千葉Cityベイエリアからダイヤモンド富士をみよう 2014.10.14~10.23

富士山頂にちょうど落日が重なる神秘の現象「ダイヤモンド富士」。人工海浜の長さが日本一の千葉市では、毎日少しずつ移動すれば、このダイヤモンド富士を「海越しの富士山」として、 10日間鑑賞するチャンスがあります。 撮影会やクルーズ乗船、施設・グルメの割引 &サービスなどでとっておきのひとときを。

ダイヤモンド富士とは?

 富士山頂に太陽が重なる!自然が起こす神秘の絶景!太陽が富士山頂付近から昇る又は沈む瞬間に、太陽の光がまるでダイヤモンドのような輝きをみせる自然の光景を『ダイヤモンド富士』といいます。
富士山を東または西に見ることができる限られた地域と時期に、太陽と山頂が重なるわずかな時間に見られる、まさに”自然の芸術”!

富士山の日(2月23日)は千葉市で富士見(223)!

次回鑑賞のチャンスは2016年2月19日(金)から28日(日)までの10日間!
鑑賞時間、ポイントをチェックしてダイヤモンド富士鑑賞に出掛けよう!

  • テッペン!テッペン!:3日間のうち、良い状態が望める日
  • コロコロコロコロ:太陽が山の斜面を転がる日
  • 左ダイヤ左ダイヤ:山の左側に太陽が落ちる日
千葉市の5つのビーチエリアは、豊かな自然と個性豊かな魅力がいっぱい!それぞれの ビーチでおススメのダイヤモンド富士鑑賞スポットをご紹介します。

1幕張の浜 (QVCマリンフィールド付近)

幕張の浜 (QVCマリンフィールド付近)

  • 2月19日(金) 17:16頃左ダイヤ
  • 2月20日(土) 17:17頃GOOD!
  • 2月21日(日) 17:17頃コロコロ
近くのおすすめスポット・イベント
・県立幕張海浜公園のバーベキューガーデンが「冬期限定なべ小屋」としてオープン!
5BEACHエンジェルスからのコメント
幕張の浜:小亀 さおり

「ダイヤモンド」に「富士山」と、単体で聞くだけでも心ときめいてしまいますが、その2つが1つに重なる時、私達はどんな感動をおぼえるのでしょう?幕張の浜からこの美しい自然のショーを堪能するなら、是非、側の幕張海浜公園に足を運んでみてください。日本庭園の見浜園では日本の和に触れ心穏やかに過ごせますよ。

2検見川の浜 (稲毛ヨットハーバー付近)

検見川の浜 (稲毛ヨットハーバー付近)

  • 2月21日(日) 17:19頃左ダイヤ
  • 2月22日(月) 17:20頃GOOD!
  • 2月23日(火) 17:19頃GOOD!
  • 2月24日(水) 17:21頃コロコロ
住所 千葉市美浜区磯辺2-8-1
連絡先 043-279-0700
5BEACHエンジェルスからのコメント
検見川の浜:飯田 友紀乃

わたしのオススメは、検見川の浜からほど近い稲毛ヨットハーバー(管理棟)の展望台からたくさんのヨット、夕陽、そして富士山を眺めることです。開放感と眺めの良さは抜群です!
3階にあるレストラン『ヴェスプチ』ではお料理を楽しみながら景色を一望!
もちろん浜辺でも、ヨットやウインドサーフィンを眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができますよ。

3いなげの浜 (ビーチセンター前)

いなげの浜 (ビーチセンター前)

  • 2月22日(月) 17:20頃左ダイヤ
  • 2月23日(火) 17:21頃GOOD!
  • 2月24日(水) 17:20頃GOOD!
  • 2月25日(木) 17:22頃コロコロ
住所 千葉市美浜区高浜7-2-1
連絡先 043-279-8440
近くのおすすめスポット・イベント
・稲毛海浜公園バーベキュー場で「かき小屋」 を冬季限定営業中!
5BEACHエンジェルスからのコメント
いなげの浜:木下 愛季子

いなげの浜×ダイヤモンド富士=感動!?だけじゃない、「いなげの浜」の一押しをご紹介します☆まずは「長~い砂浜!」。長くて美しい砂浜の周りに大きな建物もないので、夕暮れ時は一面が真っ赤に染まり幻想的です。そして、ここは稲毛海浜公園三陽メディアフラワーミュージアムや、開放感抜群の芝生広場、バーベキュー場、アスレチック、航空記念館etcなど、1日中た~っぷりと遊べますよ。

4アクアリンクちば (2階アクアゾーン)

アクアリンクちば (2階アクアゾーン)

  • 2月23日(火) 17:21頃左ダイヤ
  • 2月24日(水) 17:22頃GOOD!
  • 2月25日(木) 17:21頃コロコロ
住所 千葉市美浜区新港224-1
連絡先 043-204-7283

5千葉ポートタワー (4階展望室)

千葉ポートタワー (4階展望室)

  • 2月25日(木) 17:22頃左ダイヤ
  • 2月26日(金) 17:22頃GOOD!
  • 2月27日(土) 17:24頃コロコロ
住所 千葉市中央区中央港1丁目
連絡先 043-241-0125
近くのおすすめスポット・イベント
・本格イタリアンとカンタン&キレイに撮れるスマホ講座を満喫!
【千葉あそび冬号プラン】イタリアンディナー&ダイヤモンド富士撮影会
5BEACHエンジェルスからのコメント
千葉みなと:大原 直美

ダイヤモンド富士を眺めるのにまさに最適な空間、地上113メートルの展望台を備える千葉ポートタワー! これ以上の絶好ポイントがあるでしょうか!?富士と重なる刹那の夕日が海に沈んでいくのを見送ったあとは日本夜景遺産というお楽しみが待っていますので、さみしくないのもいいですね♪デジタル一眼カメラを扱う私としては、ぜひダイヤモンド富士をカメラにおさめたいところ。時刻が来るまで、3階のレストランで張り込みをしているかも(笑)……でも本当に心に残る光景はその瞬間だけの煌きとして、瞬きシャッターで心におさめたいとも思うのです。皆様も、それぞれの楽しみ方をみつけられますよう願っています。

6フェスティバルウォーク蘇我 (本館2階テラス付近)

フェスティバルウォーク蘇我 (本館2階テラス付近)

  • 2月26日(金) 17:23頃左ダイヤ
  • 2月27日(土) 17:24頃GOOD!
  • 2月28日(日) 17:24頃コロコロ
住所 千葉市中央区川崎町51-1
連絡先 043-209-3355
5BEACHエンジェルスからのコメント
蘇我:日向 優里菜

ダイヤモンド富士を見るなら、やっぱり、海辺に立地するハーバーシティ蘇我。心地よい潮風があなたを歓迎してくれます。夕陽と富士山が創り出す神秘の現象をぜひ蘇我の海からお楽しみください。鑑賞後は、ハーバーシティ蘇我内にある「湯の郷ほのか」で岩盤浴をしながらゆっくりくつろぐのもよし、アリオ蘇我で家族や恋人とショッピングや晩ごはんを楽しむのもおすすめです。素敵な1日の締めくくりを、蘇我で過ごしませんか?

ダイヤモンド富士2016キャンペーン

キャンペーン1普段は入れない場所から、富士山を撮影しよう!

写真家早坂卓氏に習うダイヤモンド富士撮影会

幕張で活躍中の写真家早坂卓氏を講師にお迎えし、ダイヤモンド富士や夕景、夜景の撮り方を指導していただきます。撮影場所は普段は入れない千葉ポートタワーの屋上から絶好のダイヤモンド富士を撮影します。

開催日 平成28年2月25日(木)、26日(金)、27日(土)※雨天中止(曇天決行)
集合 千葉ポートタワー 1階 15時集合
参加費 3,500円(ポートタワーの入館料 ・ワンドリンク付)
定員 各日10人(事前予約制/先着順)
※最少催行人員5人
持物 一眼レフカメラ、200mm以上の望遠レンズ、三脚、レリーズ
申込み・問合せ 2月1日(月)から電話予約/先着順
千葉ポートタワー 電話043-241-0125

稲毛海浜公園プールを限定開放!

開催日 平成28年2月23日(火)・24日(水)
16時30分~17時30分※雨天中止(曇天決行)
会場 稲毛海浜公園プール(稲毛海浜公園内)
1.ウォータースライダー頂上(定員5人)
2.管理棟屋上(定員25人)
費用 無料
申込み 2月1日(月)9:00から電話予約/先着順
(1申込みにつき2名まで)
問合せ 千葉市みどりの協会 電話043-247-2771

キャンペーン2船上からダイヤモンド富士を見るチャンス!

観光船に乗って、東京湾に沈む夕陽と富士山、そしてJFEスチール東日本製鉄所など京葉工業地帯の工場夜景を楽しむクルーズです。条件があえば、ダイヤモンド富士が見えるかも!?

開催日 平成28年2月26日(金)、27日(土)、28日(日)乗船時間約80分
出航 千葉港めぐり観光船乗り場発券所 16:55集合(17:10出航)
定員 各70人 ※最少催行人員10人
料金 大人 2,000円、小・中学生 1,000円
予約方法 2月1日(月)から電話受付開始(先着)
千葉ポートサービス 電話043-242-4568
(電話受付時間/ 9:00~17:00)
備考 強風・視界不良・高波時は欠航となります。(当日の運航判断は正午)

キャンペーン3チラシ持参でとっておきサービス!

チラシのダウンロード (PDF)

A湯の郷ほのか蘇我店

5種類の無料岩盤浴と東京湾が一望できる展望風呂が人気の施設。23時間営業なので朝までゆっくりとご利用いただけます。

営業時間 朝10:00~翌朝9:00(23時間営業)
定休日
駐車場 あり(2000台)
住所 千葉市中央区川崎町51-1
電話番号 043-265-1726
備考 料金 平日:大人1,200円、子供600円
土日祝日:大人1,400円、子供700円
深夜2時以降追加料金有
※入浴料に湯着・館内着が付いています。

湯の郷ほのか蘇我店の詳細情報

特典
チラシ持参で、バスタオル・フェイスタオル(200円)レンタルサービス
〈有効期間:2月1日~28日限定〉
(チラシ1枚につき5名まで可)他割引・サービス併用不可
B湯快爽快 湯けむり横丁・みはま・

懐かしの温泉街と多彩なお風呂をお楽しみください。飲食街は入館料なしでご利用できるのでお気軽にどうぞ!

営業時間 8:00~26:00(最終受付25:30)
定休日 年2回休館日 あり(5月、11月予定)
駐車場 あり(840台)
住所 千葉市美浜区新港32-6ミハマ・ニューポート・リゾート2号棟
電話番号 043-248-2641
備考 大人 平日:一般650円 会員550円/土休日:一般750円 会員650円
小人 平日:一般350円 会員300円/土休日:一般400円 会員350円

湯快爽快 湯けむり横丁・みはま・の詳細情報

特典
チラシ持参で、①会員入会金 300円→無料 または ②バスタオル+フェイスタオルレンタル料金(150円)無料※3名様まで可
〈有効期間:2月1日~28日限定〉
Cイタリア料理 ヴェスプチ

270度パノラマビューの店内では富士山の見える海側の席が特に大人気。
お料理には前菜がビュッフェ形式でついているのも魅力的。

営業時間 ※2月21日までリニューアル工事につき休業中です。
11:30~21:00
ティータイム 14:30~17:30
定休日 火曜日
駐車場 あり(270台)
住所 千葉市美浜区磯辺2-8-1
稲毛ヨットハーバー3階
電話番号 043-279-0770

イタリア料理 ヴェスプチの詳細情報

特典
チラシ持参で、ご利用代金1,000円以上で100円引き
〈有効期間:2月1日~28日限定〉

富士山と千葉市の深い関係

富士山と千葉市の距離は、直線距離にして約130km。
「だいぶ遠いのに、なぜ千葉市と関係があるの?」とお思いのあなた!
千葉市でも、富士山を見るだけじゃなく「体験」できちゃうんです。

海越しの富士山ならイ “チバ” ン

海岸線から眺める富士山は「海越しの富士山」。
海越しの富士山が臨めるところは、さほど多くないことにお気づきでしょうか?
千葉市内に広がる長い海岸線は、富士山と海を眺めるには絶好のスポット。東京からなら、もっとも近い場所のひとつです。
美しきものは遠くからでも美しいものです♪
距離感だって適度に付かず離れず。ほら、恋人や夫婦だって、ずっとべったりじゃ疲れちゃう。このくらいの距離感がいいんです。

富士山パワーをもらうならココ! 「稲毛浅間神社」

稲毛浅間神社は、1200年の歴史を誇る古社。霊峰富士山を仰ぎ祀ることから始まった稲毛浅間神社の社殿は、海を隔てて富士山に向かって建てられています。また、参道も富士登山道にならい、三方に設けられています。

稲毛浅間神社
稲毛区稲毛1-15-10
電話 043-272-0001
JR総武線「稲毛」駅より徒歩15分
京成千葉線「稲毛」駅より徒歩5分

富士山と遠い海の記憶「登戸浦」

葛飾北斎が富嶽三十六景で描いた「登戸浦」。往時の中央区登戸(のぶと)の様子を富士山とともに見事に描いています。登戸浦は、江戸湾のかつての湊。江戸築地に荷揚場を持ち、年貢米や海産物を房総から江戸に輸送する拠点のひとつでした。描かれている鳥居の場所には、現在も登渡神社という神社が建っています。

登渡神社
中央区登戸3-3-8
京成千葉線「新千葉」駅より徒歩5分

ダイヤモンド富士鑑賞マップの紹介

画像をクリックするとマップのダウンロードができます。

配布開始日 平成28年2月1日(月)
配布場所 各区役所、公民館、図書館、千葉市観光情報センター(千葉駅・海浜幕張駅)等で配布

コメント

【特集バックナンバー】

お店のニュース

お店と施設の今日の情報に注目!

  • コスモスフェア

    コスモスフェア
    (2016.8.20)

  • 0001

  • CRMAN_kiri (1)

  • もっと見る…

    イベントカレンダー

    この日はココ!イベントへGo!

    アクセスランキング

    いま注目の話題は要チェック!

    千葉市の天気予報

    今日
    2016-08-30
    曇のち晴
    /
    明日
    2016-08-31
    晴時々曇
    33/26

    (c)JWA livedoorお天気情報

    トピックス

  • 特集ページ

  • 5BEACHエンジェルスとは

  • 5BEACHエンジェルスブログ

  • 幕張新都心コミュニティサイクル マックル

  • 千葉とっておき2016

  • まち歩き観光ガイドツアー

  • とっておき観光コース

  • 千葉市観光情報センター

  • 千葉市観光情報ニュース

  • 千葉市観光協会からのお知らせ

  • 千葉市へのアクセス

  • 千葉市の観光投稿写真

  • Topへ戻る