千葉市初詣ガイド2015

千葉市を代表する神社といえば、中心街に位置し妙見さまの通称で知られる千葉神社です。かつて千葉の地を治めた千葉氏から代々一門の守護神として崇められることはもちろん、北極星の神様をお祀りする総本宮として全国から参拝の方が訪れ、三が日は県内で成田山に次ぐ人出を誇ります。
そして安産・子育ての神様として親しまれている稲毛浅間神社や八方除けで知られる検見川神社など、千葉市には個性溢れる霊験あらたかな寺社が数々あります。アクセスの良い中央区のスポットも注目です。
一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。
今年は千葉市の名刹を巡ってみてはいかがでしょうか。

1妙見本宮 千葉神社

2015年のスタートは「妙見さま」で!

▲上下二つの拝殿を有する日本初の重層社殿。厄除けや合格祈願ほかご利益も多彩
▲千葉市鳶伝統文化保存会の方々による「梯子乗り」の奉納

毎年63万人以上の人々が初詣に訪れる、妙見信仰の頂点に立つ千葉県を代表する神社。年末年始は、忌火に向かい妙見礼讃詞を唱える「納めの妙見」(12/28(日))のほか、身体についた罪や穢れを祓い清める「年越大祓式」(12/31(水))、新年を迎えると同時に実施する「迎春太鼓」(1/1(祝))や千葉市鳶伝統文化保存会の方々による「梯子乗り」(1/3(土))など、祭典や催しが満載!

住所
千葉市中央区院内1-16-1MAP
TEL
043-224-2211
アクセス
JR・京成・千葉モノレール「千葉」駅より徒歩約10分
駐車場
なし
URL
http://www.chibajinja.com

2稲毛浅間神社

古くから千葉氏の信仰を集める神社

▲初詣は毎年多くの人出でにぎわう
▲年に4回神楽殿で十二座神楽が奉納される

富士山本宮浅間大社の分霊を奉ったのが起源とされる稲毛浅間神社は、代々、千葉氏の信仰が篤い神社としても知られています。祭神は、安産子育ての神様「木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)。千葉市指定天然記念物に指定される境内の老松など見どころも多く、正月の13:00からは、日本神話を題材にした十二座神楽が奉納されます。

住所
千葉市稲毛区稲毛1-15-10MAP
TEL
043-245-7777
アクセス
京成稲毛駅より徒歩5分、JR稲毛駅より徒歩15分
東関東自動車道・湾岸習志野ICから車で約15分
駐車場
無料80台
URL
http://www.inage-sengenjinja.or.jp

3検見川神社

森羅万象の災難を取り除く、八方除の守護神を祀る古社

▲平安時代前期に創建された検見川神社
▲古来より悪事を祓い、幸運をもたらすといわれる「真石」

かつての漁港の町・検見川で航海安全の守護神として住民の信仰を集めてきた「検見川神社」。八方除の神社として知られ、地相・家相・方位・日柄・歳回り・風水などに基づく森羅万象すべての災難を取り除くご利益があるといわれています。元旦は午前0時から八方除祭を執り行い、大晦日と三が日の夜にはかがり火が焚かれます。厳かな雰囲気の中で、今年一年の無事を祈りましょう。

住所
千葉市花見川区検見川町1-1MAP
TEL
043-273-0001
アクセス
京成検見川駅より徒歩1分、JR新検見川駅より徒歩6分
京葉道路・幕張ICまたは武石ICから約8分、
東関東自動車道・湾岸習志野ICまたは
湾岸千葉ICから約8分
駐車場
無料50台
URL
http://www.kemigawa-jinja.com/

4千葉縣護國神社

国難に殉じられた人々を祀る「護國神社」で1年の安泰祈願を

▲毎年の御祭神の命日祭のほか、年祭・初宮詣・七五三詣・結婚式・厄除祈願などを受け付けています

明治天皇の深い思召を以て、一身を捧げて国難に殉じられた人々の勲を永く顕彰し、そのみたまをお慰め申し上げるために創建。第一次世界大戦・満州事変・支那事変・大東亜戦争などにおいて尊いいのちを捧げられた方々のみたまを「護國」の神として、身分・勲階・男女の区分なく、すべて祖国に殉ぜられた尊いみたまとして斉しく大切に祀られています。

住所
千葉市中央区弁天3-16-1MAP
TEL
043-251-0486
アクセス
JR・京成・千葉モノレール「千葉」駅より徒歩約12分
京葉道路・穴川ICから車で10分
駐車場
無料10台
URL
http://www.jin.ne.jp/gokoku/main.html

5登渡神社

西千葉総鎮守と称えられ、広く一般の人々から尊崇される通称「登戸神社」

▲信州上諏訪の立川内匠正の作となる本殿の諸彫刻は千葉市文 化財に指定されています

造化三神と称えられる天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)と、一般的にお酉様として知られる天日鷲神(あめのひわしのかみ)を祭神とし、千葉市西部地区全域に及ぶところから特に西千葉総鎮守と称えられ広く一般の人々から尊崇されています。元日の午前0時から2時頃までお囃子が奉納され、正月の3ヶ日には御神酒や甘酒の振る舞い、お札などの授与を行います。

住所
千葉市中央区登戸3-3-8MAP
TEL
043-242-3403
アクセス
京成新千葉駅から徒歩3分・
JR千葉駅から徒歩10分
駐車場
無料10台

6白幡神社

源頼朝にゆかりのある「白幡神社」

▲古くから新宿町の守護神として崇敬されています

白幡神社はもと「結城稲荷」「白幡稲荷」といわれ、その昔、房総に逃れた源頼朝が千葉常胤(ちばつねたね)を頼って千葉を通った際に、源氏の白幡を奉納したと言われています。鎮座の地からは鉄剣も出土しており、古くは海浜の上に突き出した洲の上に築かれていた古墳であったと推定されています。

住所
千葉市中央区新宿1-19-4MAP
TEL
043-222-0438(寒川神社)
アクセス
京成千葉中央駅またはJR本千葉駅より徒歩約12分
京葉道路・松ケ丘ICから車で20分
駐車場
なし

7寒川神社

身に降りかかるあらゆる災厄を祓い清め、開運招福をもたらす新年を

▲元旦の午前0時、千葉港に停泊する船の警笛と神社拝殿前に据えられた大太鼓の連打を合図に初詣参拝がはじまります

日本の総氏神様である「天照大御神」と、あらゆる災厄を祓い除ける「寒川比古命」「寒川比売命」を祭神とする「寒川神社」は、魔除、厄除、方位除にご利益のある神社として崇敬を集めています。元日には神社拝殿前に据えられた大太鼓を、一年の災厄を祓って福を招きよせる「開運元朝太鼓」として参詣客が自由に叩くことができます。また、午前0時から午前1時30分までは甘酒や豚汁、つきたてのお餅などの接待があります。

住所
千葉市中央区寒川町1-123MAP
TEL
043-222-0438
アクセス
本千葉駅より徒歩10分
湾岸習志野ICまたは京葉道路・幕張ICから車で約10分
駐車場
無料4台
URL
http://www5a.biglobe.ne.jp/~samugawa/

8千葉寺(せんようじ)

観音霊場巡りでも知られる市内有数の古刹

▲歴史を感じさせる山門

市内最古の寺院・千葉寺は和銅2年(709)に創建された、坂東三十三ヶ所の第29番の観音霊場札所として知られている寺院です。境内には標高30m、幹の太さ8mの千葉県の天然記念物に指定されている大銀杏が根を下ろしています。2015年1月1日午前0時から、本堂で大護摩を行います。

住所
千葉市中央区千葉寺町161MAP
TEL
043-261-3723
アクセス
京葉道路・松ヶ丘ICから約3分
駐車場
無料30台

千葉市初詣スポットマップ

コメント

【特集バックナンバー】

お店のニュース

お店と施設の今日の情報に注目!

  • IMG_1116

  • ローズフェア-001

    ローズフェア
    (2017.5.23)

  • IMG_0319

  • もっと見る…

    イベントカレンダー

    この日はココ!イベントへGo!

    アクセスランキング

    いま注目の話題は要チェック!

    千葉市の天気予報

    今日
    2017-05-29
    晴れ
    27/18
    明日
    2017-05-30
    晴時々曇
    /

    (c)JWA livedoorお天気情報

    トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使とは

  • 5BEACH観光PR大使ブログ

  • 幕張新都心コミュニティサイクル マックル

  • 千葉とっておき2016

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真