青木昆陽甘藷試作地

江戸時代、飢饉時の救荒食として甘藷(サツマイモ)の栽培を、8代将軍吉宗に奏上した青木昆陽。それが認められ享保2年(1735)、この地で甘藷の試作を始めました。後に幕張でも栽培が増え、天明・天保の大飢饉には、この辺りで餓死するものはなかったと伝えられています。そんな昆陽の功績をたたえ、昆陽神社を建立しました。試作地跡には記念碑が建てられ、現在、県の指定史跡になっています。

店・施設名青木昆陽甘藷試作地
ヨミガナアオキコンヨウカンショシサクチ
カテゴリ名所・旧跡
電話番号
住所千葉市花見川区幕張町4-594-2
アクセス京成千葉線京成幕張より徒歩1分
ご案内本ページに掲載の電話番号は、千葉市教育委員会文化財課です。
駐車場なし

マップブックで地図を見る