文字サイズ

イベント情報

第1期コレクション展@千葉県立美術館<4/1(木曜)~5/23(日曜)>

【第1期コレクション展】

●名品1 -技法の趣1-

概要
 千葉県立美術館では、千葉県ゆかりの作品を中心に、約2,800点の作品を収蔵しています。
 本展では、コレクションの主軸であり、佐倉藩出身で近代洋画の先駆者である浅井忠の作品をはじめ、浅井に関連するミレーなどバルビゾン派の絵画を紹介するほか、県指定有形文化財である石井林響《木華開耶姫》などの日本画、工芸など収蔵作品のうち鑑賞の要望が高い作品を展示するとともに、日本画、洋画、彫刻、工芸の分野ごとに、多様な技法の作品を展示し、当館の充実したコレクションをご紹介します。

主な展示作品
・浅井忠《藁屋根》1887年頃
・石井林響《木華開耶姫》1906年
・津田信夫《北辺夜猫子》1941年

●浜口陽三 -闇と色彩の戯れ-

概要
 浜口陽三(1909(明治42)〜2000(平成12)年)は、和歌山県に生まれ、少年期を千葉県銚子市で過ごした版画家です。彼は、もはや忘れられた版画技法だったメゾチントを現代によみがえらせ、カラー・メゾチントという新たな技法を開拓しました。
 東京美術学校彫刻科に入学するも、梅原龍三郎の助言により中退した浜口は、以降生涯の大半をパリやサンフランシスコなど海外で過ごします。1957(昭和32)年のサンパウロ・ビエンナーレでは版画大賞を受賞、その後も数々の国際美術展に参加し、世界的に名声を高めました。
 暗闇の中、ほんのりと淡い光で照らし出されたようなメゾチント特有の表現によって、彼が生み出すさくらんぼやレモン、てんとう虫や蝶たちは、どこか静謐な幻想性を帯びています。梅原龍三郎や柳原義達など、浜口にゆかりのある作家の作品と併せて、浜口の版画世界を紹介します。

主な展示作品
・浜口陽三《パリの屋根》1956年
・浜口陽三《くるみ》1971年
・浜口陽三《さくらんぼと青い鉢》1976年

●働くとき、休むとき -美術の中のさまざまな日常-

概要
 人間は働かなければ生きていけません。働くことで食料を得て、食べ、暮らし、日々を重ねていきます。生きていくこととも直接結びついた「働く」姿は、多く画題として取り上げられてきました。自然の中に生かされ、自然と共に生き、日々の糧を得る人々の懸命な姿には、なんとも心惹かれるものがあります。
 しかし、働いてばかりもいられません。労働から解き放たれて「休む」ことも、人間本来の姿のひとつです。息を抜き、憩う、束の間のリラックスする姿もまた、新鮮な共感を呼ぶものでしょう。
 本展では、「働く」姿と「休む」姿に着目し、当館所蔵作品の中からさまざまな人々の日常の場面を表した作品約30点を紹介します。

主な展示作品
・富取風堂《雛妓納涼図》1926年
・浅井忠《フォンテンブローの夕景》1901年
・遠藤健郎《我は海の子》1997年

※詳しくは下記URLのホームページをご覧ください。

開催日 2021年4月1日(木曜)~5月23日(日曜) 9:00〜16:30 休館日 : 月曜日、5月6日
開催場所 千葉県立美術館・第1・2・3・8展示室
住所 千葉市中央区中央港1‐10‐1
交通 JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅徒歩約10分
料金 〈コレクション展共通〉一般300円/高・大150円  65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料  *20名以上は団体料金(それぞれ2割引)
主催者 千葉県立美術館
お問合せ Tel:043-242-8311  Fax:043-241-7880
URL http://www2.chiba-muse.or.jp/www/ART/contents/1523866842940/index.html
備考 ※2021年3月17日現在の情報です。事情により変更する場合があります。

周辺のおすすめスポット

大きな地図で見る

お店のニュースTwitter

海辺プロモーションInstagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

トピックス

  • お店のトピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2021

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • おすすめ観光モデルコース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真