イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
イナズマデリバリーバイザウエイの宇宙冒険⁉ーブラックホールとの遭遇@千葉市科学館<2020/10/1(木曜)~2021/9/30(木曜)>
地球から遠く離れた、どこかの惑星に住む宇宙人・バイザウェイ。
地球のサメに会うため、宇宙に飛び出したバイザウェイは、色々な銀河やブラックホールなど、摩訶不思議な天体の姿に興味深々。
バイザウェイは、無事に地球にたどり着けるかな?

アニメ「イナズマデリバリー」のプラネタリウム版 オリジナルストーリーです。

 

開催日2020年10月1日(木曜)~2021年9月30日(木曜) 
開催場所千葉市科学館7階プラネタリウム
住所千葉市中央区富士見4-5-1 Qiball
交通JR総武線千葉駅より徒歩15分 京成千葉中央駅より徒歩6分 千葉モノレール葭川公園駅より徒歩5分
料金大人510円(410円) 高校生300円(240円)、小中学生100円(80円) ()内は団体料金
主催者千葉市科学館
お問合せ043-308-0511
【企画展】大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師@千葉市美術館<2021/4/10(土曜)~7/4(日曜)>
絵画、陶彫、マンガ、絵本、イラストなどのジャンルを縦横無尽に横断しながら独創的な世界を展開した立石紘一、ことタイガー立石、こと立石大河亞(1941-98)。
立石は1998年4月に56歳という若さでこの世を去りましたが、没後20年を過ぎ、生誕80年をむかえる今年、約200点の作品・資料によってその多彩な活動をふり返ります。


1941年、九州・筑豊の伊田町(現・福岡県田川市)に生まれた立石は、大学進学のために上京。63年の「読売アンデパンダン」展でデビューし、翌年には中村宏(1932年生)と「観光芸術研究所」を結成。時代や社会を象徴する人物やイメージなどを多彩に引用して描かれたその作品は、和製ポップ・アートのさきがけとして注目を集めました。65年からは漫画も描きはじめ、「タイガー立石」のペンネームで雑誌や新聞にナンセンス漫画の連載をもつまでになります。60年代末から多くの子どもたちが口にした「ニャロメ」ということばは赤塚不二夫(1935-2008)と交流があった彼の造語でした。

マンガの制作が多忙になった1969年3月、ミラノに移住。のべ13年にわたるミラノ時代は、マンガからヒントを得たコマ割り絵画を精力的に制作する一方、デザイナーや建築家とのコラボレーションで数多くのイラストやデザイン、宣伝広告などを手がけています。

1982年に帰国し、85年から千葉・市原を拠点に活動します。90年以降は絵画や陶彫作品を「立石大河亞」、マンガや絵本を「タイガー立石」の名義で発表しました。

立石の作品はどの時期のものであっても、さまざまなできごとや観念が地層のようにつみ重なっています。このため、「見る」だけではなく「読む」ことによって、作者がつくり出した世界だけでなく、わたしたちの思考の回路も多次元にひろがるかのようです。

 

開催日2021年4月10日(土曜)~7月4日(日曜)10:00 ~18:00 (金曜・土曜は、20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで ※休室日 5月6日(木曜)、24日(月曜)、6月7日(月曜)
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料 ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料  ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額
主催者千葉市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問合せ千葉市美術館 TEL:043‐221-2311
申込方法※前売券はミュージアムショップ、ローソンチケット[Lコード:32295]、セブンイレブン[セブンコード:033-362]および、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて4月9日まで販売(4月10日以降は当日券販売)。
武藤亜希子 C+H+I+B+A ARTシェアばたけ (つくりかけラボ03)@千葉市美術館<4/15(木曜)~7/4(日曜)>
「つくりかけラボ」は、「五感でたのしむ」・「素材にふれる」・「コミュニケーションがはじまる」いずれかのテーマに沿った公開制作やワークショップを通して、訪れた人々と関わりながら空間を作り上げていく、参加・体験型のアーティストプロジェクトです。いつでも誰でも、空間が変化し続けるクリエイティブな「つくりかけ」を楽しみ、アートに関わることができる表現の場です。

第3回では現代美術家の武藤亜希子さんをお迎えし、「素材にふれる」をテーマに空間をつくりかえます。
会場にはたくさんの実や草花が集まる「シェアばたけ」が登場。
その場を訪れた皆の手で、時間をかけて育てていきます。
見たことのない実や不思議な草花、どんな「はたけ」に出会えるか、どうぞお楽しみに!

<きみだけの実をつくって、美術館へもってこよう!>
本チラシの真ん中は「実」になっています。切り抜いて、絵を描いたり、シールを貼ってきみだけの実をつくって、美術館へもってこよう!
チラシは、千葉市観光情報センター(千葉駅前・海浜幕張駅構内)でも配布しています。


<アーティストからのメッセージ>
小さいときから家の畑でイモ掘りをし、落花生のからであやされていました。今も家の近くの農産物直売所で、季節のいろいろな色やかたちの野菜や果物、花や苗を見るのが楽しみです。アートの「シェアばたけ」では、会場でオリジナルの実や草花を制作し、「はたけ」は毎日変化していきます。みなさんと一緒にすてきな「 はたけ」になりますように!

※予定が変更になる場合があります。最新の状況はホームページをご確認ください。

 

開催日2021年4月15日(木曜)~7月4日(日曜)10:00~18:00  金曜・土曜は20:00まで開館  ※入場受付は閉館の30分前まで ※5月6日(木曜)、6月7日(月曜)は休館
開催場所千葉市美術館・4階 子どもアトリエ 
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
千葉市美術館コレクション選@千葉市美術館<5/7(金曜)~6/6(日曜)>
千葉市美術館のコレクションは、3つの収集方針「千葉市を中心とした房総ゆかりの作品」、「近世から近代の日本絵画と版画」、「1945年以降の現代美術」に沿って収集されています。

この展示室では、約10,000点のコレクションの中から、それぞれの収集方針を代表する作品を順次ご紹介しています。約1ヶ月おき(現代美術は約3ヶ月おき)を目安に展示替えを行い、コレクションのハイライトをご覧いただきます。バラエティに富んだ千葉市美術館のコレクションをご堪能ください。

※松村景文《鮎図》文政~天保(1818~44)期 千葉市美術館蔵
※渓斎英泉《第二 木曾街道 板橋之驛》天保6-7年(1835-36)頃 千葉市美術館蔵

 

開催日2021年5月7日(金曜)~6月6日(日曜) 10:00~18:00 ※入場受付は閉館の30分前まで ※金曜・土曜は20:00迄
開催場所千葉市美術館 5階常設展示室
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金観覧料:一般300円/大学生220円 ※小・中学生、高校生、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名 、市内にお住まいの65歳以上の方の料金は無料   
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
小企画展「陸軍気球連隊と第二格納庫-知られざる軍用気球のあゆみと技術遺産ダイヤモンドトラス-」@千葉市立郷土博物館<5/26(水曜)~7/11(日曜)>
開催概要
千葉市稲毛区作草部にあった陸軍気球連隊は、鉄道連隊や歩兵学校、戦車学校と並んで、軍都千葉を特徴づける存在でした。その前史である軍用気球の始まりから埼玉県所沢の気球隊の活動、千葉郡都賀村作草部に移転後の地元との交流や戦争とのかかわりについて展示します。さらに昨年惜しまれつつ解体された旧気球連隊第二格納庫について、寄贈を受けた骨組みと模型を中心に、昭和初期の高度な建築技術ダイヤモンドトラスを紹介します。これらの資料により、全国唯一の気球連隊を通じて軍都千葉のあゆみを知り、「市制100周年」を迎える千葉市にとって忘れてはならない戦争の歴史と平和の尊さについて考える機会を提供します。

 

開催日2021年5月26日(水曜)~7月11日(日曜)【開館時間】9:00から17:00まで(入館は16:30まで)【休館日】月曜(祝日の場合翌日) 他に、臨時で休館する場合があります。
開催場所千葉市郷土博物館・1階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」より徒歩13分 ・JR「本千葉駅」より徒歩15分
料金無料
主催者千葉市立郷土博物館 企画協力 千葉市近現代を知る会(会長:市原徹様) 伊藤奈津絵様
お問合せTEL:043‐222-8231
第2期コレクション展@千葉県立美術館<5/29(土曜)~7/4(日曜)>
【第2期コレクション展】

●香取秀真 -近代金工と古典- (第3展示室)

<概要>
 香取秀真は千葉県印旛郡船穂村(現在の印西市船尾)に生まれた金工家です。東京美術学校鋳金科で学び、卒業後は、古典的で格調高い作品が評価され、パリ大博覧会の銀賞牌など数々の賞を受賞しました。工芸家の地位向上に尽力し、昭和2(1927) 年の帝展工芸部門開設にも貢献したほか、金工史を体系的に研究し、『金工史談』など多くの著作を残したことでも知られます。その功績から、鋳金家として初めて文化勲章を受章しました。

 本展では、香炉、茶の湯釜、花瓶などの代表的作品約20点に加え、晩年に手掛けた長野県松本市の寺の梵鐘に焦点を当てて、資料及び写真を紹介します。

●作家たちの青春と外国 -若き作家たちが外国で得たもの- (第1・2展示室)

<概要>
 日本の明治から昭和の時代にかけて、欧米では様々な美術運動が起こりましたが、その渦中に身を投じ、自己の研鑽に生かしたいとの思いから、多くの日本人作家がそれぞれ目的とする国へ旅立ちました。

 この展覧会では、外国で一時期を過ごした作家たちが、外国でどう過ごし、何を学び、帰国後、それをどう生かしたのかを、日本画、洋画、版画、彫刻の各分野の作品により紹介します。

 なお、日本から外国へ旅立った作家たちに関連し、彼らを現地で指導した作家と、外国から日本に憧れて来日した作家たちの作品も併せて紹介します。

●名品2 ―技法の趣2― (第8展示室)


<概要>
 千葉県立美術館では、千葉県ゆかりの作品を中心に、約2,800点の作品を収蔵しています。

 本展では、コレクションの主軸であり、佐倉藩出身で近代洋画の先駆者である浅井忠の作品をはじめ、浅井に関連するミレーなどバルビゾン派の絵画を紹介するほか、日本画、工芸など収蔵作品のうち鑑賞の要望が高い作品を展示するとともに、日本画、洋画、彫刻、工芸の分野ごとに、多様な技法の作品を展示し、当館の充実したコレクションをご紹介します。

<主な展示作品>
・ミレー《垣根に沿って草を食む羊》1860年頃
・浅井忠《藁屋根》明治20(1887)年頃(千葉県有形指定文化財)
・高村光太郎《手》大正7(1918)年
・石井林響《白閑鳥》大正13(1924)〜大正14(1925)年

※詳しくは下記URLのホームページをご覧ください。

 

開催日2021年5月29日(土曜)~7月4日(日曜) 9:00〜16:30 
開催場所千葉県立美術館・第1・2・3・8展示室
住所千葉市中央区中央港1‐10‐1
交通JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約10分
料金〈コレクション展共通〉一般300円/高・大150円  65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料  *20名以上は団体料金(それぞれ2割引)
主催者千葉県立美術館
お問合せTel:043-242-8311  Fax:043-241-7880
スマホで参加!フォトギャラリー ちばの散歩道~清夏~@千葉市生涯学習センター<6/1(火曜)~6/30(水曜)>
<講座概要>
ちばの季節を皆さんに届けてみませんか?
昼間の暑さと夕暮れの涼しさ、6月はひと月の中でも様々な表情をみせてくれます。何気ない1日をあなたのスマートフォンに収めてみませんか。
季節を感じる写真に簡単なコメントを添えてぜひご投稿ください。もちろんデジカメで撮影した写真もお待ちしています。お寄せいただいた作品は、千葉市生涯学習センターのホームページやSNSでご紹介します。


 

開催日2021年6月1日(火曜)~6月30日(水曜)
料金無料
定員どなたでもご応募いただけます。
対象 受付期間外に撮影した写真も投稿可能です。
主催者千葉市生涯学習センター メディア学習担当 
お問合せTEL:043-207-5823  FAX:043-207-5824 E-mail:manabi.kouza@ccllf.jp (毎月第4月曜日休館)
申込方法注意事項に同意の上、写真に簡単なコメントを添えてメールでお申し込みください。 応募の際は、下記の必要事項の明記をお願いします。 ①催し名「ちばの散歩道」②氏名(ふりがな)③年代④電話番号 【重要】 「manabi.kouza@ccllf.jp」からのメールを受け取れるように設定してください。 お申し込み日から4日過ぎても連絡がない場合は、お申込みメールが届いていない可能性がありますので、必ずお問い合わせください。 ※締切は、6/30 (水曜) 必着です。 ※詳しくは下記URLをご覧下さい。
第2回千葉市制100周年記念フォトコンテスト ~写真でつながる100周年~<6/1(火曜)~8/31(火曜)投稿分まで>
「第2回千葉市制100周年記念フォトコンテスト ~写真でつながる100周年~」を開催します!
入賞作品には、千葉市の魅力満載の賞品をプレゼントいたします!詳しくは下記の募集要項をご覧ください。

<募集要項>

テーマ 『100年後に残したい千葉市』
未来に残したい大切な風景や催事、子どもたちに伝えたい大切なモノ、ワクワク・ドキドキ感動したできごと、ユニークな視点で切り取った千葉市の魅力など、幅広く、皆さんの思い入れのある千葉市の風景・モノ・イベント等の写真を募集します。

<賞>

『最優秀賞』 1名
1万円相当の賞品を3セット、もしくはちばシティポイント25,000ポイント

『優秀賞』 2名 
1万円相当の賞品を2セット、もしくはちばシティポイント15,000ポイント

『入選』 9名
1万円相当の賞品を1セット、もしくはちばシティポイント5,000ポイント

『参加賞』 抽選で100名
特製100周年ロゴマーク入りコットントートバック

<結果通知と入賞・当選の確定>
通知は入賞者および当選者のみにいたします。2021年9月中旬~下旬を予定しております。
確定後、「千葉市制100周年記念サイト」で発表いたしますので、ご確認ください。

・入賞および当選のご連絡はフォトコンテスト事務局(都市アイデンティティ推進課・株式会社オニオン新聞社)よりインスタグラムのダイレクトメール(DM)でのみ行います。
・ご連絡から10日間経過してもご返信がない場合、入賞・当選は無効となります。
・市制100周年公式インスタグラムのフォローが外れている場合、入賞は無効となります。ご注意ください。
・入賞者へはオリジナル写真のご提供をお願いしております。ご提供いただけない場合、入賞は無効となります。
・入賞および当選の権利は第三者に譲渡することはできません。
・賞品等の発送は日本国内に限ります。

※詳しくは下記URLをご覧ください。

 

開催日2021年6月1日(火曜)~8月31日(火曜)
対象【応募資格】プロ・アマ問わず。どなたでも参加できます。 ただし、18歳未満の方は、親権者の同意を得て投稿してください。
お問合せ千葉市総合政策局総合政策部都市アイデンティティ推進課 TEL:043-245-5660 FAX:043-245-5476 E-mail:chiba100th@city.chiba.lg.jp
申込方法今回のフォトコンテストはインスタグラムを利用して行います。 ご応募いただける方は、まずインスタグラムのアカウントを取得してください。 <応募手順> 1.市制100周年公式インスタグラムアカウント「city.chiba100th」をフォロー(外部サイトへリンク) 2.テーマに合わせた写真を用意 3.写真にひとこと! 4.ハッシュタグ「#ちば100フォトコン」を付けて写真を投稿 <応募上の注意> ・何度でもご応募いただけますが、異なる写真の投稿をお願いします。 ・第三者の肖像、プライバシーおよび著作物等を含む作品の場合は当該権利者からの事前使用許諾・承認を受けた上でご応募ください。 ・当落に関するご質問は受け付けません。 ・公開のアカウントで投稿願います。非公開アカウント、指定のハッシュタグが付いていない投稿は対象外となります。 ・ご応募いただいた時点で募集要項に同意していただいたものとみなします。
これから開催予定のイベント