文字サイズ

イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
企画展「江戸時代の妙見寺」@千葉市立郷土博物館<8/24(土)~11/19(火)>
妙見寺は千葉妙見宮の別当寺で、千葉神社の前身です。中世には北斗山金剛授寺尊光院(ほくとさんこんごうじゅじそんこういん)と呼ばれ、近世になって妙見寺と改称しました。妙見寺には市内の寺社で最大の朱印地200石が与えられていました。
中世以来千葉の町の中心部に位置し、町の盛衰にも大きく影響を与えてきたこの妙見寺の江戸時代の様子について、旧妙見寺文書の中からわかることを中心に展示します。

※画像提供
下総国千葉郡千葉町千葉県社千葉神社建物及境内之真景(長国寺蔵)
院内惣百姓之掟(長国寺蔵)

 

開催日2019年8月24日(土)~11月19日(火)9:00~17:00(入館16:30まで)
開催場所千葉市立郷土博物館 2階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「県庁前駅」より徒歩13分 ・JR「本千葉駅」より徒歩15分
料金入館無料
主催者千葉市立郷土博物館
お問合せTEL:043‐222-8231
ミュシャと日本、日本とオルリク@千葉市美術館<9/7(土)~10/20(日)>
~2020 日・チェコ交流100周年~

この展覧会は、アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとするものです。

【関連イベント】
●講演会
「ミュシャと挿絵の世界」
10月6日(日)14:00~11階講堂にて、聴講無料、先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

●市民美術講座
「めぐるジャポニスムーミュシャと日本、日本とオルリク展に寄せて」
9月21日(土)14:00~11階講堂にて、聴講無料、先着150名

●ワークショップ
「にじいろメダルを作っちゃおう!」
10月5日(土)10:00~14:00受付終了、参加費100円、先着50名(5歳以上、保護者同席の場合3歳から可、親子での参加可)

●ギャラリートーク
担当学芸員による:9月11日(水)14:00~
ボランティアスタッフによる:会期中の毎週水曜日(9月11日を除く)14:00~


【同時開催】
新収蔵作品展「蕭白と鉄斎、一村と魁夷−収集をめぐるいとなみ」
※「ミュシャと日本、日本とオルリク」展をご観覧の方は無料

 

開催日2019年9月7日(土)~10月20日(日)10:00~18:00※金・土曜日は20:00まで
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、16番のりば「C-bus」で「千葉市美術館前」下車 ・千葉都市モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般1,200円、大学生700円、小学生・中学生・高校生無料★オープニング記念割引:9月7日(土)のみ観覧料半額、10月18日(金)は「市民の日」につき観覧無料
主催者千葉市美術館
お問合せTEL:043‐221-2311
ハロウィンガーデン@三陽メディアフラワーミュージアム<開催中~11/10(日)>
館内にはカボチャやハロウィン装飾がいっぱい。

期間中の体験教室「魔女のほうきづくり」「ミニぼうき飾り」は、人気の体験です。ぜひご参加ください!

■アトリウムデザイン フォトスポット
・ハロウィンガーデン 9/10(火)~11/10(日)

■クイズラリー
・ハロウィンクイズラリー 9/10(火)~11/10(日) 参加費100円
・トリックオアトリート 10/26(土)・27(日) 合言葉で50名のお子様にプレゼント

■ワークショップ
・魔女のほうきづくり 10/12(土) 13:00~16:00 材料費500円、定員50名
・ミニほうき飾り 10/18(金)・10/19(土) 13:00~16:00 材料費500円、定員30名

■コンサート
・ハワイアンとフラコンサート 9/16(月) 14:00~15:10
・ハワイアンコンサート 10/6(日) 13:30~14:50

■植物企画展
・コスモス展 9/25(水)~10/14(月・祝)
・多肉植物展 10/16(水)~10/20(日)

■企画展示
・ときめき倶楽部「花咲くアートライフ」 9/3(火)~9/8(日)
・千葉美工和会「自然とほほえむ心の遊び場」 9/10(火)~9/16(月)
・高浜写真同好会「第20回高浜写真同好会写真展」 9/18(水)~9/23(月)
・太平洋美術会DIC川村水彩画教室「太平洋・DICクラブ絵画展」 9/25(水)~9/29(日)
・山下一歩「手ひねり陶芸の世界」10/1(火)~10/6(日)
・銀のしずく「手作りアクセサリー“いっぴん”」10/8(火)~10/14(月・祝)
・ハンドメイドサロン千葉「花と光のハンドメイド展」 10/16(水)~10/20(日)
・ジャパンハーブソサエティ「暮らしを彩るハーブ展」 10/22(火)~10/27(日)
・四季の会「四季の会“植物画展”」10/29(火)~11/4(月)

 

開催日2019年9月10日(火)~11月10日(日)  
開催場所三陽メディアフラワーミュージアム、千葉市花の美術館
住所千葉市美浜区高浜7-2-4
交通・JR「稲毛駅」西口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園プール」行き「花の美術館」下車、または「高浜車庫」行き、終点下車徒歩5分 ・JR「稲毛海岸駅」南口より千葉海浜交通バス、2番のりば「海浜公園入口」行き、終点下車徒歩5分
料金【入館料】高校生以上300円、小・中学生150円(団体割引あり)※体験教室は別途それぞれ料金がかかります。
主催者三陽メディアフラワーミュージアム
お問合せ三陽メディアフラワーミュージアム TEL:043-277-8776 FAX :043-277-8674 ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
2019年10月26日以降に開催予定のイベント
10月
26
いずみハロウィンキャンドルナイト@富田さとにわ耕園<10/26(土)・27(日)>
千葉市では、「いずみ地区」の認知度向上や活性化のため、千葉大学の学生協力のもと、「いずみ地区」で育ったひまわりやカボチャ、竹を用いて作ったジャック・オ・ランタンを使用し、「いずみハロウィンキャンドルナイト」を開催します。

◇開催日:10月26日(土)
A:ひまわり油のキャンドルを作ろう 
【時 間】14:00~15:15  
【定 員】15組(1組3人以内)
【料 金】1組500円
【持ち物】エプロン、軍手

B:ジャック・オ・ランタンを作ろう
【時 間】15:30~17:15
【定 員】15組(1組3人以内)
【料 金】1組500円
【持ち物】エプロン、カッター、カボチャくり貫き用のおたま等

◇開催日:10月27日(日)
C:落花生収穫体験(雨天中止)          
【時 間】14:00~15:15  
【定 員】15組(1組3人以内)
【料 金】1組500円
【持ち物】汚れてもよい服装
D:キャンドル&竹灯籠を作ろう
【時 間】15:30~17:15
【定 員】15組(1組3人以内)
【料 金】1組500円
【持ち物】エプロン、軍手

作成したキャンドルランタンは両日18:00~20:00まで園内広場で灯します(荒天中止)。
ハロウィンの仮装をしてご来場いただけます(更衣室の用意あり)。

※夕方に塩むすび(富田町産新米)の用意あり(1個100円 要予約)

 

開催日2019年10月26日(土)・27日(日)
開催場所富田さとにわ耕園
住所千葉市若葉区富田町711-1
交通・千葉モノレール「千城台駅」より、おまごバス「富田町原田池」下車徒歩1分 または「富田新田」下車徒歩10分 ※おまごバスの運行本数が少ないので、ご注意下さい。 http://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/kotsu/izumiarea-time.html ・車利用の場合  国道126号富田交差点から四街道方面へ、富田町入口交差点を右折、約900m先を左折(カーナビでは富田町754)
料金各1組500円
定員各15組(いずれも1組3人以内)
主催者千葉市
お問合せ千葉市農政課 TEL 043-245-5757 FAX043-245-5884 Eメール keieishien.GV@city.chiba.lg.jp
申込方法10月11日(金曜日)必着。往復はがき(1通1組)に参加希望のイベント名、参加人数、参加者全員の氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号、夕方の塩むすびを希望する場合は、その個数を明記して千葉市農政課へ。FAX、Eメールも可。(申込多数の場合は抽選)
秋の展示「カミツキガメ~どのような生きものか?いるとなぜいけないのか?~」@県立中央博物館<10/26(土)~1/13(月・祝日)>
中央博物館では、この秋「カミツキガメ」についての展示を開催します。
カミツキガメは、アメリカ原産の外来種。かつてペットとして飼われていたものが野生化し、近年では県内の一部の湖沼・河川・水路などに増えて問題になっています。
彼らはどのような生きものなのか、どこでどんな暮らしをしているのか、どのような問題を引き起こすのか、防除の取り組みはどのように行われているのかなど、わかりやすく紹介します。
はく製のほか、生きたカミツキガメも展示します。

みどころ
(1)カミツキガメの特徴
  はく製標本、生態写真、解説パネルで御紹介します
(2)カメの科学
  甲羅、クチバシ、脚など、カメの身体に秘められた特性を紹介
(3)カミツキガメの防除について
  印旛沼流域で展開される捕獲事業紹介、罠実物展示
(4)生きたカミツキガメを展示


関連行事
(1)講演会 (先着150名・どなたでも ※小学生以下は保護者同伴)
 カミツキガメについて語ろう 12月15日(日曜日)13時~15時
 生態系などに被害を及ぼすカミツキガメとはどんな生きものか、いることがなぜいけないのかについて解説いたします
 
(2)ミュージアムトーク(展示解説) ※参加費は無料ですが入場料は必要です
 各日とも 11時〜・14時30分〜 の2回実施
 ・10月26日(土曜日)
 ・11月2日(土曜日)
 ・11月24日(日曜日)
 ・1月13日(月曜日・祝日)

※講演会、ミュージアムトークについての詳細は下記URLをご確認ください。

 

開催日2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝) 
開催場所千葉県立中央博物館 第2企画展示室 
住所千葉市中央区青葉町955-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院」または「大学病院・南矢作」行きで、「中央博物館」下車、徒歩約7分
料金一般300円(団体240円)、高校・大学生150円(団体120円) ※65歳以上・中学生以下は無料 ※障害者手帳等をお持ちの方は無料 ※団体は20名以上 11月3日は無料
主催者千葉県立中央博物館
お問合せTEL:043-265-3111
10月
27
新倉瞳・佐藤卓史デュオリサイタル@千葉県文化会館<10/27(日)>
2009年にルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門にて第1位を受賞し、現在はスイスを拠点に国内外でソリストとして活躍している新倉瞳(チェロ)と、2007年第11回シューベルト国際ピアノコンクール第1位など数々の輝かしい受賞歴があり、高い評価を得ている佐藤卓史(ピアノ)による若手注目アーティストのデュオリサイタル。
深く美しいチェロの音色と卓越した表現力のピアノが紡ぐ若き俊英達の饗演。

◆プログラム
C.サンサーンス:白鳥
C.ドビュッシー:チェロ・ソナタ
A.ウェーベルン:3つの小品 OP.11
ファジル・サイ:チェロ・ソナタ「4つの街」他


 

開催日2019年10月27日(土)開演14:00(開場13:30)
開催場所千葉県文化会館、大ホール
住所千葉市中央区市場町11-2
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「千葉大学病院」行き、または「南矢作」行きで「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩約2分 ・千葉モノレール「県庁前」駅より徒歩約7分 ・JR「本千葉駅」より徒歩約10分
料金3,500円、学生2,500円 (全席指定)※未就学児の入場はご遠慮下さい。
主催者公益財団法人千葉県文化振興財団
お問合せTEL:043-222-0201
申込方法<チケット販売・お問合せ> ・インターネット予約 http://www.cbs.or.jp/ ・千葉県文化会館 TEL:043-222-0201 ・千葉県東総文化会館 TEL:0479-64-2001 ・チケットぴあ TEL:0570-02-9999 ・e+(イープラス)http://eplus.jp/ ・セブンイレブン(店頭・インターネット)http://7ticket.jp/ ・ヤマハミュージックリテイリング千葉店TEL:043-247-6613
第41回JFEちばまつり@千葉市蘇我スポーツ公園周辺会場<10/27(日)>
当まつりは、昭和52年に“地域との共生”を目的としてスタートし、本年で
41回を迎えます。

毎年、約45,000人の来場者で賑わうまつり会場内は、近隣町内会の御神輿
21基が練り歩く「みこし大会」をはじめ、約100店舗の出店やお子様も
楽しめる「こども広場」、市内在住のジャズミュージシャン大原保人さん
による「JAZZコンサート」など、来場者の皆様に親しみを持っていただけ
る催物を多数用意しております。
また、レギュラーイベントはもちろん、たたらふいご体験等の新規イベント
もご用意いたします。

オープニングセレモニーにご来場の方先着 2,000 名様に花の鉢植えプレゼント!

秋の休日を、“地域のまつり”として定着した「JFEちばまつり」で是非お楽しみください!

 

開催日2019年10月27(日) 9:00~16:00 <8:30より入場開始予定>※雨天の場合も、催し内容を変更して開催いたします。
開催場所千葉市蘇我スポーツ公園周辺会場
住所千葉市中央区川崎町1-20
交通JR蘇我駅から徒歩10分 ※ご来場の際は、公共交通機関をご利用いただきますよう、宜しくお願いいたします。 ※蘇我駅⇋催し物会場間で無料シャトルバスを運行します(10分~15分おき 会場最終便 16:15 )。
主催者JFEちばまつり実行委員会/JFEスチール株式会社 東日本製鉄所
お問合せJFEスチール株式会社東日本製鉄所 総務部 総務室 TEL: 043-262-2026
10月
31
#タワパ~Chiba Porttower Music Party~@千葉ポートタワー<10/11・18・25(金)・31(木)・11/2(土)>
千葉市初にして”最高”-地上125m-あの千葉市ポートタワーがダンスフロアに!

「日常的な空間を非日常的な空間に演出し、ここでしか楽しめない空間を創り出す」をコンセプトに開催される「タワパ ~Chiba Porttower Music Party~」。
10月は千葉ポートタワー初の試み、地上125mでのハロウィンパーティーイベント!
また12月31日(火) は(22:30~25:00)カウントダウンイベントを開催!

斬新で都会的なURBAN SOUNDや、80年代に流行したCITY POP、NEO90s、ART&MUSICなどフロアごとに流れる音楽があなたを退屈させません。
普段はレストランとして人気の3階はオシャレなバーラウンジに変身します。
さらに全国で活躍するグラフィックアーティストによるライブペイントやアート展示、 カメラマンによるフォトシューティングや、作品展示などコンテンツも盛り沢山です。

 

開催日2019年10月11(金)・18(金)・25(金)・31日(木)、11月2日(土) 各日開場19:15/開演19:30~22:30
開催場所千葉ポートタワー 2階~4階展望フロア
住所千葉市中央区中央港1
交通・千葉モノレール「千葉みなと駅」から徒歩12分 ・お車の場合、千葉ポートパークの無料駐車場をご利用ください
料金3000円(入館料込)
主催者千葉ポートタワー
お問合せ043‐241-0125
申込方法下記URLからチケット購入できます。

お店のニュースTwitter

観光PR大使Instagram

アクセスランキング

いま注目の話題は要チェック!

千葉市の天気予報

今日
2019-11-18
曇時々晴
20/
明日
2019-11-19
晴時々雨
22/13

(c)JWA livedoorお天気情報

トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACH観光PR大使

  • 千葉とっておき2019

  • 千葉市観光ガイドマップ

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真