは、多勢の参拝者の中、神人一体の雰囲気を醸し出す、とても素晴らしいものです。

〇ほおづき市
例祭期間中、境内ではほおづき市が開催されます。このほおづき市も平成23年から数えで9回目となります。大前に鉢入り・ 短冊つきのほおづきが並べられ、夏を彩る風物詩として清涼感を漂わせます。境内東参道には屋台店も出店します。

神社の御神輿は、1日に宮出し、御仮殿まで渡御します。2日は山車の上で、千葉市無形民俗文化財に指定されている神楽囃子が奉納されます。3日は御仮殿を出発し、検見川神社に宮入りします。
※詳細は下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年8月1日(木)~3日(土)
開催場所検見川神社
住所千葉市花見川区検見川町1-1
交通JR総武本線「新検見川駅」西口より徒歩6分 京成電鉄千葉線「検見川駅」より徒歩1分
主催者検見川神社
お問合せTEL:043-273-0001 FAX:043-273-0002
「夏休み工場見学会」の開催@JFEスチール東日本製鉄所<7/22(月)~8/23(金)のうち指定日>
JFEスチール株式会社東日本製鉄所(千葉地区)では、夏休み工場見学会を開催いたします。
当見学会では、鉄の製造プロセスの一端を見学できます。
普段見ることのできない大迫力の製鉄所を、目や耳・肌で体感してください!

【見学施設】
熱間圧延コース:溶鉱炉(車窓)、熱延工場(下車見学)
※当日の操業の状況により、見学する工場が変更になる場合があります。

写真:第3熱間圧延工場
写真(右):熱延工場

 

開催日【熱間圧延コース】2019年 7/22(月)・23日(火)・25日(木)・29日(月)AM・30日(火)・8/1(木)・5日(月)・7日(水)・8日(木)・19日(月)AM・20日(火)・21日(水)PM・23日(金)※各日とも10:00~12:00、13:15~15:15※雨天決行※AM記載は午前のみ開催、PM記載は午後のみ開催
開催場所JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)見学センター
住所千葉市中央区川崎町1番地
交通JR京葉線・内房線・外房線「蘇我駅」西口より徒歩10分 ※駐車場はありませんので、車での来場はご遠慮ください。
定員各回(AM・PM)30名ずつ(先着順・各日とも定員に達し次第締め切り)
対象原則小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします)
主催者JFEスチール株式会社 東日本製鉄所(千葉地区)
お問合せJFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区) 見学センターTEL: 043-262-2205
申込方法東日本製鉄所(千葉地区)見学センター(043-262-2205)まで、見学希望日と人数をお申し込みください。※受付9:00~16:00平日のみ
第41回JFEちばまつり@千葉市蘇我スポーツ公園周辺会場<10/27(日)>
当まつりは、昭和52年に“地域との共生”を目的としてスタートし、本年で
41回を迎えます。

毎年、約45,000人の来場者で賑わうまつり会場内は、近隣町内会の御神輿
21基が練り歩く「みこし大会」をはじめ、約100店舗の出店やお子様も
楽しめる「こども広場」、市内在住のジャズミュージシャン大原保人さん
による「JAZZコンサート」など、来場者の皆様に親しみを持っていただけ
る催物を多数用意しております。
また、レギュラーイベントはもちろん、たたらふいご体験等の新規イベント
もご用意いたします。

オープニングセレモニーにご来場の方先着 2,000 名様に花の鉢植えプレゼント!

秋の休日を、“地域のまつり”として定着した「JFEちばまつり」で是非お楽しみください!

 

開催日2019年10月27(日) 9:00~16:00 <8:30より入場開始予定>※雨天の場合も、催し内容を変更して開催いたします。
開催場所千葉市蘇我スポーツ公園周辺会場
住所千葉市中央区川崎町1-20
交通JR蘇我駅から徒歩10分 ※ご来場の際は、公共交通機関をご利用いただきますよう、宜しくお願いいたします。 ※蘇我駅⇋催し物会場間で無料シャトルバスを運行します(10分~15分おき 会場最終便 16:15 )。
主催者JFEちばまつり実行委員会/JFEスチール株式会社 東日本製鉄所
お問合せJFEスチール株式会社東日本製鉄所 総務部 総務室 TEL: 043-262-2026
これから開催予定のイベント

お店のニュースTwitter

観光PR大使Instagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-12-16
晴時々曇
13/4
明日
2019-12-17
曇時々雨
/

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真