イベント情報

イベントリスト

今度のお休みに開催されるイベントは?
※現在開催中のイベントと今後に開催されるイベントを表示しています。

現在開催中のイベント
プラネタリウム新番組「発見!南極に恐竜がいた!」@千葉市科学館プラネタリウム<4/29~(金曜・祝日)>
<あらすじ>
『南極に恐竜がいた!』
太古の南極では、恐竜やさまざまな生きものが緑豊かな環境のなかで暮らしていました。
かつての南極がゴンドワナ大陸であったおよそ2億年以上前、ペルム紀へタイムトラベル!迫りくる地殻移動や気候変動による環境変化に、生命はいかに対応し、進化したのでしょうか。
物語の案内役は古生物学者ピーターと少年。クリオロフォサウルスなど近年発見された最新の恐竜をはじめ、多くの太古の生きものと出会う旅。南極大陸の歴史をご覧ください。

 

開催日2022年4月29日(金曜・祝日)~ ※投影期間は約1年間を予定 ※上映スケジュールは下記URLをご覧ください。※休館日は不定休です、科学館HPでご確認ください。
開催場所千葉市科学館 7階プラネタリウム
住所千葉市中央区中央4-5-1
交通・JR千葉駅東口より徒歩15分 または 7番バス利用「中央三丁目」下車徒歩1分 ・京成千葉中央駅より徒歩6分 ・千葉モノレール葭川公園駅より徒歩5分
料金プラネタリウム:大人 510円/高校生 300円/小中学生 100円 常設展示:大人 510円/高校生 300円/小中学生 100円 セット券(プラネタリウム+常設展示):大人 820円/高校生 490円/小中学生 160円 ※未就学園児無料
お問合せ043-308-0511
申込方法※チケットは観覧当日の午前9時から券売機で販売いたします。 ※科学館メンバー会員の方は予約できます。
Color by Color「いろいろ」展 色の魔法 色から見える写実@ホキ美術館<5/26(木曜)~11/13(日曜)>
色が作品に与える
意味や効果とは?
細密な表現が注目されがちな写実絵画ですが、本展は「色」をテーマに構成いたしました。​色が作品に与える意味や効果とは?

​ブルーの作品から始まるこの「いろいろ 色の魔法一色から見える写実」展覧会、色の変化を楽しみながら次のベージュ色のギャラリーに移るとき、どんなイメージをもたれるでしょうか。作家ごとではなく、色をキーにした展示で、ホキ美術館でしか味わえない体験をぜひ間近にお楽しみください。作品の持つ色の力から、新たな発見があるに違いありません。本展は、原 雅幸、五味文彦、小尾 修、藤田貴也、廣戸絵美の新作を含みます。

【出展作家】
青木敏郎、石黒賢一郎、大畑稔浩、小尾 修、五味文彦、島村信之、塩谷亮、諏訪敦、羽田裕、原 雅幸、廣戸絵美、藤田貴也、藤原秀一、三重野 慶、森本草介(五十音順)

 

開催日5月26日(木曜)~2022年11月13日(日曜) 10:00~17:30 ※入館は17:00まで 休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)※8月16日(火曜)は開館、8月23日(火曜)・24日(水曜)は休館。
開催場所ホキ美術館 ギャラリー1
住所〒267-0067 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
交通JR外房線「土気駅」南口、3番のりば「あすみが丘ブランニューモール」行きバスで5分、「あすみが丘東4丁目」下車すぐ 駐車場:普通乗用車40台 ホキ美術館から徒歩3分の千葉市営公園昭和の森にも有料駐車場があります。 (駐車場の収容台数には限りがあります。土曜日や日曜日、企画展示切替直後などの混雑する時期はなるべく電車やバス等の公共交通機関をご利用ください)
料金一般:1830円  65歳以上:1320円  高校生・大学生:1320円  中学生:910円  小学生以下:750円(保護者1人につき2人まで無料) ■※障がい者手帳等をご提示いただいた場合※ 一般:910円 高校生・大学生・65歳以上:660円 中学生:450円 小学生以下:380円(保護者1人につき2人まで無料) ■団体料金(10人以上) 一般:1620円/1人 高校生・大学生・65歳以上:1320円/1人 小学生団体:760円/1人(※10人あたりにつき1人の保護者の付き添いが必要) ■特別割引日 【千葉市民の日】10月18日 千葉市民の方:910円(※千葉市民を証明する身分証などを必ずご提示ください) ※2022年10月18日は火曜日(定休日)のため、10月17日(月曜)が特別割引日となります。 【敬老の日】9月の第3月曜日 65歳以上の方:910円(※年齢を確認できる身分証などを必ずご提示ください。) ※ 入館料は全て消費税込みの金額です。
お問合せホキ美術館 TEL : 043-205-1500 FAX : 043-205-1511
申込方法ご来館の前日までにホームページか電話にて事前予約をお願いします。
ダイナソーアドベンチャーツアー in 東京ベイ幕張@アパホテル&リゾート東京ベイ幕張<大好評につき11月30日まで延長!> 
ジャングルダイナソー!大好評につき開催期間11月30日(水)まで延長決定!

アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張に古代恐竜が大復活!
恐竜が幕張の森によみがえった!みんなも覗きに行ってみよう!

体験型アトラクションや化石発見体験(有料)など、様々なイベント開催予定♪
恐竜が生きていた時代を「見て」「感じて」「想像」し、ツアーを通じて子供達と一緒に恐竜がいた時代から今日までの地球環境に対して考えられる場となるような様々な体験ができます!

<会場内のイベント>
●恐竜の人形をゲット!恐竜すくい(無料)
●お菓子をプレゼント!恐竜ハンター(無料)
●恐竜に乗れる!ライディングダイナソー(無料)
●恐竜のイラストをきれいにぬって!ぬり絵プレゼント(無料)
●化石さがし(有料)
●会場限定!恐竜アプリでクイズに全問正解すると恐竜缶バッジをプレゼント!
●Instagram Photoコンテスト開催!
他にも楽しいイベントをご用意してます!

なお、売上の1%は、「ちば環境再生基金」に寄付されることになっています。

 

開催日2022年7月1日(金曜)~11月30日(水曜) 10:00~18:00(最終入場17:30)
開催場所アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉駐車場内特設会場
住所千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
交通<電車> [最寄駅]JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩7分 <バス> JR京葉線「海浜幕張駅」よりバスで約5分 JR総武線「幕張本郷駅」よりバスで約15分 ZOZOマリンスタジアム・医療センター方面「メッセ東口」下車すぐ <お車> 東京方面より東関東自動車道「湾岸習志野I.C.」下車 千葉方面より東関東自動車道「湾岸千葉I.C.」下車 京葉道路「幕張I.C.」下車
料金900円(税込) ※2歳未満無料 ※未就学児のお子様の入場には、18歳以上の同伴者(入場有料)が必要
お問合せアパホテル&リゾート東京ベイ幕張 TEL:043-241-3023
生態園トピックス展「第11回生態園ギャラリー」@千葉県立中央博物館<7/5(火曜)~9/4(日曜)>
県立中央博物館(千葉市)では、県民参加型の展示として生態園トピックス展「第11回生態園ギャラリー」を開催します。
来園者から募集した、五七五形式の 説明文を添えた生態園で撮影した写真をオリエンテーションハウスと園路に展示します。
展示された作品から来園者による投票で優秀作品を選びます。来園者が 作品応募と投票の二つの方法で参加できる展示です。

 

開催日2022年7月4日(火曜)~9月5日(日曜) 9:00~16:30(最終入園16:15)休園日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日にあたるときは、その翌日)  ※8月8日、8月15日は本館のみ臨時開館
開催場所千葉県立中央博物館生態園
住所千葉市中央区青葉町955-2(青葉の森公園内)
交通【JR千葉駅、京成千葉駅から】 JR千葉駅東口の7番乗り場から京成バス「大学病院」「大学病院・南矢作」行き のいずれかに乗り「中央博物館」で下車(所要時間約15分)徒歩約7分。
料金入場無料
お問合せ千葉県立中央博物館 043-265-3111
つくりかけラボ09 大小島真10/13(木曜)~12/25(日曜)>
つくりかけラボは、「五感でたのしむ」「素材にふれる」「コミュニケーションがはじまる」いずれかのテーマに沿った公開制作やワークショップを通して空間を作り上げていく、参加・体験型のアーティストプロジェクトです。いつでも誰でも、空間が変化し続けるクリエイティブな「つくりかけ」を楽しみ、アートに関わることができる表現の場です。

今回は、千葉市で育ち、現在も市内にアトリエを構える画家の堀由樹子さんをお迎えします。堀さんはこれまで、日常の身近なところで目にする植物や自然の姿をモチーフに、具象とも抽象ともつかない描き方で、独特の風景画を制作してきました。この夏のプロジェクトでは、美術館の中に、のびのびとしたドローイングで風景を描き出します。来場者は絵の具の中に飛び込むように、つくりだされた風景=空間を体感し、画材の瑞々しく豊かな色彩と手触りを味わいながら、そこに新しい動きや表情を加えてゆくことになります。アーティストと来場者のやりとりによって、植物や森の生き物たちが姿を現し、生命力に溢れた「えのぐの森」が生い茂ってゆく様子をお楽しみください。

~アーティストからのメッセージ~
いつもの森では、ざわざわと揺れる枝。うつろう光と影。ふわりとよぎる蝶。
絡まって伸びるつる草。葉陰の小さな虫。湿った土の中にはきっと無数の微生物がうごめく。ガサガサと落葉をつつく鳩。
その中で、木々のすきまがつくる形と色をスケッチブックの四角で切り取る。

この夏は、鳥が落とした種から芽が出てつるがぐんぐん伸びてゆくみたいに、子どもアトリエにみなさんの手による不思議な色と形の「はっぱ」をもりもりと繁らせましょう。
いきものの気配の詰まった森をつくるお手伝いにきてください。

アーティスト滞在スケジュール(予定)
7月13日(水曜)、18日(月曜・祝日)、20日(水曜)、25日(月曜)、27日(水曜) 
※時間帯は11:00〜16:00ころです。休憩やイベント等、不在の場合もございます。
※急遽予定が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【つくりかけラボ関連イベント】※事前申込制
★えのぐであそぼう① 「森の部品の部品をつくる」堀さんと一緒に、絵の具やクレヨンで色の実験をして、いろんなもようの紙をつくろう。できた紙が森の部品(はっぱ)の部品になります。
2022年7月18日(月曜・祝日) ①10:15〜11:00 ②11:30〜12:15
★えのぐであそぼう② 「森の部品の部品をつくる」堀さんと一緒に、絵の具やクレヨンで色の実験をして、いろんなもようの紙をつくろう。できた紙が森の部品(はっぱ)の部品になります。
2022年8月3日(水曜) ①10:15〜11:00 ②11:30〜12:15
※えのぐであそぼう①(7月18日開催)、②(8月3日開催)は同じ内容で開催します。
★とうめいお絵かき 「森の部品をつくる」 森や庭にやってくる生きものや花を、とうめいシートにえがいてみよう。かいた絵を美術館の大きなガラスにくっつけよう。
2022年8月11日(木曜・祝日) ①10:15〜11:00 ②11:30〜12:15

※詳しくは下記URLをご覧ください。

 

開催日2022年7月13日(水曜)~10月2日(日曜) 10:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで  休館日・休室日 8月1日(月曜)、9月5日(月曜) ※会期中、会場内メンテナンス作業を予定しています。作業日・時間帯については美術館ホームページでお知らせします。なお、作業中は室外からご覧いただけます。
開催場所千葉市美術館 4階 子どもアトリエ
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金無料
お問合せ千葉市美術館  TEL:043-221-2311
令和4年度特別展「鯨」@千葉県立中央博物館<7/16(土曜)~9/25(日曜)>
県立中央博物館では、鯨の進化や生態、千葉との深いかかわりなど、様々な角度からその魅力を紹介する特別展を開催します。陸から海へと生息場所を変えてい った鯨の進化や多様性・知られざる生態を、実物大模型や骨格標本を使って紹介します。また、古く縄文時代から現在までの千葉県と鯨との深いかかわりについて、縄文時代の遺物や古文書、漁具や鯨骨製品などから迫ります。海の王者「鯨」の魅力と千葉の豊かな海を感じてください。

 

開催日2022年7月16日(土曜)~9月25日(日曜) 9:00~16:30(最終入館16:00)休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日にあたるときは、その翌日) ※8月8日、8月15日は臨時開館 
開催場所千葉県立中央博物館
住所千葉市中央区青葉町955-2(青葉の森公園内)
交通【JR千葉駅、京成千葉駅から】 JR千葉駅東口の7番乗り場から京成バス「大学病院」「大学病院・南矢作」行きのいずれかに乗り「中央博物館」で下車(所要時間約15分)徒歩約7分。
料金特別展期間中一般800円、高・大生400円。中学生以下及び65歳以上の方、 障害者手帳等をお持ちの方及び介護者1名は無料。
お問合せ千葉県立中央博物館 TEL:043-265-3111  FAX:043-266-2481
とある美術館の夏休み@千葉市美術館<7/16(土曜)~9/4(日曜)>
「夏休み」といえば、海水浴や縁日、お盆のお墓参り、旅行、自由研究……とさまざまなものごとが思い浮かびます。それは子どもから大人まで、誰にとっても、いつもとちょっと違う時間に出会い、ささやかで特別な経験をする時期なのではないでしょうか。
では、美術館の夏休みは、どんなものなのでしょう? 現代美術家の新作と古美術作品。アート作品とプロダクト。普段は一緒に展示されることが少ない、さまざまな表現者と所蔵作品とのコラボレーションを通して、美術館という場所そのものを「日常と非日常のあわい」から眺めてみたいと思います。
想像を超える出来事ばかりが現実になるいまだからこそ、美術館という場所に降り積もった時間や記憶に触れ、誰かの、そしてあなたの「日常」と出会い直してみませんか?

【参加作家+クリエイター】中﨑透、ミヤケマイ、清水裕貴、津田道子、目[mé]、小川信治、華雪、きぐう編集室、山野英之、井口直人×岩沢兄弟、Mitosaya薬草園蒸留所、井上尚子、文化屋雑貨店、new service(西舘朋央+Rondade)

※詳しくは下記URLをご覧ください。

 

開催日2022年7月16日(土曜)~9月4日(日曜) 10:00 ~18:00 (金曜・土曜は、20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで ※ 休館日:8月1日(月曜) 休室日:7月25日(月曜)、8月15日(月曜)
開催場所千葉市美術館
住所千葉市中央区中央3‐10‐8
交通・JR「千葉駅」東口より徒歩約15分 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「大学病院・南矢作」行きで、「中央三丁目」下車、徒歩3分 ・千葉モノレール「葭川公園駅」より徒歩約5分 ・京成電鉄「千葉中央駅」より徒歩約10分
料金一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料 ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ◎ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額。 ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。 ※割引の併用はできません
お問合せ千葉市美術館  TEL:043-221-2311
千葉まちなかクイズラリー 第1弾 ~怪盗ミルフィユからの挑戦状~<7/18(月)~9/25(日)>
千葉市の自然・歴史・文化に触れながらゲーム感覚で楽しくまち歩きを行うクイズラリーを開催します。

怪盗「ミルフィユ」の出題するクイズに挑戦しよう!
初級編と上級編で大人も子供も楽しめます。

クイズに答えてステキな商品をゲットしましょう!

※千葉まちなかクイズラリーの詳細は下記URLにてご確認いただけます。

 

開催日令和4年7月18日(月)~9月25日(日)
開催場所千葉都心エリア(千葉駅周辺チェックポイント7カ所)
料金参加費無料 ※施設入場料などは除く
お問合せ043-222-8231
昭和の森・恐竜王国2022~ダイナソーキングダム<7/22(金曜)~11/30(水曜)>
先史時代の巨大な恐竜たちが、地球を征服しようと<昭和の森>に恐竜王国を築く!
大型肉食恐竜ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルの群れ、注目のパサウロロフスなど大迫力の恐竜たちが集う恐竜王国。
キミは先史の森の奥深くに潜む恐竜たちのところまでたどり着けるかな!
さあ、はるかな冒険の旅に出かけよう!

●がおがおライドや恐竜のたまごなどのフォトスポットで記念撮影!
●シュライヒ社製の恐竜フィギュアを販売中!

 

開催日2022年7月22日(金曜) ~11月30日(水曜) 9:00~17:00(最終入場16:40) 定休日なし、ただし荒天により休業することがあります。
開催場所昭和の森 冒険広場
住所千葉市緑区土気町34
交通●電車利用 JR外房線土気駅より徒歩30分 ●バス利用 JR外房線土気駅南口より千葉中央バス「ブランニューモール」行きで「昭和の森西」下車徒歩5分 または、あすみが丘4丁目(ホキ美術館前)で下車徒歩3分 ●マイカー利用 東京方面から:千葉東金道路「中野インターチェンジ」で下り、土気停車場千葉中線で大網街道を大網方面へ 駐車場:1時間100円、最大400円 第2駐車場をご利用ください。(満車の場合は第1駐車場へ)
料金入場料:800円(税込)、2歳以下は無料
お問合せ090-3068-8126
第3期コレクション展@千葉県立美術館<7/27(水曜)~9/19(月曜・祝日)>
【第3期コレクション展】

・第3期コレクション展 美術と文学-想を得る楽しさ-
文学からイマジネーションを得て制作された絵画・版画・彫刻・工芸・書・雑誌などを
紹介します。

・第3期コレクション展 カラフル!
色彩には心を明るくしたり、穏やかにしたりするさまざまな力があります。芸術家たちが心打たれた目の前の現実の色を写したり、心象を投影して彩ったりしながら、色彩の力を信じて結実させた多彩な作品を御鑑賞ください。

・第3期コレクション展 名品3-クールベの嵐-
本展では、特別にふくやま美術館、山梨県立美術館から借用したクールベの作品を当館所蔵の《嵐》と共に展示します。また、当館が所蔵する作品の中から、佐倉ゆかりの浅井忠をはじめ、ミレーなど特に鑑賞の要望の高い作品を厳選して紹介します。

©
作品名:嵐
作家名:ギュスターヴ・クールベ
制作年:1865年頃
収蔵:千葉県立美術館

※詳しくは、下記URLのホームページをご覧ください。

 

開催日2022年7月27日(水曜)~9月19日(月曜・祝日) 9:00〜16:30 
開催場所千葉県立美術館
住所千葉市中央区中央港1‐10‐1
交通JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅より徒歩約10分
料金◎通常期間(令和4年4月1日〜5月22日、5月28日〜7月18日、7月27日〜9月19日、令和5年1月25日〜3月21日)  一般300(240)円/高・大生150(120)円/中学生以下、65歳以上 無料
お問合せ千葉県立美術館 Tel:043-242-8311  Fax:043-241-7880
令和4年度企画展 「甘藷先生の置き土産―青木昆陽と千葉のさつまいも―」 @千葉市立郷土博物館<8/30(火曜)~10/16(日曜)>
【開催概要】
京成幕張駅のすぐそばに昆陽神社があります。ここにまつられているのは、江戸時代の中頃、幕張(千葉市花見川区幕張町)の地でさつまいもを試作した青木昆陽です。
昆陽が飢饉を救うために広めたさつまいもは、やがて各地で栽培され、市内はその一大産地となりました。さつまいもは江戸に運ばれて、人々の身近な食べ物として親しまれました。また、江戸時代の末には、さつまいもを原料としたデンプン製造業が起こり、デンプンを原料とした食品やアルコールなどの製造は、戦前の千葉を代表する産業でした。
なお、実際に昆陽が幕張にいたのは、ごく短い期間だったことがわかってきました。それなのに、なぜ昆陽は「芋神様」として今も人々に敬愛されているのでしょうか。
本展では、昆陽の実像や千葉市とさつまいもとの深いかかわりについて紹介します。

【展示の構成】
プロローグ 幕張とさつまいも
第1章    「芋神様」青木昆陽の実像
第2章    江戸時代のさつまいもと千葉
第3章    千葉における近代のさつまいもとデンプン製造業の発展
エピローグ 甘藷先生の置き土産-青木昆陽が千葉に残したもの-

※詳細は下記URLをご覧下さい。

 

開催日2022年8月30日(火曜)~10月16日(日曜)【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所千葉市郷土博物館 2階展示室
住所千葉市中央区亥鼻1‐6‐1
交通・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩3分 ・千葉都市モノレール「県庁前駅」より徒歩13分 ・JR「本千葉駅」より徒歩15分
料金無料
お問合せ千葉市郷土博物館 TEL: 043‐222-8231
申込方法【休館日】月曜(月曜が祝日にあたる時は翌日が休館)、年末年始(12月29日~1月3日) ※他に、臨時で休館する場合があります。
‟秋グルメ”セレクション!パサール幕張(上り線)
<期間:9/1(木)~11/30(水)>

パサール幕張(上り線)のおすすめグルメはこちら!

■一所懸命「肉丼の星」の「厚切り豚丼」 869円(税込)
肉厚にカットした豚肉を自家製ダレに漬け込み、やわらかな食感に仕立てました。

■リンガーハットの「野菜たっぷりちゃんぽん」 店内飲食890円(税込)/テイクアウト900円(税込)
7種類の国産野菜をたっぷり480g使用した、人気No.1の定番メニューです。

■揚げたて とんかつ「満点カレー」の「ヒレかつカレー」 店内飲食1,089円(税込)/テイクアウト1,069円(税込)
お店で1枚1枚丁寧に衣をつけて作ったヒレかつに、こだわりのカレーを合わせました。

■下総タンタンメン「白浜軒」の「竹岡式チャーシューメン」 979円(税込)
千葉県内房周辺発祥のご当地ラーメンです。風味豊かな醤油スープにチャーシューがよく合います。

■肉麺「右衛門」の「牛つけそば」 1,045円(税込)
牛の旨みがたっぷり詰まった当店おすすめの一品です。

■旬撰倶楽部の「千葉紅あずまタルトケーキ」 小/6個入864円(税込)
千葉県産紅あずま芋を使ったほっくりスイーツです。

■天丼と海鮮丼「波止場食堂」の「上天丼」 店内飲食990円(税込)/テイクアウト972円(税込)
季節の魚介が入った、揚げたてサクサクの豪華な天丼です。

■Bread’s Plusの「生食ブレッド絹」 店内飲食734円(税込)/テイクアウト720円(税込)
生クリームにバターとハチミツを使用!生で食べておいしい食パンです。


□□□ おすすめDRINK!□□□

■館山 佐藤商店「完熟バナナジュース」の「完熟バナナミルク」 店内飲食539円(税込)/テイクアウト529円(税込)
館山の佐藤商店から毎日届く完熟バナナを使用した、こだわりのバナナジュースです。

■マクドナルドの「アイスカフェラテ」 Sサイズ 150円(税込)
エスプレッソのコクとミルクの甘みのベストバランスを楽しんるカフェラテです。

■ファミリーマートの「カフェラテ」 HOT/Mサイズ 150円(税込)
生乳100%使用のミルクとふわふわ泡が自慢のカフェラテです。


※価格は変更になる場合があります。

 

開催場所パサール幕張 上り線
住所〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町2-2621
‟秋グルメ”セレクション!パサール幕張(下り線)
<期間:9/1(木)~11/30(水)>

パサール幕張(下り線)のおすすめグルメはこちら!

■房州濱之屋の「 天丼」 880円(税込)
魚介や野菜の旨みを閉じ込めたサクサクの天ぷらと、タレの甘さが良く合います。

■天つるりの「温玉ぶっかけうどん」 594円(税込)
とろ~りマイルドな温玉を乗せたつるりと食べやすいうどんです。

■とん楽の「カツカレー」 979円(税込)
カレーの辛みとカツの旨みがよく合うボリュームたっぷりのメニューです。

■ごっつええ本舗の「ソースたこ焼き(8個)」 店内飲食649円(税込)/テイクアウト637円(税込)
テイクアウトでき手軽に食べやすい、アツアツとろとろの大人気商品です。

■麺大将の「竹岡式醤油ラーメン」 869円(税込)
醤油が香ばしく香るスープと麺がよく絡みます。トッピングもおすすめです。

■崎陽軒の「おべんとう秋」 1折760円(税込)
色々なおかずを少しずつ楽しめる、見ても食べても秋を感じられるお弁当です。

■Natural Bread Bakery の「ピーナッツクリームパン」 1個店内飲食275円(税込)/テイクアウト270円(税込)
千葉県産ピーナッツを使用。クリームには生キャラメルをブレンドしました。

■タリーズコーヒーの「ボールパークドッグ アボカド」 店内飲食400円(税込)/テイクアウト393円(税込)
クリーミーなアボカドとジューシーなソーセージを使ったホットドッグです。

■柿安 柿次郎の「黒毛和牛 牛めし」 1折1,300円(税込)
黒毛和牛を秘伝のタレで丁寧に炊き上げた、柿安の看板商品です。

■鳥麻の「匠のしょう油から揚」 1パック540円(税込)
生姜の香りとしょう油の旨みで風味豊かな味わいに仕上げました。

■食の駅の「から付き落花生」 518円(税込)
千葉県の特産品であるある、風味豊かなこだわりの落花生です。

■ミニストップの「ソフトクリームバニラ」 店内飲食239.80円(税込)/テイクアウト235.44円(税込)
北海道産生乳と生クリームを使用した、コクのあるミルク感が特徴のソフトクリーム。カップも選べます。

■マタイッコタベタイカフェの「あんこプリンカスタード」 380円(税込)
キンツバをイメージした四角瓶に濃厚なカスタードプリンと自家製餡をたっぷり乗せた自慢の一品です。

■旬撰倶楽部スーベニアショップの「はちみつティラミスラングドシャ」 中/16枚入 1,383円(税込)
千葉県産はちみつをヨーグルト風味の生地に練り込み、マスカルボーネチーズ入りのチョコをサンドしました。


※価格は変更になる場合があります。

 

開催日2022年9月1日(木曜)~11月30日(水曜)
開催場所パサール幕張 下り線
住所〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町2丁目2651-1
交通京葉道路幕張PA 下り線
お問合せ043-213-3368
これから開催予定のイベント