千葉市観光協会の最新トピックス

気になるお店の情報はここでチェック!
お店や施設から発信された、タイムリーなトピックスをお見逃しなく!

期間:2021.11.5〜

「パンビール(発泡酒)開発プロジェクト」のご紹介@Chibaアップサイクルラボ

投稿者:千葉市観光協会

2021年11月5日

「飲めば飲むほどフードロスが減るビール(発泡酒)」の開発に挑戦!

 

千葉市では、通常フードロスとなってしまう食品をアップサイクルすることにより、フードロスの削減やSDGsの進展、新たな地域産品の創出を促すため、「マロンド」でお馴染みのパン製造会社・株式会社川島屋と千葉市初のクラフトビール醸造所・幕張ブルワリー株式会社によるフードロスの見込まれるパンを用いた、飲めば飲むほどフードロスが減るビール(発泡酒)「Bread Rescue Golden Ale(ブレッド レスキュー ゴールデン エール)」の醸造企画をクラウドファンディングで支援しています。

 

ベイエフエムで毎週日曜日・朝8時から放送中の千葉市提供『BAY MORNING GLORY』11月7日の放送回で、当プロジェクトが特集されます。

 

先日、DJの神田れいみさんが取材してくださいました。

 

 

株式会社川島屋と、幕張ブルワリー株式会社が、フードロス削減を目指してアップサイクルに取り組もう!という主旨で「Chibaアップサイクルラボ」を結成。

 

自分たちだけでなく、地域の多くのパン屋や、醸造所が参加できたり、或いはパンのフードロスだけでなく、なんらかの事情で廃棄せざるを得ない他の食品にも展開できたりするような広がりのあるプロジェクトにしたいという思いから、チーム名を「Chibaアップサイクルラボ」とするとともに、消費者のみなさんにも参加していただけるようにクラウドファンディングを立ち上げることとなりました。

 

現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を活用して、工場で発生する余剰分や、規格からはじかれたもので、家畜の肥料等にされていたパンを用いた、飲めば飲むほどフードロスが減るビール(発泡酒)「Bread Rescue Golden Ale」の醸造にチャレンジ

 

 

 

 

この取組みをスタートさせることによって、「環境にいいことをおいしく、楽しく」そんなアップサイクルの仕組みを皆様と共に創りあげることを目指します。

 

 

クラウドファンディングについて

 

【URL】

 

https://camp-fire.jp/projects/view/488658

 

【応募概要】

名称  :Chibaアップサイクルラボ「パンビール(発泡酒)開発プロジェクト」

起案者名:Chibaアップサイクルラボ(株式会社川島屋、幕張ブルワリー株式会社)

応募期間:32日間 2021年10月15日(金)~2021年11月15日(月)

目標  :支援金額 80万円

コメント