イベント情報

とある美術館の夏休み@千葉市美術館<7/16(土曜)~9/4(日曜)>

「夏休み」といえば、海水浴や縁日、お盆のお墓参り、旅行、自由研究……とさまざまなものごとが思い浮かびます。それは子どもから大人まで、誰にとっても、いつもとちょっと違う時間に出会い、ささやかで特別な経験をする時期なのではないでしょうか。
では、美術館の夏休みは、どんなものなのでしょう? 現代美術家の新作と古美術作品。アート作品とプロダクト。普段は一緒に展示されることが少ない、さまざまな表現者と所蔵作品とのコラボレーションを通して、美術館という場所そのものを「日常と非日常のあわい」から眺めてみたいと思います。
想像を超える出来事ばかりが現実になるいまだからこそ、美術館という場所に降り積もった時間や記憶に触れ、誰かの、そしてあなたの「日常」と出会い直してみませんか?

【参加作家+クリエイター】中﨑透、ミヤケマイ、清水裕貴、津田道子、目[mé]、小川信治、華雪、きぐう編集室、山野英之、井口直人×岩沢兄弟、Mitosaya薬草園蒸留所、井上尚子、文化屋雑貨店、new service(西舘朋央+Rondade)

※詳しくは下記URLをご覧ください。

開催日 2022年7月16日(土曜)~9月4日(日曜) 10:00 ~18:00 (金曜・土曜は、20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで ※ 休館日:8月1日(月曜) 休室日:7月25日(月曜)、8月15日(月曜)
開催場所 千葉市美術館
住所 千葉市中央区中央3‐10‐8
交通 ・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分
・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分
・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分
・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金 一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料 ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ◎ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額。 ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。 ※割引の併用はできません
主催者 千葉市美術館
お問合せ 千葉市美術館  TEL:043-221-2311
URL https://www.ccma-net.jp/exhibitions/upcoming/
備考 【新型コロナウイルス感染防止対策について】
現在、日時予約等は行っておりません。ご来館の際は、下記の項目につきましてご協力をお願いいたします。

・発熱や咳込みの症状など、体調の悪い方はご入館をご遠慮ください。入館時に検温をしています。平熱と比べて高い発熱(37.5度以上)が確認された場合は、入館をお断りいたします。
・入館にはマスクが必要です。咳チケットにご協力ください。
・館内にアルコール消毒液を用意しています。手指の消毒にご協力ください。
・作品や展示ケース、壁に手を触れないでください。
・館内ではお客様同士の距離を2m程度おとりください。
・飛沫拡散防止の為、大声での会話をお控えください。
・館内の混雑状況により、入場制限等を行う場合があります。混雑状況については、こちらをご確認ください。

周辺のおすすめスポット

大きな地図で見る

イベント情報

新版画 進化系UKIYO-Eの美@千葉市美術館<9/(土曜)~11/3(木曜・祝日)>

千葉市美術館が誇る新版画コレクションからその歴史をひもとく展覧会。橋口五葉の《浴場の女》や伊東深水の《対鏡》といった新版画最初期の初々しい傑作から、川瀬巴水の情感豊かな日本風景、吉田博の精緻な外国風景、山村耕花や吉川観方による個性的な役者絵を経て、昭和初期のモガ(モダンガール)を鮮烈に描いた小早川清のシリーズ《近代時世粧》に至る、新版画の成立から発展型への歴史を約190点の作品によって辿ります。
また、新版画の先駆的存在とも言えるヘレン・ハイドやバーサ・ラムらの作品もあわせてご紹介します。

開催日 2022年9月14日(土曜)~11月3日(木曜・祝日) 10:00 ~18:00 (金曜・土曜は、20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで ※ 休館日:10月3日(月曜) 休室日:10月11日(火曜)
開催場所 千葉市美術館
住所 千葉市中央区中央3‐10‐8
交通 ・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分
・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分
・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分
・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金 一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料 ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。 ※割引の併用はできません 主催 千葉市美術館、日本経済新聞社
主催者 千葉市美術館、日本経済新聞社
お問合せ 千葉市美術館  TEL:043-221-2311
申込方法 ※前売券はミュージアムショップ、ローソンチケット[Lコード:34804]、セブンイレブン[セブンチケット]にて2022年9月13日まで販売(9月14日以降は当日券販売)。
URL https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/22-9-14-11-3/
備考 【新型コロナウイルス感染防止対策について】
現在、日時予約等は行っておりません。ご来館の際は、下記の項目につきましてご協力をお願いいたします。

・発熱や咳込みの症状など、体調の悪い方はご入館をご遠慮ください。入館時に検温をしています。平熱と比べて高い発熱(37.5度以上)が確認された場合は、入館をお断りいたします。
・入館にはマスクが必要です。咳チケットにご協力ください。
・館内にアルコール消毒液を用意しています。手指の消毒にご協力ください。
・作品や展示ケース、壁に手を触れないでください。
・館内ではお客様同士の距離を2m程度おとりください。
・飛沫拡散防止の為、大声での会話をお控えください。
・館内の混雑状況により、入場制限等を行う場合があります。混雑状況については、こちらをご確認ください。

周辺のおすすめスポット