イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
企画展「江戸時代の妙見寺」@千葉市立郷土博物館<8/24(土)~11/19(火)>
妙見寺は千葉妙見宮の別当寺で、千葉神社の前身です。中世には北斗山金剛授寺尊光院(ほくとさんこんごうじゅじそんこういん)と呼ばれ、近世になって妙見寺と改称しました。妙見寺には市内の寺社で最大の朱印地200石が与えられていました。
中世以来千葉の町の中心部に位置し、町の盛衰にも大きく影響を与えてきたこの妙見寺の江戸時代の様子について、旧妙見寺文書の中からわかることを中心に展示します。

※画像提供
下総国千葉郡千葉町千葉県社千葉神社建物及境内之真景(長国寺蔵)
院内惣百姓之掟(長国寺蔵)

 

開催日2019年8月24日(土)~11月19日(火)9:00~17:00(入館16:30まで)
開催場所千葉市立郷土博物館 2階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」より徒歩13分 ・JR「本千葉駅」より徒歩15分
料金入館無料
主催者千葉市立郷土博物館
お問合せTEL:043‐222-8231
ミュシャと日本、日本とオルリク@千葉市美術館<9/7(土)~10/20(日)>
~2020 日・チェコ交流100周年~

この展覧会は、アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとするものです。

【関連イベント】
●講演会
「ミュシャと挿絵の世界」
10月6日(日)14:00~11階講堂にて、聴講無料、先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

●市民美術講座
「めぐるジャポニスムーミュシャと日本、日本とオルリク展に寄せて」
9月21日(土)14:00~11階講堂にて、聴講無料、先着150名

●ワークショップ
「にじいろメダルを作っちゃおう!」
10月5日(土)10:00~14:00受付終了、参加費100円、先着50名(5歳以上、保護者同席の場合3歳から可、親子での参加可)

●ギャラリートーク
担当学芸員による:9月11日(水)14:00~
ボランティアスタッフによる:会期中の毎週水曜日(9月11日を除く)14:00~


【同時開催】
新収蔵作品展「蕭白と鉄斎、一村と魁夷−収集をめぐるいとなみ」
※「ミュシャと日本、日本とオルリク」展をご観覧の方は無料

 

開催日2019年9月7日(土)~10月20日(日)10:00~18:00※金・土曜日は20:00まで
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般1,200円、大学生700円、小学生・中学生・高校生無料★オープニング記念割引:9月7日(土)のみ観覧料半額、10月18日(金)は「市民の日」につき観覧無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
ハロウィンガーデン@三陽メディアフラワーミュージアム<開催中~11/10(日)>
館内にはカボチャやハロウィン装飾がいっぱい。

期間中の体験教室「魔女のほうきづくり」「ミニぼうき飾り」は、人気の体験です。ぜひご参加ください!

■アトリウムデザイン フォトスポット
・ハロウィンガーデン 9/10(火)~11/10(日)

■クイズラリー
・ハロウィンクイズラリー 9/10(火)~11/10(日) 参加費100円
・トリックオアトリート 10/26(土)・27(日) 合言葉で50名のお子様にプレゼント

■ワークショップ
・魔女のほうきづくり 10/12(土) 13:00~16:00 材料費500円、定員50名
・ミニほうき飾り 10/18(金)・10/19(土) 13:00~16:00 材料費500円、定員30名

■コンサート
・ハワイアンとフラコンサート 9/16(月) 14:00~15:10
・ハワイアンコンサート 10/6(日) 13:30~14:50

■植物企画展
・コスモス展 9/25(水)~10/14(月・祝)
・多肉植物展 10/16(水)~10/20(日)

■企画展示
・ときめき倶楽部「花咲くアートライフ」 9/3(火)~9/8(日)
・千葉美工和会「自然とほほえむ心の遊び場」 9/10(火)~9/16(月)
・高浜写真同好会「第20回高浜写真同好会写真展」 9/18(水)~9/23(月)
・太平洋美術会DIC川村水彩画教室「太平洋・DICクラブ絵画展」 9/25(水)~9/29(日)
・山下一歩「手ひねり陶芸の世界」10/1(火)~10/6(日)
・銀のしずく「手作りアクセサリー“いっぴん”」10/8(火)~10/14(月・祝)
・ハンドメイドサロン千葉「花と光のハンドメイド展」 10/16(水)~10/20(日)
・ジャパンハーブソサエティ「暮らしを彩るハーブ展」 10/22(火)~10/27(日)
・四季の会「四季の会“植物画展”」10/29(火)~11/4(月)

 

開催日2019年9月10日(火)~11月10日(日)  
開催場所三陽メディアフラワーミュージアム、千葉市花の美術館
住所千葉市美浜区高浜7-2-4
交通・JR「稲毛駅」西口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園プール」行き「花の美術館」下車、または「高浜車庫」行き、終点下車徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園入口」行き、終点下車徒歩5分
料金【入館料】高校生以上300円、小・中学生150円(団体割引あり)※体験教室は別途それぞれ料金がかかります。
主催者三陽メディアフラワーミュージアム
お問合せ三陽メディアフラワーミュージアム TEL:043-277-8776 FAX :043-277-8674 ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
千葉市科学フェスタ2019これからの私たち~花 ほころぶ~@きぼーる<10/12(土)・10/13(日)>
今年も千葉市科学フェスタ2019を開催!
今年のテーマは、これからの私たち~花 ほころぶ~

日常生活の中で、科学・技術を身近に感じることができる科学の祭典「千葉市科学フェスタ2019」。
さまざまなブースや実験教室、ステージイベントなどの出展があり、楽しみながら科学の面白さ、すばらしさ、未来の可能性を体験することができます。
みなさんもぜひ、日常の科学を体験してみてください!

 

開催日2019年10月12日(土)・13日(日) 10:00~16:00
開催場所Qiball(きぼーる)
住所千葉市中央区中央4-5-1
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「きぼーる前」下車 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」より徒歩6分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩5分 ※公共の交通機関をご利用ください。
料金入場無料(科学館・プラネタリウム無料開放)
主催者千葉市科学フェスタ実行委員会(千葉市・千葉市教育委員会・千葉市科学館)
お問合せ千葉市科学フェスタ実行委員会事務局(科学館内)) TEL:043-308-0511(代表)
申込方法事前申込が必要なイベントがありますので、詳しくは下記ホームページをご覧ください。
【日程変更あり】富田コスモスまつり@富田さとにわ耕園<10/13(日)~14(月・祝)>
1.5ヘクタールの畑に地元自治会とボランティアの方々が育てたたくさんのコスモスが咲き誇ります!

毎年恒例の「富田コスモスまつり」では、落花生・さつまいも・小松菜の堀取り体験(有料)や地元野菜の販売等があります。また、富田さとにわ耕園内では、キッチンカーに地元野菜を使ったメニューが並びます。

コスモスのほかにも、マルチフローラマム(キク科)を、500平方メートルの畑で観賞できます。
秋の花畑を見に、出かけてみませんか。

※台風の接近に伴い、主催者より次のとおり日程の変更が発表されました。最新情報は、公式サイトをご覧ください。
10月12日(土) 中止、13日(日) 12時~15時、14日(月) 9時~15時 です。

 

開催日2019年10月12日(土)~14日(月・祝) ※台風の接近により12日(土)は中止、13日(日)は12時~へ変更
開催場所富田さとにわ耕園脇広場(千葉市富田都市農業交流センター)
住所千葉市若葉区富田町711-1
交通・千葉モノレール「千城台駅」より、おまごバス「富田町原田池」下車徒歩1分 または「富田新田」下車徒歩10分 ※おまごバスの運行本数が少ないので、ご注意下さい。 http://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/kotsu/izumiarea-time.html ・車利用の場合  国道126号富田交差点から四街道方面へ、富田町入口交差点を右折、約900m先を左折(カーナビでは富田町754)
料金入場無料
主催者千葉市富田都市農業交流センター(愛称:富田さとにわ耕園)
お問合せTEL:043-226-0022(月曜日休館)
市民感謝デー@千葉市地方卸売市場<10/12・26(土)>
毎月第2・4土曜日は、千葉市地方卸売市場の「市民感謝デー」 です。
新鮮な旬の味覚が豊富です。
市場ならではの雰囲気と活気の中でお買い物をお楽しみください。

※水産棟、関連棟ではそれぞれイベントを開催しています。

【水産棟】
10月26日(土) 9:00~9:30
特別イベント:生さんま無料配布! 
※8:30~ 整理券を配布。さんまの入荷状況で内容変更あり。

【関連棟】
第2土曜日は必ず景品がもらえるスタンプラリー。
第4土曜日は新鮮な野菜果物特売会を実施中!

 

開催日2019年10月12日・26日(土)8:00~12:00ごろ ※水産棟は10:30ごろまで
開催場所千葉市地方卸売市場
住所千葉市美浜区高浜2-2-1 
交通・JR総武線「稲毛駅」西口より千葉海浜交通バス、2番のりば「高浜車庫」「花の美術館・稲毛海浜公園プール」行きで、「高浜車庫」下車徒歩約5分 ・JR京葉線「稲毛海岸駅」南口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園入口」行きで、終点下車徒歩約5分、または「アクアリンクちば」行きで、「高浜車庫」下車徒歩約5分 ※無料駐車場完備。AゲートまたはCゲートより入場し「臨時入場許可証」をお受け取りください
主催者千葉市地方卸売市場
お問合せTEL:043-248-3200
スマイルfestivalちば2019@JR海浜幕張駅<10/13(日)・14(月・祝)>
これまで支えていただいた地域の皆様への感謝と、これから先も身近なテレビ局として多くの笑顔を作り出していきたいとの願いを込め、今年で4回目となる「スマイルfestivalちば2019」を開催します。海浜幕張駅南口駅前広場会場を中心に、テレビ画面という枠から、テレビ局のスタジオから“飛び出し”、日ごろの感謝を込めて千葉の秋を盛り上げます!

<ステージ情報>
【1日目】
10:30:オープニングセレモニー チュバチュバワンダーランド
11:05:幸内電器 presents トンツカタンスペシャルステージ
11:30:AKB48チームBのKANTO白書バッチこーい!スペシャルステージ 1回目
12:00:MELDIA GROUP presents 大矢真那スペシャルステージ
12:35:〈ブース紹介〉
13:05:Coming Soon
13:30:白黒1グランプリ 1日目
14:05:スズキ presents 週刊バイクTVトークショー
15:00:浅井企画お笑いネタ祭り!
15:50:ジャガー&えみお姉さんスペシャルステージ1日目
16:15:AKB48チームBのKANTO白書バッチこーい!スペシャルステージ 2回目
16:45:エンディング

【2日目】
10:30:オープニングセレモニー 千葉明徳チアパフォーマンス&拓大紅陵吹奏楽部 演奏
11:00:カラオケトライアル出張オーディション 新浜レオン歌謡ショー
12:00:逢川まさきミニライブ
12:35: 〈ブース紹介〉
13:00:オーダースーツSADA presents 里崎智也トークショー&キャッチボール
13:30:白黒1グランプリ 2日目
14:05:大原ゆい子スペシャルステージ
14:40:WIN BY ALL! スペシャル公開収録
15:15:ジャガー&えみお姉さんスペシャルステージ 2日目
15:35:フィナーレ みんなでチュバチュバ

<ブース情報>
町で見かける郵便バイクに乗って記念撮影、千葉県クイズラリー、遊びながらプログラミングの基礎が学べる体験イベント、チュバチュバベビーアート撮影会など、各ブースでいろいろなイベントが開催される予定です。

※詳しくは下記URLをご覧ください。

 

開催日2019年10月13日(日)10:00~17:00、14日(月・祝)10:00~16:00
開催場所JR京葉線「海浜幕張駅」南口広場
住所千葉市美浜区ひび野2-4
交通JR京葉線「海浜幕張駅」下車
主催者千葉テレビ放送株式会社
お問合せTEL:043-311-3100 (平日10:00~17:00)
オータムフェスタ2019@幕張海浜公園<10/13(日)・14(月・祝)>
自然とあそぶ♪音楽とあそぶ♪芸術とあそぶ♪
秋のイベントを満喫する2日間です!

【アースアート】
公園の木の実や枝、葉っぱなどを使ってオリジナルクラフトを作ろう!
●日付:10月13日(日)・14日(月・祝)
●時間:10:30~15:00 
●参加費:200円より/1キット 
※各日とも材料が無くなり次第終了
※雨天時はパークセンター

【わくわく!子ども基地登場!】
大芝生広場に子ども基地が登場!「竹の巨大ビー玉」
「昔あそび」「音あそび」「つみ木あそび」などなど。
楽しさ無限大♪5感を使ってあそぼう♪
●日付:10月13日(日)
●時間: 10:30~15:00 
●参加費:無料
※協力:NPO法人コドモ・ワカモノまちing
※雨天時はパークセンター

【木陰のミニコンサート】
歌・バイオリン・打楽器の素敵なアンサンブルを緑いっぱいの自然の中で。
子ども基地であそびながら、一緒に演奏もできる!全身で、音楽を楽しもう♪
≪出演者紹介≫
♪歌・手遊び担当 佐々木菜子(さいちゃん)
♪ヴァイオリン担当 宇津木あい(あいちゃん)
♪いろんな楽器担当 飯田 茂樹 (いーちゃん)
●日付:10月13日(日)
●時間:11:30~/13:00~(各回約30分)
●鑑賞無料
※協力:(株)時設計 Web:http://www.tokisekkei.co.jp

【全国造園フェスティバル2019】
10月は都市緑化月間です。花と緑で美しい日本つくりを目指します!
造園のことをたくさんの方に知っていただくイベントです。
今回は「木の実を使った射的」「花植え体験」をお届けします。
●日付:10月14日(月・祝)
●時間:11:00~15:00 
●参加費:無料
※荒天中止
※主催:(一社)日本造園建設業協会、新樹会

【センニチコウ摘み取り体験】
センニチコウ(千日紅)を摘み取って、ドライフラワーを作ってみよう。
本当に1000日紅いかな?クラフトにもぴったり!花束にしてお持ち帰りください♪
●日付:10月14日(月・祝)
●時間:13:30~15:00
●参加費:無料 ※参加の方は当日、安全に使えるハサミをご持参ください。
※荒天中止

 

開催日2019年10月13日(日)、14日(月・祝) 10:30~15:00
開催場所県立幕張海浜公園Bブロック帽子のパーゴラ・芝生広場(雨天時パークセンター)
住所千葉市美浜区ひび野2-116
交通JR京葉線「海浜幕張」駅南口から徒歩約10分。
料金参加費:無料 ※「アースアート」の参加費のみ有料:1工作200円(材料費、税込み)
主催者県立幕張海浜公園みどりと海のパートナーズ/(一社)日本造園建設業協会、新樹会≺全国造園フェスティバル2019のみ≻
お問合せ県立幕張海浜公園みどりと海のパートナーズ TEL:043-296-0126、FAX:043-296-0128
2019年10月31日以降に開催予定のイベント
10月
31
#タワパ~Chiba Porttower Music Party~@千葉ポートタワー<10/11・18・25(金)・31(木)・11/2(土)>
千葉市初にして”最高”-地上125m-あの千葉市ポートタワーがダンスフロアに!

「日常的な空間を非日常的な空間に演出し、ここでしか楽しめない空間を創り出す」をコンセプトに開催される「タワパ ~Chiba Porttower Music Party~」。
10月は千葉ポートタワー初の試み、地上125mでのハロウィンパーティーイベント!
また12月31日(火) は(22:30~25:00)カウントダウンイベントを開催!

斬新で都会的なURBAN SOUNDや、80年代に流行したCITY POP、NEO90s、ART&MUSICなどフロアごとに流れる音楽があなたを退屈させません。
普段はレストランとして人気の3階はオシャレなバーラウンジに変身します。
さらに全国で活躍するグラフィックアーティストによるライブペイントやアート展示、 カメラマンによるフォトシューティングや、作品展示などコンテンツも盛り沢山です。

 

開催日2019年10月11(金)・18(金)・25(金)・31日(木)、11月2日(土) 各日開場19:15/開演19:30~22:30
開催場所千葉ポートタワー 2階~4階展望フロア
住所千葉市中央区中央港1
交通・千葉モノレール「千葉みなと駅」から徒歩12分 ・お車の場合、千葉ポートパークの無料駐車場をご利用ください
料金3000円(入館料込)
主催者千葉ポートタワー
お問合せ043‐241-0125
申込方法下記URLからチケット購入できます。

お店のニュースTwitter

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-10-14
曇のち雨
22/
明日
2019-10-15
曇り
23/17

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真