文字サイズ

イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
パネル展「将門と忠常」~千葉氏のルーツを探る~@千葉市立郷土博物館<5/27(水曜)~7/12(日曜)>
千葉氏は、平安時代の終わりから戦国時代まで下総国(現在の千葉県北部・茨城県の一部)を支配し、今日の千葉市の礎を築いた武士の一族です。
本展では、千葉氏と深い関わりを持つ二人の武将「平将門」と「平忠常」と、彼らが関東で起こした反乱を通じて、千葉氏のルーツを探ります。

 

開催日2020年5月27日(水曜)~7月12日(日曜)
開催場所郷土博物館1階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」より徒歩13分 ・JR「本千葉駅」より徒歩15分
料金無料
主催者千葉市立郷土博物館
お問合せTEL:043‐222-8231
【会期延長】チバミュージアムフェスタ2020 「オリンピック・パラリンピック」と千葉のスポーツ史~千葉県立美術館・博物館展覧会~ @千葉県立中央博物館<再開6/2(火曜)~8/31(月曜)>
千葉県立美術館・博物館では、千葉県立中央博物館を会場に展覧会「『オリンピック・パラリンピック』と千葉のスポーツ史」を開催します。 千葉県ゆかりの人々の活躍を軸に、オリンピック・パラリンピックの軌跡と千葉県のスポーツの歴史を紹介します。また、1964年及び2020年東京大会競技場周辺の環境の変遷、大会で使用される競技器具を作る千葉県の匠の技についても紹介します。

◆見どころ
(1)近代スポーツの誕生
(2)オリンピックとスポーツの広がり
(3)1940幻のオリンピック
(4)1964東京オリンピック・パラリンピックと千葉県
(5)青木半治とオリンピック
(6)1964東京大会から東京2020オリンピック・ パラリンピックへ

※関連行事、ミュージアム・トーク(展示解説)は、6月2日現在休止中です。

 

開催日【再開】2020年6月2日(火曜)~8月31日(月曜)開館時間10:00~16:30(入館は16:00まで)
開催場所千葉県立中央博物館、本館第1企画展示室
住所千葉市中央区青葉町955‐2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分 ・JR「蘇我駅」東口よりバス、2番のりば「千葉大学病院」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約6分 ・京成電鉄「千葉寺駅」から徒歩20分、またはバス、1番のりば「大学病院」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分 ※車の場合は、「青葉の森公園北口駐車場」(有料)が便利です
料金一般300円(240円)、高校生・大学生150円(120円) 、中学生以下・65歳以上の方・障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催者千葉県立中央博物館
お問合せ千葉県立中央博物館 TEL:043-265-3111
「千葉空襲写真パネル展」@きぼーる他<7/1(水曜)〜8/27(木曜)>
千葉市では、今夏、「千葉空襲写真パネル展」をきぼーる他において開催します。
きぼーるをはじめ、区役所ほか5会場において、太平洋戦争時の2度にわたる大空襲により、大きな被害を受けた千葉市の戦時中の様子や、戦災からの復興などを紹介する「千葉空襲写真パネル展」を開催します。

開催場所と日時内容
◆きぼーる(1階アトリウム)
7月1日(水曜)~7月9日(木曜)9:00~19:00
空襲写真パネル・原爆写真パネル・紛争と難民パネル・平和の折り鶴
 
◆花見川区役所(1階ロビー)・稲毛区役所(1階ロビー)・若葉区役所(1階ロビー)・緑区役所(2階ホール)・美浜区役所(1階ロビー)
7月1日(水曜)~7月8日(水曜)8:30~17:30(土曜・日曜を除く)
空襲写真パネル・戦災資料(稲毛区・美浜区のみ)

◆生涯学習センター(1階アトリウムガーデン)
7月11日(土曜)~7月20日(月曜)9:00~19:00(最終日は16:00まで)
空襲写真パネル・紛争と難民パネル・平和の折り鶴・戦災資料
 
◆ワンズモール(3階キッズスペース横)7月21日(火曜)~29日(水曜)10:00~21:00(最終日は13:00まで)
空襲写真パネル・紛争と難民パネル

◆中央コミュニティセンター(6階ロビー)
7月30日(木曜)~8月10日(月曜)9:00~21:00(最終日は13:00まで)
空襲写真パネル・紛争と難民パネル・戦災資料

◆そごう千葉店(地階そごうギャラリー)
8月11日(火曜)~8月17日(月曜)10:00~20:00(最終日は16:00まで)
空襲写真パネル・原爆写真パネル・紛争と難民パネル
 
◆フレスポ稲毛(イーストモール内南側入口通路)
8月18日(火曜)~8月27日(木曜)10:00~20:00
空襲写真パネル

関連イベント
<平和アニメ上映・戦災体験講話会>
戦争被害などを知って学ぶための平和に関する夏休みイベントとして、アニメ映画「ガラスのうさぎ」の上映や戦災体験者の方にお話しをしていただく「平和アニメ上映・戦災体験講話会」を行います。
8月8日(土曜)9:45~12:15(開場9:30)
※詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください
https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/somu/27animejouei.html

※画像は過去のパネル展の様子です(きぼーる1階アトリウム)

 

開催日2020年7月1日(水曜)〜8月27日(土曜)  
開催場所きぼーる1階アトリウム・花見川、稲毛、若葉、緑、美浜各区役所・生涯学習センター・ワンズモール・中央コミュニュティセンター・そごう千葉店・フレスポ稲毛
住所千葉市中央区中央4-5-1(きぼーる)
交通<きぼーる> ・JR「千葉駅」東口より徒歩15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「きぼーる前」下車※2020年6月30日現在、運休中 ・京成電鉄「京成千葉中央駅」より徒歩6分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩5分
料金観覧無料
主催者千葉市役所市民局市民自治推進部市民総務課
お問合せTEL:043-245-5153
DRIVE IN PARK CHIBA~星空の夜市~@稲毛海浜公園・第2駐車場<7/10(金曜)~7/12(日曜)>
★星空の下のドライブインシアターで、思いっきり映画を楽しもう。頑張った君に、ご褒美の時間★
車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアター。ソーシャルディスタンスを保ち、3密を避けた映画鑑賞ができるということで今注目されています。
7月第2週目のウィークエンドはシンデレラ、ピーターパン、白雪姫の名作3作品を上映!車の中から楽しむ映画はまさに別世界。
※8月31日(月曜)まで不定期で開催されるので、下記URLをご確認ください。
また、下記URLより電子チケットが購入できます(電子チケットはお得!)

★上映作品情報★
7月10日(金曜) シンデレラ(日本語吹き替え)
7月11日(土曜)ピーターパン(日本語吹き替え)
7月12日(日曜)白雪姫(日本語吹き替え)

 

開催日2020年7月10日(金曜)~7月12日(日曜) 入場受付開始18:00、上映開始19:30
開催場所稲毛海浜公園・第2駐車場
住所千葉市美浜区高浜7丁目2-2
交通<京葉道路から> 幕張IC→7.8km(約16分) 「幕張IC」から「幕張1丁目」交差点を右折。突き当たりの「メッセ大橋」を左折。海浜大通りを直進し、「管理事務所入口交差点」を右折。 <東関東自動車道から> 湾岸千葉→5.5km(約11分) 「湾岸千葉」から「若葉」交差点を左折。突き当たりの「見浜園」を左折。 海浜大通りを直進し「管理事務所入口交差点」を右折。
料金それぞれ車1台につき <電子チケット>3,000円 <紙チケット>3,300円 ※消費税込 ※荒天により上映が中止になった場合、映画鑑賞券の払い戻しはいたしませんが、他の上映の鑑賞券と交換を行うことができます。
主催者DRIVE IN PARK CHIBA実行委員会
お問合せTEL:043-205-8808 (平日9~17:00受付) FAX:043-205-8809 (株式会社レインカラーズ内)
「帰ってきた!どうぶつ大行進」@千葉市美術館<7/11(土曜)~9/6(日曜)>
千葉市美術館は1995年の開館以来、約3,000件(約10,000点)にのぼる美術作品や資料を保管しながら、企画展や所蔵作品展を通じその魅力を広く発信してきました。開館25周年を迎える本年、千葉市中央区役所との複合施設であった千葉市美術館は、区役所の移転に伴い全館が美術館となる改修工事を経て、拡張リニューアルオープンいたします。

第1弾の企画展となる本展では、コレクションを幅広くご覧いただけるテーマとして、動物表現を取り上げます。
日本美術には古来実に多くの動物たちが表わされてきました。それは動物との暮らしの中での具体的な関わり合いの様子だけでなく、畏敬し、愛しむ、人々のさまざまな感情を伝えてくれます。動物たちと、そして多様な生きもののいる自然と共に生きてきた日本の姿が、美術の中によく示されているのです。 千葉市美術館では8年前の夏、「どうぶつ大行進」展を開催しました。館内を動物の姿を探して人々がまさに大行進、大いにお楽しみいただきました。今回は、その後コレクションに加わった作品も多数交え、構成を大きく変えてバージョンアップ。江戸時代の絵画や版画を中心に、室町時代から昭和まで、古今の多彩な動物イメージが溢れます。今こそ見たい、麒麟など霊獣の姿や、疫病破邪の生きもの表現までも広く含めて、展示総数約230点。はじめましての皆様はもちろん、あの夏を思い出した皆様も、また本物に出会う時間を夢見るお久しぶりの皆様も、新しくふくらむ!千葉市美術館にどうぞご期待下さい。

 

開催日2020年7月11日(土曜)~9月6日(日曜)10:00~18:00 ※金曜、土曜は20:00まで ※入場受付は閉館の30分前まで
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車※6/18(木曜)現在運休中 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般800円(640円)(税込) 大学生500円(400円)(税込) 小・中学生、高校生、県内在住の65歳以上の方および障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ※( )内は市内にお住まいの65歳以上の方の料金  ※ナイトミュージアム割引 金曜・土曜日の18:00以降にご入場の方は、観覧料が半額になります。
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
申込方法【チケット】 ※ローソンチケット(Lコード:31488、セブンイレブン(セブンチケット)にて当日券を事前にお求めいただけます。
びじゅチューン!×ちばしび なりきり美術館@千葉市美術館さや堂ホール<7/11(土曜)~9/6(日曜)>
千葉市美術館(ちばしび)に、NHK Eテレ「びじゅチューン!」の世界がやってくる!同時開催の常設展「千葉市美術館コレクション名品選2020」にちなみ、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」や「見返り美人図」など、「びじゅチューン!」で歌になったびじゅつ作品の映像を使った体験展示を行います。 びじゅつのなかで遊んでみよう!

★「びじゅチューン!」は世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの番組です。 作詞・作曲・アニメ・歌などすべてを手がけるのはアーティストの井上涼さん。
<びじゅチューン!(http://www.nhk.or.jp/bijutune/)毎週水曜 午後7時50分放送>

 

開催日2020年7月11日(土曜)~9月6日(日曜) 10:00~18:00  ※金曜、土曜は20:00まで ※入場受付は閉館の30分前まで ※休館日:8月3日(月曜)
開催場所千葉市美術館1階さや堂ホール
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車※6/18(木曜)現在運休中 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
「つくりかけラボ01」~遠藤幹子おはなしこうえん~@千葉市美術館<7/11(土曜)~12/13(日曜)>
「つくりかけラボ」は、「五感でたのしむ」・「素材にふれる」・「コミュニケーションがはじまる」いずれかのテーマに沿った公開制作やワークショップを通して、訪れた人々と関わりながら空間を作り上げていく、この夏、千葉市美術館で新しく始まる参加・体験型のアーティストプロジェクトです。いつでも誰でも、空間が変化し続けるクリエイティブな「つくりかけ」を楽しみ、アートに関わることができる表現の場です。
初回は、人のあそび心やイマジネーション、創造力を育むデザインの現場で活躍する遠藤幹子を迎えます。私たちの暮らすまち千葉に伝わる民話「羽衣伝説」を出発点として、来場者とともに物語の世界をつくり、遊びながら育てていきます。
「おはなしこうえん」の舞台となる会場には、虚・実ふたつがパラレルに存在する空間が演出され、バーチャルな体験とフィジカルな体験が融合する場がつくり出されます。会期中、身近な素材やツールを活用した数々のプログラムを通して、物語の世界が少しずつふくらんでいきます。
「おはなしこうえん」の場と物語がどのように変化していくのか、それは、このプロジェクトに様々なかたちで関わる皆さんしだいです。

【関連ワークショップ】

■はじまりのプログラム(オンラインワークショップ)
「新聞紙でハスの花をつくり、おはなしこうえんの舞台をつくろう」
「羽衣伝説」に登場する夏の美しい花・ハス。千葉には、6月下旬から7月にかけて大きな花を咲かせる「大賀ハス」があります。本物を見たことがなくても大丈夫。作り方を楽しく紹介します。作ったハスの花は、「おはなしこうえん」の一部になります。

(1)遠藤さんとみんなで作ろう (オンラインワークショップ)
日時:7月5日(日曜)14:30~16:00(14:00開場/受付開始)
定員:先着15人
対象:どなたでも※小学校3年生以下のお子さんは、保護者と一緒にご参加ください
参加費:無料 事前申込制
必要なもの:新聞紙(朝刊サイズ3冊)、 輪ゴム(3~4本)、セロテープ(1巻、できればセロテープ台も)、ハサミ

・このワークショップでは、ZOOMのミーティングルームを使います。
あらかじめパソコンまたはスマートフォンへのZOOMアプリのインストールをお願いいたします。
・参加者の皆様には、開催日の数日前に、当日会場となるZOOMミーティングルームのURL及びパスワードをお送りいたします。

※お申込みは下記のURLをご覧ください(お申込みフォームがあります)

(2)自分のペースで作ろう
ハスの花の作り方をオンラインで公開します。動画を見ながら作ったハスの花は「おはなしこうえん」へ!
動画は7月4日(土曜)よりこのページで公開します。
必要なもの:新聞紙(朝刊サイズ3冊)、 輪ゴム(3~4本)、セロテープ(1巻、できればセロテープ台も)、ハサミ
完成したハスの花は、直接美術館にお持ちいただくか、下記URL(7月4日公開)より立体撮影をした写真をお送りください。
受付期間:7月11日(土曜)~26日(日曜)
受付場所:美術館4階 子どもアトリエ
※お持ちいただいたハスの花は「おはなしこうえん」の一部になりますので、ご返却できません。
※立体撮影の方法と写真の送り先は7月4日(土曜)より公開します。
※動画およびサイト公開の日程に変更がありましたのでご注意ください。

 

開催日2020年7月11日(土曜)~12月13日(日曜)10:00~18:00 金、土曜日は20:00まで ※入場受付は閉館の30分前まで
開催場所千葉市美術館・4階 子どもアトリエ 
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車※6/29(月曜)現在運休中 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
【プロ野球】千葉ロッテvs.埼玉西武@ZOZOマリンスタジアム<7/10(金曜)~12(日曜)>
■いよいよ、観客の皆さまを迎えての試合です!
※ご入場者制限および、各種ご注意事項があります。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

・マスクの着用は必ず、お願いします→着用されませんと、ご入場いただけません。
・入場時にサーモグラフィーカメラを用いた検温を実施
・手指用消毒液の設置

■選手は7/10、11日はピンストライプユニフォームで、12日はマリンフェスタのブルーのユニフォームを着用します。

※詳しくは、下記URLをご覧ください。

 

開催日2020年7月10日(金曜)18:00~ ・ 7月11日(土曜)・12日(日曜)14:00~
開催場所ZOZOマリンスタジアム
住所千葉市美浜区美浜1
交通・JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分、またはプレナ幕張マリーンズストア海浜幕張店前よりバス「ZOZOマリンスタジアム」行きで終点下車 ・JR総武線・京成電鉄「幕張本郷駅」より1番のりば「ZOZOマリンスタジアム」行きで終点下車
主催者千葉ロッテマリーンズ
お問合せTEL:03-5682-6341
申込方法【チケットについて】 ※2020年シーズンは一部の席種を除きすべて「ダイナミックプライシング(価格変動制)」で販売します ※7月10日(金)~7月12日(日)開催3試合の一般販売では、ZOZOマリンスタジアム Mチケット窓口での前売券販売はありません。 ※リモート応援チケットもあります。
2020年07月15日以降に開催予定のイベント
7月
15
赤ちゃん講座「ベビーマッサージ&ベビーサインコミュニケーションズ」@幕張海浜公園<7/15(水曜)・22(水曜)>
赤ちゃんと一緒に深い呼吸を意識したり、マッサージで自然と腕を伸ばしたりすることでママの血行を良くします。手と声を使って赤ちゃんとのコミュニケーションを取り、お歌や手遊びを交えながら楽しくコミュニケーションの能力を育みましょう♪

【講師】ひいろ ちはる先生(ベビー講師歴13年)

※新型コロナウイルス感染症の影響で中止や内容変更をする場合がございます。最新情報は公園ウェブサイトにてご確認ください

 

開催日2020年7月15日(水)・22日(水) どちらも14:00~15:30
開催場所幕張海浜公園パークセンター内会議室
住所千葉市美浜区ひび野2-116
交通JR「海浜幕張駅」南口より徒歩約10分
料金1,000円(税込)
定員各8組
対象赤ちゃん(お首座り~1歳6ヶ月位)、ママのみ ※注意事項:予防接種24時間以内の場合は参加できません
持ち物バスタオル(赤ちゃんを包めるサイズ)、替えオムツ、ベビーオイル、飲み物
主催者県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ
お問合せTEL:043-296-0126
申込方法電話にて(先着順) 幕張海浜公園パークセンターTEL:043-296-0126 
幕張温泉 湯楽の里(ゆらのさと)NEWオープン!@JFA夢フィールド<7/15(水曜)~>
日帰り温泉施設「JFA夢フィールド 幕張温泉 湯楽の里(ゆらのさと)」が2020年7月15日(水曜)、JFA夢フィールドが立地する千葉県立幕張海浜公園内にオープン!

この温浴施設は、「スポーツリラクゼーション」をコンセプトとしており、誰でも利用できます。
荷物を預け、日本一の長さの人工海浜のひとつ「幕張の浜」をウォーキング・ランニング後に入浴できる「ランニングステーション」として利用できるほか、スポーツストレッチやヨガ教室などを行う予定の「多目的ルーム」を備え、心身のケア&リラクゼーションを提供します。
ドイツの医療分野でも利用されている炭酸泉を高濃度で再現した高濃度炭酸泉を導入するほか、展望露天風呂では、地下2,000mまで掘削して汲み上げた温泉を使用し、東京湾の雄大な景色を楽しみながら、非日常の世界へといざないます。

 

住所千葉市美浜区美浜26(千葉県立幕張海浜公園内)
交通【電車で】JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩約20分 【車で】東関東自動車道 <下り> 湾岸習志野 ICより車で約10分、 <上り)>湾岸千葉 ICより車で約5分 ※JR京葉線「海浜幕張駅」南口より送迎バスを運行予定
料金【入館料】大人(中学生以上) 平日 980円、土曜・休・特定日 1,200円 こども(4歳~小学生) 平日 450円、土曜・休・特定日 500円 【岩盤浴料】平日 300円、土曜・休・特定日 400円 (フリータイム制。大判タオル・岩盤浴着付) 消費税込
お問合せJFA夢フィールド 幕張温泉 湯楽の里 TEL:043‐205‐4126、FAX: 043‐216‐2600
7月
18
コレクション展 名品/都鳥英喜とその周辺/@千葉県立美術館<7/18(土曜)~9/21(月曜・祝)>
千葉県立美術館は“Art Collection”(アート・コレクション)として収蔵作品を季節ごとに様々なテーマで紹介しています。

◆名品
・所蔵する作品約2800点の中から、佐倉藩出身の浅井忠の作品をはじめ、ルノワールの絵画など、特に鑑賞の要望の高い作品を厳選して紹介します。
・高村光太郎は彫刻家として活動したほか、詩人・美術評論家など多彩な顔をもつ芸術家です。その生涯をたどりながら「パンの会」「フュウザン会」をはじめとする幅広い活動と交友関係を作品とともに紹介します。

◆都鳥英喜とその周辺
都鳥英喜は、従兄である浅井忠のもとで洋画を学び、ヨーロッパ留学時には明るい印象派風の作品を多く描きました。都鳥の画業とともに、都鳥と交流した画家たちの作品を紹介します。

画像:
<少女像>ルノワール 1916~1918年 キャンバス・油彩
<海浜風景>都鳥英喜 明治42(1909)年  キャンバス・油彩     

 

開催日2020年7月18日(土曜)~9月21日(月曜・祝) 9:00~16:30
開催場所千葉県立美術館 第3展示室
住所千葉市中央区中央港1-10-1
交通・JR京葉線・千葉モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約10分 ・JR総武線「千葉駅」西口よりバス、26番のりば「千葉みなとループバス タワーコース、千葉ポートタワー」行き(平日10往復、土日祝5往復)で、「県立美術館入口(千葉みなとリハビリ病院)」下車、徒歩3分
料金〈アートコレクション共通〉一般300円、高・大生150円、65歳以上、中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方および介護者1名は無料
主催者千葉県立美術館 
お問合せTEL:043-242-8311
トピックス展~房総の海の遊び 絵はがきを中心に~@千葉県立中央博物館<7/18(土曜)~8/31(月曜)>
房総半島は三方を海に囲まれ、多くの人口を抱える首都からほど近いという立地条件により、古くから海水浴や地引き網、潮干狩りや磯遊び等の海の遊び(マリンレジャー)の舞台として人々に親しまれてきました。
本展示では、そのようなマリンレジャーの舞台として発展してきた房総半島の海岸の明治期からの変遷を、絵はがきを中心とし、観光チラシや古写真などを併せて展示することによって紹介いたします。

【見どころ】
(序)房総の海のはじめ事始め
大正14年発行の『遊覧房総』によれば、当時の房総半島における海岸の観光地は、風光明媚な景勝地であると共にそのほとんどが「海水浴場」として認識されていたことがわかります。
本コーナーでは、明治期から大正期の古い絵はがきを中心に房総の海水浴の初期の姿を紹介します。

(1)昭和10年頃の海水浴場
昭和10年頃になると房総半島の沿岸各地に海水浴場が作られるようになりました。各海水浴場では、納涼台やヨットハーバーの建設といった大規模なものから砂浜へのブランコや滑り台等の遊具を設置つくるといった小規模なものまで、様々な工夫で観光客の誘致に励みました。
本コーナーでは、このような活気のある海水浴場の様子を絵はがきや観光チラシなどによって紹介します。

(2)木更津の海
古くから港町として栄えた木更津は、証城寺の狸囃子で有名な證誠寺、歌舞伎演目『与話情浮名横櫛』で有名な「切られ与三」や「蝙蝠安」の墓などの観光スポットがあります。これらの観光スポットと潮干狩りや観光簀立てなどの海のレジャーを数日かけて楽しむため、大浴場を備えた大型の旅館も早くから開業していました。
木更津の海のレジャーの変遷について、絵はがきや観光チラシで紹介します。

(3)戦後の海の総合レジャーランド
戦後まもなく、勝山町の大黒山のふもとにさまざまな遊具施設を備えた勝山遊園地が建設されました。付近にはその後、竜宮城を模した水族館、ヘルスセンター(温泉保養施設)、頼朝荘(宿泊施設)が建てられ、総合レジャーランドへと発展しました。本コーナーではこうした勝山の海岸の発展を絵はがきや観光チラシを通して紹介します。

(4)谷津遊園と船橋ヘルスセンター
大正14年に開設された県内の遊園地の草分け的な存在の谷津遊園、昭和30年にオープンし、最盛期は年間400万人もの入場者を誇った船橋ヘルスセンター。共に海水浴や潮干狩り等の海のレジャーも楽しむことができました。
かつての千葉県を代表する総合レジャーランドについて、絵はがきをはじめ、当時の観光チラシ、古写真等で紹介します。

 

開催日2020年7月18日(土曜)~8月31日(月曜)10:00~16:30(入館は16:00まで)※当面の間、開館時刻は10:00です※7月20日(月曜)を除き、会期中無休
開催場所千葉県立中央博物館・第2企画展示室
住所千葉市中央区青葉町955‐2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分 ・JR「蘇我駅」東口よりバス、2番のりば「千葉大学病院」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約6分 ・京成電鉄「千葉寺駅」から徒歩20分、またはバス、1番のりば「大学病院」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分 ※車の場合は、「青葉の森公園北口駐車場」(有料)が便利です
料金一般300円 高校生・大学生150円 中学生以下・65歳以上の方・障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※現在団体受付を中止しております
主催者千葉県立中央博物館
お問合せ千葉県立中央博物館 TEL:043-265-3111
7月
22
赤ちゃん講座「ベビーマッサージ&ベビーサインコミュニケーションズ」@幕張海浜公園<7/15(水曜)・22(水曜)>
赤ちゃんと一緒に深い呼吸を意識したり、マッサージで自然と腕を伸ばしたりすることでママの血行を良くします。手と声を使って赤ちゃんとのコミュニケーションを取り、お歌や手遊びを交えながら楽しくコミュニケーションの能力を育みましょう♪

【講師】ひいろ ちはる先生(ベビー講師歴13年)

※新型コロナウイルス感染症の影響で中止や内容変更をする場合がございます。最新情報は公園ウェブサイトにてご確認ください

 

開催日2020年7月15日(水)・22日(水) どちらも14:00~15:30
開催場所幕張海浜公園パークセンター内会議室
住所千葉市美浜区ひび野2-116
交通JR「海浜幕張駅」南口より徒歩約10分
料金1,000円(税込)
定員各8組
対象赤ちゃん(お首座り~1歳6ヶ月位)、ママのみ ※注意事項:予防接種24時間以内の場合は参加できません
持ち物バスタオル(赤ちゃんを包めるサイズ)、替えオムツ、ベビーオイル、飲み物
主催者県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ
お問合せTEL:043-296-0126
申込方法電話にて(先着順) 幕張海浜公園パークセンターTEL:043-296-0126 
7月
23
ようこそ!夏の子どもたち@三陽メディアフラワーミュージアム<7/23(木曜・祝)~8/23(日曜)>
~ようこそ!夏の子どもたち~
夏は子どもたちの季節。いつもよりちょっと短い夏休みだけど、そのぶん、いっぱい遊んじゃえ!
大人たちを巻き込んで絵日記映えする思い出をつくっちゃおう!

■イベント・ワークショップ
工作バイキング(輪切りをグルーガンで貼り付けて、かわいいチョークボードを作ります)
日時:7/25(土曜)・26(日曜)・8/15(土曜)・16(日曜)11:00~15:00
定員:先着20人
料金:500円 

 

開催日2020年7月23日(木曜・祝)~8月23日(日曜)  
開催場所三陽メディアフラワーミュージアム 千葉市花の美術館 開館時間9:30~17:00
住所千葉市美浜区高浜7-2-4
交通・JR「稲毛駅」西口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園プール」行き「花の美術館」下車、または「高浜車庫」行き、終点下車徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園入口」行き、終点下車徒歩5分
料金【入館料】大人300円、小・中学生150円(団体割引あり)※体験教室は別途料金がかかります。
主催者三陽メディアフラワーミュージアム
お問合せ三陽メディアフラワーミュージアム TEL:043-277-8776 ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
見浜園 夕涼み2020@幕張海浜公園<7/23(木曜)~26(日曜)>
7/23(木曜)~7/26(日曜)の期間、見浜園の開園時間が延長になります。「涼」に演出された見浜園で、夕涼みをお楽しみください。風鈴の音色を聞きながら日本庭園を散策したり、お茶室「松籟亭(しょうらいてい)」で冷抹茶を召し上がっていただけます。他にも和雑貨づくり体験やARアプリを使用したオリジナルフォトフレーム、撮影スポットも登場します♪
期間中園内ではお香を焚いています。落ち着いた気分で散策を楽しんでください。

【夕涼み限定企画!】
・開園時間を19:00まで延長
・お茶室見学
・浴衣・着物・甚平でご来園の方は入園料無料
・お香を使った香りの演出
・風鈴の音色で癒しのひと時
・フォトスポット

【ものづくり体験】
(1)つまみ細工づくり
日時:7月23日(木曜)10:30~16:00
場所:パークセンター
料金:300円(税込)
定員:30名

(2)うちわ作り体験
日時:7月24日(金曜)13:00~16:00
場所:パークセンター
料金:300円(税込)
定員:20名

(3)ハーバリウム作り体験
日時:7月25日(土曜)13:00~16:00
場所:パークセンター
料金:300円(税込)
定員:20名

※材料がなくなり次第終了
※一度に会場に入る人数を制限する場合があります
※新型コロナウイルス感染症の影響で中止・内容を変更する場合があります

 

開催日2020年7月23日(木曜)~26日(日曜) 8:00~19:00(呈茶サービスは9:00~18:30)
開催場所幕張海浜公園 見浜園・松籟亭・パークセンター(ものづくり体験)
住所千葉市美浜区ひび野2-116
交通JR「海浜幕張駅」南口より徒歩約10分
料金見浜園入園料:大人100円、小中高50円、65歳以上身分証明提示で無料 ※浴衣でご来園の方は入園無料 呈茶600円 ものづくり体験300円
主催者県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ
お問合せTEL:043-296-0126
申込方法ものづくり体験は当日受付
7月
25
工場夜景クルーズ!<7/11・25・8/8・22(土曜)>
緊急事態宣言解除により7月より夜景クルーズ・定期便を再開します。

千葉港を中心に広がる京葉工業地帯の幻想的な工場夜景を、船から満喫する、約70分のクルーズです。
東京湾に沈む夕日を眺めた後、コスモ石油、オレンジ色の灯りは日本一ともいわれるJFEスチール東日本製鉄所、ポートタワー、キリンの愛称で知られるガントリークレーン、コークス工場など京葉工業地帯の灯の数々を船上から間近にのぞみます。そして食品コンビナートにある千葉共同サイロ(株)のサイロ(貯蔵庫)にてライトアップ&レーザービルボードを上映しています。
工場夜景に加えて千葉市の海辺の新たな魅力となる、音と光のレーザーショーを夏の夜にお楽しみください♪

7月のレーザーショーは「麦物語」です。

 

開催日2020年7月11日(土曜)19:15~、7月25日(土曜)19:05~、8月8日(土曜)18:55~、8月22日(土曜)18:35~
開催場所乗船場所:旅客船ターミナル複合施設、ケーズハーバー
住所千葉市中央区中央港1-20-1
交通・千葉都市モノレール・JR「千葉みなと駅」より徒歩約6分 ・JR「千葉駅」西口より小湊バス、26番のりば「千葉みなとループバス・タワーコース」で「ケーズハーバー」下車 ・JR「千葉駅」西口よりちばシティバス、27番のりば「幸町」「稲毛駅」行きで「千葉みなと駅」下車 ・JR「千葉駅」西口よりちばシティバス、25番のりばから 「新港車庫前」行きで「千葉みなと病院」下車※月~土のみ運行 ・JR「千葉駅」東口よりバス、11番のりば「幸町団地」「稲毛海岸駅」行きで「千葉みなと駅」下車 ※駐車台数には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。
料金大人2,200円、小中学生1,100円
定員100名(先着順)
主催者千葉ポートサービス
お問合せTEL:043-205-4333
申込方法予約制です。下記ウェブサイト内メールフォームより、または、上記電話にて予約(当日空きがあればご乗船可能です)。
7月
31
AUTOMOBILE COUNCIL 2020@幕張メッセ<7/31(金曜)~8/2(日曜)>
「AUTOMOBILE COUNCIL 2020」 開催!

※新型コロナウイルス感染症に関するさまざまな状況等を考慮し延期となっておりましたが、ついに7月31日(金曜)・8月1日(土曜)・2日(日曜)開催します!

「CLASSIC MEETS MODERN」がテーマ!
昨年に続き“クルマを中心とした大人の趣味人が集う3日間の夢の街”をコンセプトに会場を展開 。 本年は更なるパワーアップを図り、従来の車両展示に加え、カーライフや日常生活をさらに豊かに楽しむための様々な商品やサービスを紹介。 クルマやファッション、インテリア、グルメなど「大人の趣味人」が集う架空の街で、スケール感あるファンタスティックな“クルマの宴”が楽しめます。

 

開催日2020年7月31日(金曜) 特別内覧日 9:00~17:00(プレス関係者+限定3,000名の一般来場者)8月1日(土曜)・2日(日曜) Public day 9:00~17:00
開催場所幕張メッセ
住所千葉市美浜区中瀬2-1
交通【電車・バスで】 ・JR京葉線・武蔵野線「海浜幕張駅」南口より徒歩5分(東京駅から快速利用で約30分、蘇我駅から約12分) ・JR総武線・京成電鉄「幕張本郷駅」南口よりバス、1番のりば(京成バス)から「海浜幕張駅行き」で「海浜幕張駅」下車(約15分)、徒歩5分 または、「ZOZOマリンスタジアム/医療センター行き」で「タウンセンター」下車(約17分)、徒歩3分 または、「幕張メッセ中央行き」 で「幕張メッセ中央」下車(約17分)、徒歩1分 【車で】 東関東自動車道「湾岸習志野IC」(下り)、「湾岸千葉IC」(上り)、または、京葉道路「幕張IC」から約5分 ※幕張メッセ駐車場:1日1回1,000円、8:00~23:00(入庫は21:00まで)
主催者AUTOMOBILE COUNCIL 2020 実行委員会
お問合せ※現在、メールのみの対応となっております。 E-Mail:info@automobile-council.com
申込方法・各チケットについて <既に前売り券を購入し、再変更日程で来場予定のお客様> ご購入いただいた 「特別内覧日」、「Automobile & Music day」、「Public day」、「土曜ペアチケット」、「日曜ペアチケット」 の 各前売りチケットは、再変更後のスライド適応日(※)にてそのまま入場できます。 ※ 4月3日(金曜)→7月31日(金曜) 4月4日(土曜)→8月1日(土曜) 4月5日(日曜)→8月2日(日曜) なお、8月1(土曜)はプログラムが変更され「Public day」となりますので、料金が改定になります。 当日、4月4日(土曜)分の前売りチケット(1人用・ペア)で来場する方は受付にて差額を払い戻しいたします。 1人用チケット 3,500 円→2,000 円 (1,500 円の払い戻し) ペアチケット 6,500 円→3,500 円 (3,000 円の払い戻し) ※上記ほか、新日程のチケット等、詳細は下記URLをご覧ください。

お店のニュースTwitter

観光PR大使Instagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2020-07-13
曇のち雨
26/
明日
2020-07-14
26/22

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • お店のトピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2020

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真