特集 千葉市グリーンエリア ハッシュタグキャンペーン

千葉市グリーンエリアの新名称「チバノサト」や、まさに今が「旬」の千葉市観光いちご園の新名称「ハッピーベリーガーデンズ」のハッシュタグをつけて、とっておきの旬の観光情報や体験したコトをSNS(Twitter、Instagram)でシェアしましょう♪

↓↓特集ページはこちら↓↓

特集 イチゴ狩りに行こう!2020

都心からもアクセス抜群の千葉市。イチゴ狩りは、ファミリーで一日楽しめるオススメレジャーです。 バリアフリー対応の高設栽培施設がたくさんあって、小さな子どもから年配の方まで、幅広い世代で楽しめるのも特長です。 新鮮なイチゴをたっぷりと味わって。

↓↓特集ページはこちら↓↓
img-main

毎日更新!桜スポット開花速報2021

桜スポット開花速報について
新型コロナウィルスの感染拡大を防止に関する要請を受け、令和3年度は、桜開花速報を休止させていただきます。
なお、千葉市では公園のご利用に際して「感染拡大防止のための市民の皆様へのお願い」を呼びかけておりますのでご確認ください。
千葉市の桜が観賞できる主な公園のご紹介について、後日、本ページに掲載いたします。
↓↓特集ページはこちら↓↓
sakura

第20回千葉城さくら祭り

第20回千葉城さくら祭りの中止について
新型コロナウイルス感染拡大の影響によりイベント等の開催にあたっては、千葉県において現在の感染状況やこれまで得られた知見を踏まえ、催物の開催制限が実施されています。
そこで、令和3年3月下旬から4月上旬に予定しておりました第20回千葉城さくら祭りにおいて、催物の開催制限の目安となる、人数上限及び収容率、参加者の制限及び把握、感染防止策について来場者の健康・安全面を第一に十分な感染拡大防止対策を講じることは困難と判断し、中止とさせていただくことにしました。何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

↓↓特集ページはこちら↓↓
chibajou-sakuramatsuri

特集 イルミネーション2020-21

冬を彩るロマンティクな風物詩。街中が輝く季節がやってきました。カップルはもちろん、ファミリーでも楽しめる、オススメのイルミネーションスポットをご紹介。千葉市では、都市ならではの趣向をこらした素敵な「光の演出」を観賞することができます。街の喧騒の中、灯る光に癒されるひとときを体験!光り輝く街へお出かけしませんか♪

↓↓特集ページはこちら↓↓

特集 千葉市初詣ガイド2021

千葉市を代表する神社といえば、中心街に位置し妙見さまの通称で知られる千葉神社です。かつて千葉の地を治めた千葉氏から代々一門の守護神として崇められることはもちろん、北極星の神様をお祀りする総本宮として参拝者が訪れます。
そして安産・子育ての神様として親しまれている稲毛浅間神社や八方除けで知られる検見川神社など、千葉市には個性溢れる霊験あらたかな寺社が数々あります。アクセスの良い中央区のスポットも注目です。
一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。
初詣は三が日にこだわらず、混雑する時間帯を避け、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の徹底をお願いいたします。

↓↓特集ページはこちら↓↓
img-main

千葉Cityベイエリアからダイヤモンド富士をみよう2020

富士山頂にちょうど落日が重なる神秘の現象「ダイヤモンド富士」。
人工海浜の長さが日本一の千葉市では、毎日少しずつ移動すれば、このダイヤモンド富士を「海越しの富士山」として、 約10日間観賞するチャンスがあります。 千葉Cityベイエリアでとっておきのひとときを。

↓↓特集ページはこちら↓↓

diamond fuji

千葉市の工場夜景ガイド

近年、観光資源としての「工場夜景」が注目されています。千葉市の臨海部には、日本有数の貨物取扱量を誇る千葉港に沿って工場や食品コンビナートなどの集積があり、夜になると、京葉工業地域の工場夜景を楽しむことができます。
千葉市は「全国工場夜景都市協議会」に加盟しており、「日本11大工場夜景」に名を連ねています。千葉市が誇る「琥珀色の夜景」を観賞してみませんか?
↓↓特集ページはこちら↓↓
img-main

おすすめ観光モデルコース

自転車でめぐる海辺エリア、歩いてめぐる都心エリア、車でめぐる里山エリアの3つに分け、モデルコースをご紹介!
ぜひ千葉市内を周遊してみてください。
↓↓特集ページはこちら↓↓
img-main

大賀ハスの魅力

初夏を彩る花は数々ありますが、世界から注目を集め人々の心を魅了しつづけているのが、千葉市の花「大賀ハス」です。
「花のあふれるまちづくり」のシンボルキャラクターとして知られる「ちはなちゃん」もオオガハスの妖精をイメー ジして生まれました。
「大賀ハス」は、約2000年前の古蓮と推定され世界最古の花として光をあび、この季節、千葉公園には毎年たくさんの方々が訪れます。
開花から4日間の短くも美しい神秘的な姿は、今もなお、たくさんのリピーターをひきつけています。
命名となる発掘者、大賀一郎博士の蓮にかけた情熱と発芽に至る経緯などを知り、この花の魅力を感じてください。
この花の開花に立ち会うことは、きっと貴重な体験となること、間違いありません。
↓↓特集ページはこちら↓↓
img-main

千葉市の味覚狩り特集

千葉市内の観光農園では、年間を通して、さまざまな果物や野菜の収穫が楽しめます。自分の手で収穫して味わうのは格別な体験。ゆたかな自然を肌で感じながら、ココロもカラダもリラックスできます。
家族で、友人同士で、季節感いっぱいのプチトリップを楽しんでみませんか?

↓↓特集ページはこちら↓↓

mikakugari