文字サイズ

イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
秋の展示「カミツキガメ~どのような生きものか?いるとなぜいけないのか?~」@県立中央博物館<10/26(土)~1/13(月・祝日)>
中央博物館では、この秋「カミツキガメ」についての展示を開催します。
カミツキガメは、アメリカ原産の外来種。かつてペットとして飼われていたものが野生化し、近年では県内の一部の湖沼・河川・水路などに増えて問題になっています。
彼らはどのような生きものなのか、どこでどんな暮らしをしているのか、どのような問題を引き起こすのか、防除の取り組みはどのように行われているのかなど、わかりやすく紹介します。
はく製のほか、生きたカミツキガメも展示します。

みどころ
(1)カミツキガメの特徴
  はく製標本、生態写真、解説パネルで御紹介します
(2)カメの科学
  甲羅、クチバシ、脚など、カメの身体に秘められた特性を紹介
(3)カミツキガメの防除について
  印旛沼流域で展開される捕獲事業紹介、罠実物展示
(4)生きたカミツキガメを展示


関連行事
(1)講演会 (先着150名・どなたでも ※小学生以下は保護者同伴)
 カミツキガメについて語ろう 12月15日(日曜日)13時~15時
 生態系などに被害を及ぼすカミツキガメとはどんな生きものか、いることがなぜいけないのかについて解説いたします
 
(2)ミュージアムトーク(展示解説) ※参加費は無料ですが入場料は必要です
 各日とも 11時〜・14時30分〜 の2回実施
 ・10月26日(土曜日)
 ・11月2日(土曜日)
 ・11月24日(日曜日)
 ・1月13日(月曜日・祝日)

※講演会、ミュージアムトークについての詳細は下記URLをご確認ください。

 

開催日2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝) 
開催場所千葉県立中央博物館 第2企画展示室 
住所千葉市中央区青葉町955-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分
料金一般300円(団体240円)、高校・大学生150円(団体120円) ※65歳以上・中学生以下は無料 ※障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※団体は20名以上 11月3日は無料
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043-265-3111
幕張新都心イルミネーション2019/2020 光と鏡のアートイリュージョン<11/1(金)~2020/1/26(日)>
今年初開催となる「幕張新都心イルミネーション2019/2020 光と鏡のアートイリュージョン」。
アーティスト集団「MIRROR BOWLER(ミラーボーラー)」による、
首都圏エリア最大規模の幻想的なミラーボールオブジェが見どころです。
まるで万華鏡のように光り輝くオブジェは、どれもSNS映え抜群!
南口の街路樹には地元の子供たちが製作したプラバンオーナメントも展示しています。
また、公式ガイドブック・ホームページのクーポンを持参いただくと、
周辺施設で飲食等が割引になるサービスを実施中です。
1月21日(火)~25日(土)までは、千葉駅前大通りでお馴染みの「屋台横丁」が登場します。
美しい光と色が織りなす冬の幕張新都心に皆様ぜひお越しください。

 

開催日2019年11月1日(金)~2020年1月26日(日) 点灯時間17:00~23:00
開催場所JR海浜幕張駅前広場
交通JR京葉線「海浜幕張駅」
主催者幕張新都心イルミネーション実行委員会
お問合せ幕張新都心イルミネーション実行委員会事務局 TEL:043-213-6911 (平日10:00~17:00) (窓口代行受託 株式会社ライフコミュニケーション)
【特別展】絵のみち・祈りのこころ-日本画家 後藤純男の全貌-@千葉県立美術館<11/2(土)~1/19(日)>
後藤純男は昭和5(1930)年、千葉県東葛飾郡木間ヶ瀬村(現在の野田市)の真言宗の仏門に生まれます。
僧侶となる修業を受けながら絵を描き、22歳のときに院展初入選を機に「仏道を捨て、絵の道を選んだ」画家です。
院展では日本美術院賞(大観賞)、内閣総理大臣賞等を受賞するほか、日本芸術院賞・恩賜賞を受賞するなど数々の栄誉ある賞を受賞し、平成28(2016)年に逝去してなお、日本画壇に比類ない存在感を放っています。

本展では初期から晩年までの作品60点余と、スケッチや写真など関係資料で構成します。奈良・長谷寺に奉納された襖絵を期間限定で特別展示するとともに、東京・高幡不動尊金剛寺の襖絵も展示し、画家の画業を過去最大規模で紹介します。

【関連イベント】
○美術講演会「後藤純男と戦後日本画」
日時:11月16日(土)14:00~
定員:先着180名(当日13:30から受付)
料金:聴講無料
会場:千葉県立美術館講堂

○学芸員によるギャラリートーク
日時:会期中毎週日曜日13:30~
料金:参加無料(要入場料)
申込み:事前申し込み不要

 

開催日2019年11月2日(土)~2020年1月19日(日)9:00~16:30
開催場所千葉県立美術館 第1・2・3・8展示室
住所千葉市中央区中央港1‐10‐1
交通・JR京葉線/千葉モノレール「千葉みなと駅」から徒歩約10分 ・JR千葉駅西口26番バス利用(千葉ポートタワー行)「県立美術館入口」下車、徒歩約3分
料金一般1,000円 高校生・大学生500円 ※11月3日(日)はどなた様も無料 ※65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
主催者千葉県立美術館
お問合せ043-242-8311
YORU MACHI in 千葉市中心市街地@千葉市中央公園<11/30(土)~3/22(日)>
YORU MACHIは、千葉市中心市街地の夜を楽しくする新しいプロジェクトです。
千葉市中央公園に設置されたスケートリンクとイルミネーションの融合はまさに幻想的!
開催日初日の11月30日(土)には、千葉商工会議所80周年記念の音楽パレードをはじめ、ライブペインティングやスケーティングショーなど、様々なエンターテイメントを楽しめるオープニングセレモニーが実施されます。
千葉市中心市街地に店を構える飲食店が自慢の逸品を提供するイルミネーションラウンジや、土日・祝限定のキッチンカーなど、YORU MACHIでしか味わえないグルメも盛りだくさん。
家族、友人、大切な仲間と一緒にYORU MACHIで素敵なひとときをお過ごしください。

◆パレード 11月30日(土)16:00~
銀座通り~栄町通り
千葉商工会議所80周年記念 音楽パレード

◆YORU MACHIオープニングセレモニー 11月30日(土)17:00~22:00
中央公園
YORU MACHIフィギュアスケート&トークショー

◆YORU MACHIスケートリンク11月30日(土)から3月22日(日)
中央公園
平日13:00~22:00(21:00終了受付)
土・日・祝11:00~22:00(21:00終了受付)
※12月20日(金)〜1月5日(日)11:00~22:00(21:00受付終了)
※スケートリンクは樹脂製になります。
※11/30(土)はオープニングセレモニーのため特別営業になります。

◆YORU MACHI イルミネーションラウンジ
公園全体の景色を楽しめる特設フードラウンジが登場!
中央公園
平日13:00~22:00(21:00終了受付)
土・日・祝11:00~22:00(21:00終了受付)

◆YORU MACHI ガーデン
週末限定!中央公園に4台のおしゃれなキッチンカーが登場します。
中央公園
金17:00~21:00
土・日・祝15:00~21:00

◆夜のハッスル★マッスル on アイス 12月28日(土)・29日(日)※1日2回公演
中央公園
1回目14:00~15:00
2回目17:00~18:00

 

開催日2019年11月30日(土)~2020年3月22日(日)
開催場所千葉市中央公園 ※11月30日(土)実施のYORU MACHIパレードのみ銀座通り~栄町通りで実施
住所千葉市中央区中央1-12
交通・JR・京成電鉄・千葉モノレール「千葉駅」より徒歩10分 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」より徒歩10分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩1分
料金◆YORU MACHIスケートリンク滑走料 https://yorumachi.info/skatingrink/ 夜のハッスル★マッスルonアイス https://yorumachi.info/hustle-muscle/
持ち物◆YORU MACHIスケートリンク 手袋(指先まで隠れるもの)が必須 ※購入、レンタルもできます。
主催者千葉商工会議所
お問合せYORU MACHI運営委員会(株式会社オニオン新聞社内) 043-201-8811
ルミラージュちば2019@千葉市中央公園他<11/30(土)~3/22(日)>
千葉駅を降りると、中央公園プロムナードから中央公園にかけて約45万球による光のパレード!
さらに、今年は中央公園にCGアートによる光の演出が繰り広げられるスケートリンクが登場。
訪れた皆様を光のエナジーで包み込みます。

【イルミネーション】
☆中央公園:2019年11月30日(土)~2020年3月22日(日)
☆中央公園プロムナード:2019年11月30日(土)~2020年3月8日(日)

【提灯点灯】
☆通町公園:2019/12/26(木)~2020/2/3(月)

◆関連イベント「YORU MACHI」
☆中央公園:2019/11/30(土)~2020/3/22(日)
千葉商工会議所80周年記念の音楽パレードや点灯式、スケートショーなどをオープニングにスタート。
イルミネーションとコラボしたスケートリンク、公園全体の夜景が楽しめるイルミネーションラウンジなど、幻想的な空間を創出します。

※開催時間はイベントにより異なります。

 

開催日2019年11月30日(土) ~2020年3月22日(日) 17:00~23:00 ※12月31日(火)は翌3:00まで
開催場所千葉駅前大通り、千葉中央公園、きぼーる、通町公園 
住所千葉市中央区中央1-12(千葉中央公園)
交通中央公園へのアクセス ・JR「千葉駅東口」より徒歩約8分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約3分 ・京成「千葉中央駅」より徒歩約5分
主催者千葉都心イルミネーション実行委員会
お問合せ千葉都心イルミネーション実行委員会事務局(千葉商工会議所内) ℡ 043-227-4103
トピックス展「金属鉱物資源展」@県立中央博物館<11/30(土)~2/2(日)>
現代文明に不可欠な様々な金属。そのもとになる鉱物の標本を展示します。
特に鹿児島特産の錫(すず)の鉱石を詳しく紹介します。

■みどころ
(1)先行展示「寄贈鉱物資料紹介」
近年当館に寄贈された黄鉄鉱の結晶などの貴重な鉱物標本を展示
(2)各種金属のもととなる鉱石
硬貨に使われるニッケルを含む鉱石などを展示
(3)鹿児島県の錫山鉱山
鹿児島県で昭和の末まで操業していた鉱山から産出した鉱石のほか、鉱山関連の資料を展示
(4)海底の鉱物資源
将来の貴重な資源として期待されている海底熱水鉱床などを紹介

■関連行事
~ミュージアムトーク~

12月1日(日)、8日(日)、15日(日)、22日(日)
1月5日(日)、12日(日)、19日(日)、26日(日)
2月2日(日)

<ミュージアムトークとは>
展示室や収蔵庫・生態園において研究員がお客様に直接解説するもので、研究成果を伝える一つの場となっております。研究員との対話のなかで、博物館をさらに身近なものにしていただければと思います。
所要時間は約30分間で、参加費は無料です(入場料は必要)お気軽にご参加ください。
※いずれの日も11:00〜11:30と14:30〜15:00の2回
入場料が必要です。

<参加方法>
開催当日の開始時刻(11:00または14:30)までに入場券売り場前にお集まりください.定員のある場合は開始時刻15分前(10:45または14:15)から受付を行い,定員に達した段階で締め切らせていただきます.
※ミュージアムトークの会場は、展示室内だけでなく、屋外が会場になる場合もありますが、すべての日程で入場券売り場が集合場所となります。

 

開催日2019年11月30日(土)~2020年2月2日(日) 9:00~16:30(入館は16:00まで)
開催場所千葉県立中央博物館、第1企画展示室
住所千葉市中央区青葉町955-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分
料金一般300円(団体240円)、高校・大学生150円(団体120円) ※65歳以上・中学生以下は無料 ※障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※団体は20名以上
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043-265-3111
ミニトピックス展「十二支にちなんで-子年-」@県立中央博物館<12/21(土)~1/19(日)>
十二支の動物にちなんで、中央博物館ならではの資料を展示する、毎年恒例のお正月の展示です。令和2年は『子(ね)』すなわちネズミに関係する名前が付けられた様々な生きものや化石を展示します。
『子』に関わる資料を通じて、生物の多様性と生物と人間の関わりについて理解を深め、お楽しみいただけます。

■展示内容
・地学資料:化石(ネズミ類の下顎骨(かがくこつ))1点
・動物標本:
 哺乳類(ハツカネズミ、カヤネズミ、アカネズミ、ハタネズミ、ほか)11点
 魚類(ネズミゴチ 稚魚、未成魚、成魚♂、成魚♀)4点
 貝類(ネズミガイ、ネズミダカラ、ハツカネズミ)6点
・植物標本:
 維管束植物(ネズミガヤ、ネズミノオ、ネズミモチ)3点
 コケ植物(ネズミノオゴケ)1点
・菌類標本:ネズミシメジ1点
・『本草図譜(ほんそうずふ)』 ねずみたけ(江戸時代の名称、現在のホウキタケ類)3点
・『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』巻第三十九 鼠類 1点
・戦前の子年の年賀状 2点
・子(ね)をモチーフとしたマッチラベル 20点

※詳しくは下記URLをご確認ください。

 

開催日2019年12月21日(土)~2020年1月19日(日) 9:00~16:30 (入館は16:00まで)
開催場所千葉県立中央博物館、本館2階ホール
住所千葉市中央区青葉町955-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分
料金一般300円(団体240円)、高校・大学生150円(団体120円) ※65歳以上・中学生以下は無料 ※障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※団体は20名以上
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043-265-3111
#タワパ~Chiba Porttower Music Party~COUNT DOWN 2019-2020@千葉ポートタワー<12/31(火)>
千葉”最高”のダンスフロアで迎える令和初のカウントダウンパーティー!
今年の年越しは、千葉ポートタワーミュージックパーティー『タワパ』で!!

 

開催日2019年12月31日(火) 22:30~25:00
開催場所千葉ポートタワー 2階~4階展望フロア
住所千葉市中央区中央港1
交通【電車・バスで】 ・JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約12分 ・JR総武線「千葉駅」西口よりバス、26番のりば「千葉みなとループバス タワーコース、千葉ポートタワー」行きで、終点下車 【車で】 東京方面から:東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分、または京葉道路「幕張IC」より約20分 成田方面から:東関東自動車道「湾岸千葉IC」より約15分 房総方面から:京葉道路「松ヶ丘IC」より約15分、または東金道路「千葉東IC」より約15分 ※千葉ポートパークに無料駐車場(約240台収容)あり
料金チケット:前売り 3,000円  当日券は3,500円(現金のみ) ※飲食代別途
主催者千葉ポートタワー
お問合せTEL:043‐241-0125
申込方法チケット:前売り3,000円(チケットサイトLivePocketにて販売)、下記URLからチケット購入できます。 当日券3,500円(現金のみ)      
初日の出特別開館@千葉ポートタワー<1/1(水・祝)>
360度景色が見渡せる展望室から、眼下に臨む初日の出はまさに圧巻。白々と明けてくる太陽の光線が、街を包み込んでゆく一部始終を目の当たりにできるのは、千葉ポートタワーならではの光景です。東京湾や富士山も望むことができます。初日の出を千葉ポートタワーから望んでみませんか。
※1階売店はお休み、3階レストランは特別営業(完全予約制)

 

開催日2020年1月1日(水・祝) 午前4:00~9:00 ※展望室入場 5:45~8:30
開催場所千葉ポートタワー
住所千葉市中央区中央港1
交通【電車・バスで】 ・JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約12分 ・JR総武線「千葉駅」西口よりバス、26番のりば「千葉みなとループバス タワーコース、千葉ポートタワー」行きで、終点下車 ・JR総武線「千葉駅」西口より小湊バス、26番のりば「千葉みなとループバス」で「千葉中央警察署」下車、徒歩約5分 【車で】 東京方面から:東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分、または京葉道路「幕張IC」より約20分 成田方面から:東関東自動車道「湾岸千葉IC」より約15分 房総方面から:京葉道路「松ヶ丘IC」より約15分、または東金道路「千葉東IC」より約15分 ※千葉ポートパークに無料駐車場(約240台収容)あり
料金大人420円、小中学生200円※千葉県内在住の65歳以上の方(本人のみ)は住所と年齢がわかるものを提示した場合、無料※心身に障害のある人(本人および介護者1名)官公庁発行の証明書を提示した場合、無料
定員先着200名
主催者千葉ポートタワー
お問合せTEL:043-241-0125
申込方法先着順※午前3:00から「入場整理券」を配布
稲毛浅間神社の神楽@稲毛浅間神社<1/1(水・祝)>
稲毛浅間神社に伝わる十二座神楽は、永正元年(1504年)に九州地方から来た神楽の名手が、当時の神主、大越蔵之助に伝授し、その後村人達に伝えられ、同神社特有の神楽が出来上がったといわれています。
この神楽は12座からなり、最初に神様をお迎えする舞、「巫女舞」から始まり、最後にお送りする舞、お囃子の舞にて終わります。
日本神話を基に、仮面を用い(巫女舞を除き)黙劇風に筋を運ぶ様は洗練された江戸神楽の影響を受けているといわれています。


 

開催日2020年1月1日(水・祝)13:00~16:00(稲毛神社歳旦祭)
開催場所稲毛浅間神社
住所千葉市稲毛区稲毛1-15-10
交通・京成「稲毛駅」より徒歩4分 ※公共交通機関をご利用の上ご参拝をお願いします。
主催者稲毛浅間神社神楽連
お問合せ稲毛浅間神社 TEL:043-245-7777
2020年01月26日以降に開催予定のイベント
1月
26
公園の新たな可能性と未来を語ろう!@千葉市ハーモニープラザ<1/26(日)>
公園は、みどり・あそび場・美しい景観・災害時の避難場所など、都市生活にとって重要な施設です。従来、公園はみどりや花の静かな空間の中で、市民が憩い・語らい・健康づくりなどに利用する場として捉えられていました。
近年、公園は都市における貴重なインフラとして、より多様な利用が求められるようになりました。公園に、レストラン、カフェ、コンビニ、保育所などをつくって、公園の魅力を高め、地域を活性化する取り組みが行われています。

今、公園は都市における重要なインフラとして、新たなステージを迎えようとしています。そこで、公園において事業を行っている事業者、公園で活動している市民団体、公園でユニークな管理運営を行っている事業者が、それぞれの取り組みを発表し、参加者が公園の新たな可能性と未来を語りあう集い(フォーラム)を開催します。

【プログラム】
・事例発表 13:30〜15:40
「市民緑地『おゆみ野の森』の市民・地域による管理と活用の取り組み」奥田 泰氏(おゆみ野の森を育てる会実行役員)
「稲毛海浜公園におけるレストラン等の複合施設の経営」加藤 丈明氏(株式会社ディアーズ・ブレイン経営企画部次長)
「千葉ポートタワーの管理運営による千葉みなと地区の賑わいづくり」鈴木 健太氏(㈱塚原緑地研究所千葉ポートタワー館長)
「都市公園を核とした地域活性化の取り組み」中村 慶之介氏(㈱オリエンタルコンサルタンツ関東支社地域活性化推進部次長)

・意見交換会 15:50〜16:40
コーデイネーター: 塚原 道夫 (⼀般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会 広報委員長)
パネリスト:上記4名の方々と、石井 ちはる氏(⼀般社団法⼈ランドスケープコンサルタンツ協会 技術委員長)

 

開催日2020年1月26日(日)13:20~16:50(開場13:00)
開催場所千葉市ハーモニープラザ(男女共同参画センター)イベントホール
住所千葉市中央区千葉寺町1208
交通・京成電鉄千原線「千葉寺駅」下車、徒歩6分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、2番のりばから千葉中央バス県庁・星久喜台経由「千葉リハビリセンター」行き、「誉田駅」行き、「鎌取駅」行き、「大宮団地」行き等、または、県庁・青葉病院経由「中央博物館」行きに乗車し、「ハーモニープラザ」下車(1時間に8~13本) ・JR「蘇我駅」東口よりバス、2番のりばから「大学病院」行きに乗車し、「ハーモニープラザ」下車(1時間に2~3本)
料金無料
定員200名
主催者一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会
お問合せ一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会 TEL:03-3662-8266、FAX:03-3662-8268、E-メール:info@cla.or.jp
申込方法下記URLから参加申込書をダウンロード、一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会まで。 FAX:03-3662-8268、Eメール:info@cla.or.jp
1月
30
チバリアフリーアートプロジェクトvol.4 チバフリ@イオンモール幕張新都心<1/30(木)~2/2(日)>
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた千葉市の文化芸術の取り組みとして、障害者も健常者も一緒になって表現するファッションショーとダンスパフォーマンス、アート展示、音楽ライブなどのイベントを、東京2020公認文化オリンピアードとして開催します。

「チバフリ」は、障害のある人もない人も、みんなで一緒に行う文化芸術活動を応援する「千葉市」発信の「バリアフリー」な取り組みです。

「東京2020公認文化オリンピアード」は、東京2020大会に向けたオリンピック・パラリンピックの機運醸成と、その先のレガシー創出に向けて、オールジャパンで取り組む参加型の文化芸術のプログラムであって、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から認証を受けたものです。
今回実施する「チバフリ」もその認証を受けています。

■ステージイベント
日時:2月2日(日) 1部:13:00~13:45、2部:15:00~15:45
会場:グランドモール1階グランドコート
司会:BEYOND GIRLS (ちがいを楽しもう!)をコンセプトに活躍する車いすチャレンジユニット。
司会アシスタント:島田優花(5BEACH観光PR大使・幕張の浜)
手話通訳:ケーマトーマ(手話通訳のコンビ、手話通訳やパフォーマーとして活動中)  

内容:
<1部:13:00~13:45>
・ダンスパフォーマンス 春沙羅~harusara~
・ボッチャ競技紹介 大濱梨沙選手
・ファッションショー 市内在住または在学の特別支援学校・学級の学生モデル
・手話パフォーマンス 手話パフォーマーRIMI、淑徳大学手話サークル「たんぽぽ」

<2部:15:00~15:45>
・BMXパフォーマンス 池田貴広(シルク・ドゥ・ソレイユ世界ツアーに出演したBMXライダー)
・ボッチャ競技紹介 大濱梨沙選手
・ファッションショー tenboモデル
・手話パフォーマンス 手話パフォーマーRIMI、淑徳大学手話サークル「たんぽぽ」

~同時開催イベント~(ボッチャ体験・ドミノアート体験)
パラリンピック競技種目であるボッチャの体験コーナーと、みんなで絵やメッセージを書いたドミノに並べて倒して一つの大きな絵を完成させるドミノアート体験。(「学生団体おりがみ」企画運営)
時間:10:00~12:30、13:45~14:30、15:45~17:00
会場:グランドモール1階 グランドコート(ステージ横)

■アート展示
「純粋なアートの魅力2-紡がれる自由。繋がる自由。-」
日時:1月30日(木)~2月2日(日)11:00~18:00
会場:グランドモール3階イオンホール
内容:NARAMIXさん(第12回千葉市文化芸術新人賞受賞者)のキュレーション(企画展示)により、市内の福祉施設「まあるい広場」で制作された絵画や織物などのアート作品の展示を行う。今回で2回目。

■音楽ライブ
日時:2月1日(土)・2日(日)
場所:グランドモール3階イオンホール(アート展示会場内)
<2月1日(土)>
・11:30~12:00 和泉聡志(ギター奏者・第11回千葉市芸術文化新人賞奨励賞受賞者)
・14:00~14:30 澤田香萌(ヴァイオリン・第16回千葉市芸術文化新人賞奨励賞受賞者)と 松田龍(ピアノ)のデュオ

<2月2日(日)>
・11:30~12:00 樽見ヤスタカ(ドゥドゥク・第17回千葉市芸術文化新人賞受賞者)
・16:00~16:30 DAICHI(ウクレレ・第15回千葉市芸術文化新人賞受賞者)

 

開催日2020年1月30日(木)~2月2日(日)
開催場所イオンモール幕張新都心グランドモール
住所千葉市美浜区豊砂1-1
交通・JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩約17分 または北口3番のりばよりバス、「イオンモール幕張新都心グランドモール」/「イオンスタイル口」/「蔦屋書店前」下車 ・JR総武線/京成線「幕張本郷駅」5番のりばよりバス、「豊砂公園」/「イオンスタイル入口」/「蔦屋書店前」下車(※7:00~8:20までは7番のりばをご利用ください)
料金入場無料
主催者チバリアフリーアートプロジェクト実行委員会(千葉市・公益財団法人 千葉市文化振興財団・淑徳大学)
お問合せチバリアフリーアートプロジェクト実行委員会事務局(千葉市文化振興課)TEL:043-245-5961 (受付時間 8:30~17:30)

お店のニュースTwitter

観光PR大使Instagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2020-06-03
曇り
/
明日
2020-06-04
曇時々晴
28/20

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2020

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真