イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
野田弘志 新作展「神仙沼 - 保木将夫氏に捧ぐ -」@ホキ美術館<11/19(金曜)~5/22(日曜)>
本展ではギャラリー3にて、野田弘志の新作で284.2cm×696.8cmの風景画の大作
《神仙沼 - 保木将夫氏に捧ぐ -》を発表いたします。

そのほか、ギャラリー1では「永遠の瞬間」静物画展を開催。五味文彦、青木敏郎、小尾修らの新作8点を含みます。
さらに、第2回ホキ美術館プラチナ大賞の入選作品52点を、ギャラリー3、4、9にて順次展示してまいります。

どうぞご期待ください。



右は《神仙沼 - 保木将夫氏に捧ぐ -》(部分・制作途中)2021年 

 

開催日11月19日(金曜)~2022年5月22日(日曜) 10:00~17:30 ※入館は17:00まで 休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日。12月30日、1月1日は休館)
開催場所ホキ美術館 ギャラリー3
住所〒267-0067 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
交通JR外房線「土気駅」南口、3番のりば「あすみが丘ブランニューモール」行きバスで5分、「あすみが丘東4丁目」下車すぐ 駐車場:普通乗用車40台 ホキ美術館から徒歩3分の千葉市営公園昭和の森にも有料駐車場があります。 (駐車場の収容台数には限りがあります。土曜日や日曜日、企画展示切替直後などの混雑する時期はなるべく電車やバス等の公共交通機関をご利用ください)
料金一般 : 1,830円/ 高校生・大学生・65歳以上 : 1,320円 /中学生 : 910円 (企画展、常設展を含む) /小学生以下無料(大人1人につき小学生2人まで)※ 入館料は全て消費税込みの金額です。
お問合せTEL : 043-205-1500 FAX : 043-205-1511
申込方法ご来館の前日までにホームページか電話にて事前予約をお願いします。
春の展示 「苔松苔梅ー春を寿ぐうめのきごけ」 @千葉県立中央博物館<1/8(土曜)~5/8(日曜)>
<展示の趣旨>
 お正月にはお客様を迎えるためや神仏に供えるために木や花をいけます。中でも苔がついた松や梅は、苔松苔梅と呼ばれ、おめでたい迎え花として珍重されます。このような苔は、ウメノキゴケをはじめとする地衣類の仲間で、日本画や能舞台の松の上にも描かれています。本展示では日本文化の中に見られる苔(ここでは地衣類)と、地衣類の不思議な世界についても併せて紹介します。

<展示内容>
〇苔松苔梅の歴史
苔松苔梅がいつ、どこで、どのように使われていたか和歌や古典籍から紹介します。
〇苔松苔梅と立花
苔松苔梅が立花にどのように使われていたか立花図やいけばなの本から紹介します。
〇苔松苔梅の生産と大市
お正月のいけばなの定番の花材として欠かせない苔松苔梅。生産や取引の様子を画像から紹介します。
〇日本画に描かれる苔
日本画の樹木や岩の上に決まって描かれる苔も地衣類。苔が描かれた日本画の中で、苔を探します。
〇能舞台の上にも苔
能舞台の鏡板にも苔が描かれる。全国各地の能舞台の鏡板の上に描かれる老松と苔の画像が大集合。
〇日本文化の中の松と苔苔が生えた松は、慶事の者の多様なデザインに用いられてきた苔がデザインされた着物などを展示。
〇ウメノキゴケは地衣類の仲間見せます!! ウメノキゴケの全て。地衣類って何者?地衣類について解説。
〇リトマスは地衣類からできている
酸性・アルカリ性を判定するリトマス試験紙は、じつは地衣類から作られる。ウメノキゴケ染めの着物を期間限定で展示。

<関連行事>
〇講座「地衣類をのぞいてみよう!」
2月23日(水曜・祝日)13:30~15:00
会場:研修室 定員10名 事前申込(*)料金:無料

〇観察会「青葉の森の地衣類」
3月21日(月曜・祝日)13:30~15:00
会場:青葉の森公園 定員5 名 事前申込(*)料金:保険料50円

〇ミュージアム・トーク(展示解説)
1/9(日曜)、2/13(日曜)、27(日曜)、3/13(日曜)、27(日曜)、4/10(日曜)、24(日曜)、5/8(日曜)
いずれも11:00~11:30。定員 10 名 先着当日申込 受付場所2F案内所 入場料要

*) 下記URL内のホームページから「イベント」>「講座観察会」のページをご覧ください。

 

開催日2022年1月8日(土曜)~5月8日(日曜) 10:00~16:30(入館は16:00まで)【休館日】月曜日(月曜が祝祭日の場合には火曜日が休館:1/11 3/22),4月26日(臨時休館)
開催場所千葉県立中央博物館  第1企画展示室・生物展示室側廊下 
住所千葉市中央区青葉町955-2(青葉の森公園内)
交通【JR千葉駅、京成千葉駅から】 JR千葉駅東口の7番乗り場から京成バス「大学病院」「大学病院・南矢作」行きのいずれかに乗り「中央博物館」で下車(所要時間約15分)徒歩約7分。
料金一般300(240)円、高・大学生150(120)円 ( )内は20名以上の団体料金 ※次の方は無料:中学生以下・65歳以上の方(年齢を示すものをご提示ください)・障害者手帳等をお持ちの方及び介護者1名(手帳をご提示ください)
お問合せ千葉県立中央博物館 TEL:043-265-3111  FAX:043-266-2481
つくりかけラボ06 岩沢兄弟|キメラ遊物園@千葉市美術館<1/13(木曜)~4/3(日曜)>
つくりかけラボは、「五感でたのしむ」「素材にふれる」「コミュニケーションがはじまる」いずれかのテーマに沿った公開制作やワークショップを通して空間を作り上げていく、参加・体験型のアーティストプロジェクトです。いつでも誰でも、空間が変化し続けるクリエイティブな「つくりかけ」を楽しみ、アートに関わることができる表現の場です。

つくりかけラボ06では、「モノ・コト・ヒトのおもしろたのしい関係」を合言葉に、人や組織の活動の足場となる拠点づくりを手掛ける岩沢兄弟が、美術館の中に「キメラ遊物園」をオープンします。
「キメラ遊物園」とは、いろいろな人の「アイディア」やたくさんの種類の「もの」がかけ合わさって、思いもよらない何かが生み出される期間限定のファクトリー! 遊物園を訪れたみんなのちょっとした困りごとや、こんなものがあったらいいな、という気持ちに応えて、いたずら心いっぱいの岩沢兄弟が「もの」との遊び方を考えます。もので遊ぶ? ものを遊ぶ? 「キメラ遊物園」がどんなふうに展開するのか、どうぞご期待ください。

<会期中のアーティスト滞在スケジュール(予定)>
1/22(土曜)、23(日曜)、2/5(土曜)、6(日曜)、19(土曜)、20(日曜)、3/5(土曜)、6(日曜)、19(土曜)、20(日曜)、4/2(土曜)、3(日曜) ※途中休憩等、不在の場合もございます

<アーティストからのメッセージ>
馬と鳥でペガサス、魚と人でマーメイド、人とクルマで人力車! じゃあ、ポリタンクと照明だったら? スケボーと紙袋はあり? スピーカーには何つけよう? 物と物がどんどん合体しちゃう、岩沢兄弟の「キメラ遊物園」へようこそ!

<プロフィール>
岩沢兄弟(いわさわきょうだい)
「モノ・コト・ヒトのおもしろたのしい関係」を合言葉に、人や組織の活動の足場となる拠点づくりを手掛けるクリエイターユニット。兄弟ともに千葉県千葉市生まれ。空間・家具などの立体物設計、デジタル・アナログ両方のツールを活用したコミュニケーション設計、企業のオフィス空間からアートプロジェクトの拠点づくりまで幅広いプロジェクトを担当。

兄・いわさわひとし
1974年生まれ。多摩美術大学建築学科卒業。岩沢兄弟の立体物デザイン担当。空間デザイナー、車輪家具プロデューサー。無類の車輪好き。

弟・いわさわたかし
1978年生まれ、武蔵野美術大学短期大学部生活デザイン学科卒業。岩沢兄弟のWeb、映像、音響、よろずディレクション担当。趣味は自作楽器の演奏。

※詳しくは下記URLをご覧ください。

 

開催日2022年1月13日(木曜)~4月3日(日曜) 10:00~18:00(金・土曜は20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館日・休室日 2月7日(月曜)、3月7日(月曜)
開催場所千葉市美術館 4階子どもアトリエ
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
お問合せ千葉市美術館  TEL:043-221-2311
家族・カップルで楽しむ千葉ベイエリアの春旅キャンペーン!<3/1(火曜)~5/31(火曜)>
千葉ベイエリア観光連盟「ロゴマーク」(当ページに掲載)を参加施設に提示することで特典を提供いただける「千葉ベイエリアの春旅キャンペーン!」を開催。
「観る・遊ぶ・食べる・癒やし」がギュッと詰まった千葉ベイエリアは魅力がいっぱい!
素敵な「特典」をご用意する話題のスポットをお楽しみください。

★モデルコース①ファミリーにオススメ!
~家族でまるっと1日ベイエリア満喫!!東京湾の潮風感じるドライブコース~

1.ダイナソーアドベンチャーツアーin東京ベイ幕張<千葉市>※3/9よりスタート → (選択ルート)2.ふなばし三番瀬環境学習館<船橋市> → (選択ルート)3.谷津干潟自然観察センター<習志野市> → 4.スパ&ホテル舞浜ユーラシア<浦安市>

★モデルコース②カップルにオススメ!
~オトナの休日デート のんびり温泉とちょっぴり贅沢なグルメ旅~

1.いちご農園 シャインベリー<千葉市> → 2.幕張温泉 湯楽の里<千葉市> → 3.ホテルオークラ東京ベイ<浦安市>

★モデルコース③ミドル・シニアカップルにオススメ!
~自然と季節の花に触れる、心身リフレッシュ旅~

1.ふなばしアンデルセン公園<船橋市> → 2.ふなばしメグスパ<船橋市> → 3.道の駅いちかわ<市川市>

各施設の【特典】内容など詳細は下記URL「道の駅<千葉県版>」をご覧ください。
※千葉ベイエリアの「ロケ地紹介」、「千葉ベイエリアマップ」なども掲載しています。

 

開催日2022年3月1日(火)~5月31日(火)
開催場所千葉ベイエリア(市川・浦安・船橋・習志野・千葉・市原)各市の参加施設
お問合せ043-242-0007(千葉ベイエリア観光連盟事務局)
申込方法キャンペーン特典の利用方法 【期間】2022年3月1日~5月31日 【利用方法】WEBサイト・SNS・道の駅<千葉県版>に掲載されている千葉ベイエリア観光連盟の「ロゴマーク」を各施設に提示してください。 ※各施設の規定数に達し次第終了となります。 ※他の割引サービスとの併用はできません。
ダイナソーアドベンチャーツアー in 東京ベイ幕張@アパホテル&リゾート東京ベイ幕張<3/9(水曜)~6/15(水曜)> 
アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張に古代恐竜が大復活!
プールエリアでバカンスしてるみたいだ!
みんなも覗きに行ってみよう!
白亜紀の海を支配したモササウルスがアパホテルのプールエリアに大上陸!
頑丈なアゴと歯で獲物を狙ってるぞ!他にもアパホテルの色々な箇所に恐竜が出現しているぞ!
君もアパホテル東京ベイ幕張に会いに行ってみよう!

体験型アトラクションや化石発見体験(有料)など、様々なイベント開催予定♪
恐竜が生きていた時代を「見て」「感じて」「想像」し、ツアーを通じて子供達と一緒に恐竜がいた時代から今日までの地球環境に対して考えられる場となるような様々な体験ができます!

<会場内のイベント>
●恐竜に乗れる!ライドダイナソー(無料)
●化石さがし(有料)
●会場限定!恐竜アプリでクイズに全問正解すると恐竜缶バッジをプレゼント!
●Instagram Photoコンテスト開催!
他にも楽しいイベントを沢山ご用意しております!

なお、売上の1%は、「ちば環境再生基金」に寄付されることになっています。

 

開催日2022年3月9日(水曜)~6月15日(水曜) 10:00~18:00(最終入場17:30)
開催場所アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉1階プールエリア
住所千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
交通<電車> [最寄駅]JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩7分 <バス> JR京葉線「海浜幕張駅」よりバスで約5分 JR総武線「幕張本郷駅」よりバスで約15分 ZOZOマリンスタジアム・医療センター方面「メッセ東口」下車すぐ <お車> 東京方面より東関東自動車道「湾岸習志野I.C.」下車 千葉方面より東関東自動車道「湾岸千葉I.C.」下車 京葉道路「幕張I.C.」下車
料金900円(税込) ※2歳未満無料 ※未就学児のお子様の入場には、18歳以上の同伴者が必要
お問合せアパホテル&リゾート東京ベイ幕張 TEL:043-241-3023
「ちばおもてなしキャンペーン」終了のお知らせ!
ちばおもてなしキャンペーンは2022年3月31日をもちまして終了となりました。
たくさんのご利用誠にありがとうございました!


4月1日から、おもてなしクーポンはご利用いただけません。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

これから開催予定のイベント